エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Azure CDN の概要

更新日: 2011年3月

このクイック スタート ガイドでは、 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を有効にして、コンテンツのキャッシュを開始する方法について説明します。

 

  手順 参照先
チェック ボックス

必要な前提条件を満たしていることを確認します。CDN を使用するには サブスクリプションが必要です。

Windows Azure サブスクリプションを設定する方法

チェック ボックス

ストレージ アカウントまたはホステッド サービスの作成 – CDN では、 ストレージ アカウントに格納されている BLOB の形式でコンテンツ プロバイダーからオブジェクトをキャッシュするか、ホステッド サービスより受信したコンテンツからオブジェクトをキャッシュします。コンテンツ プロバイダーを作成した場合、CDN がコンテンツ プロバイダーとどのようにやり取りするかを理解する必要があります。

Azure サブスクリプションのストレージ アカウントを作成する方法

Building Windows Azure Applications

Overview of the Windows Azure CDN

チェック ボックス

コンテンツ プロバイダーに対する CDN の有効化 – CDN でキャッシュできるようにするには、Windows Azure 管理ポータルを使用して、コンテンツ プロバイダーに CDN を割り当てる必要があります。

How to Enable CDN for Windows Azure

チェック ボックス

CDN コンテンツへのアクセス – キャッシュされたコンテンツを取得するには、コンテンツ プロバイダーに対して CDN を有効にしたときに作成された CDN エンドポイントを使用する必要があります。

Windows Azure CDN の概要

表示:
© 2014 Microsoft