エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法: Visual Studio を使用して Windows Phone アプリケーションをビルドおよび配置する

2012/02/09

Visual Studio を使用すると、Windows Phone エミュレーターまたは Windows Phone デバイスにアプリケーションを配置することができます。アプリケーションの開発中にデバッグ ビルドを作成できます。また、テストの目的でリリース ビルドを作成できます。このトピックでは、デバッグ ビルドまたはリリース ビルドを指定する方法、およびエミューレーターまたはデバイスに配置する方法について説明します。

アプリケーションを現在開発している場合、通常はアプリケーションのデバッグ ビルドを作成します。これは、デバッグ ビルドにはデバッグ情報が追加されるためです。アプリケーションを Marketplace に送信する準備ができたら、リリース ビルドを作成する必要があります。また、Marketplace Test Kit、Windows Phone Performance Analysis ツールなどのツールを使用する前には、リリース ビルドを作成します。Visual Studio 2010 Express for Windows Phone を使用している場合、アプリケーションのリリース ビルドまたはデバッグ ビルドを指定する手順が増えることがあります。

Windows Phone アプリケーションのデバッグ ビルドまたはリリース ビルドを指定するには

  1. Visual Studio の標準のツール バー上で [ソリューション構成] 下方向キーをクリックし、[デバッグ] または [リリース] をクリックします。

    次の図に [ソリューション構成] リスト ボックスを示します。

    [ソリューション構成] ダイアログ
    注注:

    Visual Studio 2010 Express for Windows Phone を使用している場合、既定では [ソリューション構成] リスト ボックスが表示されないことがあります。

  2. Visual Studio 2010 Express for Windows Phone を使用していて [ソリューション構成] リスト ボックスが表示されない場合、[ツール] メニューの [設定] をクリックし、[上級者用の設定] をクリックします。

    標準のツール バー上に [ソリューション構成] リスト ボックスが表示され、[デバッグ] または [リリース] をクリックできます。

Windows Phone がない場合でも、Windows Phone エミュレーターを使用してアプリケーションを配置しテストできます。エミュレーターがターゲット デバイスである場合、アプリケーションの実行時にエミュレーターは自動的に起動されます。詳細については、「方法: Windows Phone Emulator でアプリケーションを起動する」を参照してください。

Windows Phone エミュレーターに配置するには

  1. Visual Studio の標準のツール バー上で、[Windows Phone エミュレーター] をクリックします。

    エミュレーターを選択している標準ツールバー上のターゲット

  2. [デバッグ] メニューの [デバッグ開始] をクリックするか、F5 キーを押します。

    アプリケーションがエミュレーターに展開され、起動します。

アプリケーションを Windows Phone デバイスに配置する前に、デバイスを登録し、さらに他の要件を満たす必要があります。詳細については、「Windows Phone での展開とテスト」を参照してください。

Windows Phone の物理デバイスに配置するには

  1. 端末が接続され、電源が入っており、ロック解除されていることを確認します。

  2. Visual Studio の標準のツール バー上で、[Windows Phone デバイス] をクリックします。

    デバイスを選択している標準ツールバー上のターゲット
  3. [デバッグ] メニューの [デバッグ開始] をクリックするか、F5 キーを押します。

    アプリケーションはデバイスに配置され、起動されます。

表示:
© 2014 Microsoft