エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の Pivot コントロール

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

Windows Phone のピボット アプリは、ビューやページをすばやく管理する方法を提供します。大きなデータセットのフィルター処理、複数のデータセットの表示、またはアプリ ビューの切り替えに使用できます。たとえば、ページ上を左から右へフリックまたは動かすと、コンテンツの次のページに進みます。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

アプリの基礎には Pivot コントロールがあります。このコントロールは、本質的に PivotItem コントロールというセカンダリ コントロールのコンテナーです。PivotItem コントロールには、各ページ内のコントロール、グリッド、リンクなどの個々のページ コンテンツが含まれます。Pivot コントロールのアーキテクチャの詳細については、「Windows Phone 8 の Pivot コントロールのアーキテクチャ」を参照してください。

 

AP_Design_pivot_control

 

Pivot コントロールには、タッチ操作とナビゲーションのサポートが組み込まれています。ジェスチャ機能は既定で有効になっているので、アプリで特別なジェスチャ機能を実装する必要はありません。Pivot コントロールは、次のジェスチャとナビゲーション効果をサポートします。

  • 水平方向に動かす (タップして左/右へドラッグ)

  • 水平方向にフリック (タップして左/右へすばやくスワイプ)

  • ホストされるコントロールのナビゲート (たとえば、リンクをタップしたり、リストをスクロールしたりすることができます)。

AP_CoreCon_PivotSample

次の表に、ピボット アプリでサポートされる機能の一覧を示します。

機能

説明

デザイン時の操作

Visual Studio または Blend for Visual Studio のデザイン サーフェイスを使用して、新しい PivotItem コントロールの追加や項目ビュー間の切り替えなどのアクションを実行できます。

Windows Phone のピボット エクスペリエンスとの合致

アプリに、複数の Windows Phone ピボット エクスペリエンスが統合されたような外観と動作を与えることができます。

フリックとジェスチャの組み込みサポート

ピボット アプリでは既に、一般的なナビゲーション用にジェスチャがサポートされています。アプリでドラッグ、フリック、タップなどのジェスチャを実装する必要はありません。

選択の変更に対する応答

PivotItem が変更されたときは常に、またはコードで SelectionChanged イベントにサブスクライブすることにより、その変更に応答できます。

コンテンツのオンデマンド読み込み

ピボット アプリのパフォーマンスを向上させるには、Pivot コントロールのコンテンツを、起動時にすべて読み込むのではなく、オンデマンドで読み込みます。

表示する PivotItem のプログラムでの選択

ユーザー向けに表示する PivotItem をプログラムで選択することができます。

表示:
© 2014 Microsoft