エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone OS 8 のアプリ機能を判断する方法

2014/06/18

 

このトピックでは、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリに必要な機能を確認する方法について説明します。機能には、ネットワーク、位置センサー、またはカメラの使用が含まれます。Windows Phone ストア テスト キット を使用して、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリに必要な機能を確認することができます。

Windows Phone は、ユーザーがアプリ内の特定の機能に同意する必要がある機能駆動型のセキュリティ モデルを実装します。ユーザーがアプリをインストールするときは、Windows Phone オペレーティング システムが、アプリの機能をユーザーに開示し、アプリのマニフェスト ファイルに記載されている機能を基にしてユーザーの同意を要求します。特定のシナリオでは、機能に関連付けられている Windows Phone API がユーザーの同意なしでは実行されません。

アプリに必要な機能は、アプリのマニフェスト ファイル WMAppManifest.xml で指定する必要があります。機能を正確に指定しないと、アプリが正しく動作しないことがあります。

既定では、Windows Phone プロジェクトの作成時に、アプリのマニフェスト ファイルに Windows Phone でサポートされる機能のサブセットが含まれています。機能の完全なリストと説明については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

 

Windows Phone ストア テスト キット で [機能検証] テストを使用して、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリに必要な特定の機能を検出することができます。Windows Phone ストア テスト キット は、アプリの Windows Phone ストア 準備度を評価するために使用できるテストのスイートです。Windows Phone ストア テスト キット は、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリ用の自動テスト スイートの一部として実行される [機能検証] テストを含んでいます。Windows Phone ストア テスト キット の詳細については、「Windows Phone ストア テスト キット」を参照してください。

アプリが使用する機能を評価するために [機能検証] テストによって適用されるルールを確認する場合、これらのルールは Rules.xml という名前のファイルにあります。このファイルは、以下のいずれかの場所にあります。

  • Program Files\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Tools\Marketplace

  • Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Tools\Marketplace

Windows Phone ストア テスト キット を使用して、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリの機能を確認するには

  1. Visual Studio で、テストする Windows Phone OS 7.1 アプリのリリース ビルドを作成します。リリース ビルドを作成する方法の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリをビルドする方法」を参照してください。

  2. ソリューション エクスプローラーで、スタートアップ プロジェクトを選択し、[プロジェクト] メニューで [Marketplace Test Kit を開く] オプションを選択します。Windows Phone ストア テスト キット が開きます。

  3. [自動テスト] タブをクリックし、[テストの実行] をクリックします。これで、[機能検証] テストを含め、すべての自動テストがアプリに対して実行されます。

    メモメモ:

    アプリのアートまたはスクリーンショットを指定していない場合、関連するテストは不合格になります。これらのテスト結果は、機能の結果とは関係がありません。

  4. [機能検証] テストの [結果の詳細情報] の列を表示します。この列で識別された各機能は、ID_CAP で開始されます。次に、[機能検証] テストの実行結果の例を示します。この例では、一覧にある機能は ID_CAP_NETWORKING のみです。

    [INFORMATION]: Capabilities used by application: ID_CAP_NETWORKING
    
  5. ソリューション エクスプローラーで WMAppManifest.xml を開きます。[機能検証] テストの [結果の詳細情報] 列に表示されるすべての機能を選択し、表示されていないすべての機能をクリアします。前の手順の例の結果では、ネットワーキング (ID_CAP_NETWORKING) を除く、すべての機能をクリアします。アプリのマニフェスト ファイルの編集の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

  6. ツールによって識別された機能でアプリをビルド、テスト、展開します。

Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリをストア に申請するときに、アプリの機能がプログラム的に分析され、アプリに必要な機能が検出されます。アプリの申請手順で機能リストは、自動生成されたリストまたは変更されたリストであるかどうかにかかわらず、アプリが必要とする特定の機能で置き換えられます。つまり、アプリと共に提出されたアプリ マニフェストに、アプリが使用する機能が含まれていない場合、これらの機能は申請手順の一環として追加されます。

申請中に追加または変更される機能に対しては、いくつかの例外があります。次の表は、これらの例外についての説明です。

機能

例外の説明

ID_CAP_NETWORKING

機能が検出された場合は、マニフェストに追加されます。

申請時にマニフェスト ファイル内に存在する場合、削除されません。

ID_HW_FRONTCAMERA

機能が検出された場合は、マニフェストに追加されます。

申請時にマニフェスト ファイル内に存在する場合、削除されません。

ID_CAP_IDENTITY_DEVICE

機能が既にマニフェストに存在し、DeviceExtendedProperties の使用が検出された場合は、マニフェストに追加されます。

DeviceExtendedProperties の使用が検出されても、機能がまだマニフェストに存在しない場合は、マニフェストには追加されません。

Windows Phone 8 を対象とするアプリの場合は、必要な機能を特定してアプリのマニフェスト ファイルに追加することが重要になります。機能の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。マニフェスト ファイルの変更の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

Windows Phone SDK 8.0 には、Windows Phone 8 を対象とするアプリに必要な機能を検出するツールは含まれていません。

Windows Phone 8 を対象とするアプリをストア に申請する場合、機能は分析されず、アプリのマニフェスト ファイルは再生成も修正もされません。

表示:
© 2014 Microsoft