エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

sys.dm_database_copies (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「sys.dm_database_copies」を参照してください。

データベースのコピーに関する情報を返します。sys.dm_database_copies ビューは Microsoft Azure SQL データベースに固有であり、内部設置型の SQL Server ではサポートされていません。

sys.dm_database_copies ビューには次のフィールドが含まれています。

 

列名 データ型 説明

database_id

int

sys.databases ビューに存在する現在のデータベースの ID です。

start_date

datetimeoffset

データベースのコピーが開始されたときの地域の Azure SQL データベース データセンターにおける UTC 時刻です。

modify_date

datetimeoffset

データベースのコピーが完了したときの地域の Azure SQL データベース データセンターにおける UTC 時刻です。新しいデータベースは、この時点でコピー元データベースとトランザクション上の一貫性があります。完了情報は 5 分ごとに更新されます。

percentage_complete

real

コピーされたバイト数のパーセンテージです。値の範囲は 0 ~ 100 です。Azure SQL データベース は、フェールオーバーなどの一部のエラーから自動的に回復し、データベースのコピーを再開できます。その場合、percentage_complete は 0 から再開されます。

error_code

int

0 を超える値は、コピー中に発生したエラーのコードを示します。値 0 は、エラーが発生しなかったことを示します。

error_desc

nvarchar(4096)

コピー中に発生したエラーの説明です。

error_severity

int

データベースのコピーが失敗した場合は 16 を返します。

error_state

int

コピーが失敗した場合は 1 を返します。

このビューは、master データベースでサーバーレベル プリンシパル ログインだけが使用できます。

Azure SQL データベース サーバーの master データベースにある sys.dm_database_copies ビューは、新しいデータベースの作成が行われているときに使用します。データベースのコピーが正常に完了し、新しいデータベースがオンライン状態になると、sys.dm_database_copies ビューの行が自動的に削除されます。

表示:
© 2014 Microsoft