エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure キャッシュ用の開発を行う

更新日: 2010年7月

Microsoft Azure Cache は、キャッシュのアイテムを追加、更新、および削除するキャッシュ API のセットを提供します。Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間でクラスとメソッドを使用することは、 のキャッシュを操作するための直接的な方法です。一方で、ASP.NET プロバイダーのいずれかを使用すると、 のキャッシュを間接的に使用できます。このセクションのトピックでは、キャッシュをプログラムで直接使用する方法について説明します。キャッシュ 用の ASP.NET プロバイダーの詳細については、「Azure キャッシュ用の ASP.NET 4 キャッシュ プロバイダー」を参照してください。

キャッシュ プログラミング モデルは、キャッシュ アサイド プログラミング パターンにカスタマイズされています。データがキャッシュにない場合は、分散キャッシュではなくアプリケーションが、元のデータ ソースからキャッシュへのデータの再ロードを行う必要があります。

キャッシュ データが使用できない場合でもアプリケーションが動作を継続できるように、アプリケーション コードはキャッシュに依存せずに動作するよう設計してください。キャッシュ内のデータは永続的には保持されないので、キャッシュ内のデータを使用できない場合があります。たとえば、データを保持するサーバーが再起動された場合、メモリにキャッシュされたアイテムは失われます。キャッシュ内に存在しないアイテムを要求することを、キャッシュ ミスと呼びます。

インロール キャッシュ の高可用性機能を使用する場合、キャッシュされたアイテムのバックアップ コピーによって、実行中のキャッシュ クラスターでのコンピューターやプロセスの障害から保護されます。しかし、すべてのコンピューターが再起動された場合、高可用性機能を使用していても持続性を維持できません。永続性を必要とするアイテムは、データベースまたはその他の恒久的な格納手法を使用する必要があります。その上で、Caching はパフォーマンスとスケーラビリティを向上させるメカニズムを提供します。

他にもさまざまな理由で、キャッシュ ミスが発生する場合があります。たとえば、通常の有効期限ポリシーや削除ポリシーに基づいてキャッシュ アイテムの有効期限が切れた、キャッシュ アイテムが削除されたなどの状況です。理由に関係なく、アプリケーション コードは元のデータ ソースにアクセスしてアイテムをキャッシュしなおすことができる必要があります。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft