エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のアプリ状態変化のテスト方法

2014/06/18

Windows Phone アプリは、アクティブな状態から休止状態に、さらに廃棄状態に移行できます。これらの状態移行を、アプリでテストすることをお勧めします。Windows Phone でのアプリの状態については、「Windows Phone 8 のアプリのアクティブ化および非アクティブ化」を参照してください。

このトピックでは、アプリの状態が変化したときのデバッグの使用方法について説明します。また、デバッグのためにアプリの状態を強制的に変化させる方法についても説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Visual Studio 2012 を使用すると、アプリの状態の変化に対応して、単一のデバッグ セッションでデバッグできます。このセクションでは、アクティブでないアプリが休止状態になるか、廃棄される場合の動作のデバッグについて説明します。

  • アプリのデバッグ中に [開始] ボタンを押すと、Deactivated イベント ハンドラーが呼び出されます。[開始] ボタンを押した後に [戻る] ボタンを押すと、Activated イベント ハンドラーが呼び出されます。

    アプリを休止状態にするか、廃棄するかを、非アクティブ化イベントの発生時に指定できます。詳細については、このトピックの「非アクティブ化されたときにアプリを廃棄するかどうか指定するには」の手順を参照してください。

  • アプリのデバッグ中に [戻る] ボタンを押すと、アプリが終了します。Deactivated および Activated イベント ハンドラーは呼び出されません。

  • ブレークポイントのヒット カウントは、アプリが非アクティブ化されるまで保持されます。

  • 2 番目の Windows Phone アプリを Visual Studio の別のインスタンスから起動すると、デバッガーで最初に実行していたアプリは廃棄されてから終了します。

  1. Visual Studio 2012 で、F5 キーを押すか [デバッグ開始] を選択してアプリを起動します。

  2. [開始] ボタンを押すか、ランチャーまたはセレクターを開いて、アプリを非アクティブにします。

    アプリが非アクティブになり、休止または廃棄状態になると、デバッグ セッションは、プロセスが実行していなくても有効なままになります。[デバッグの終了] または Shift + F5 キー以外のデバッグ操作はできません。

  3. アプリを再度アクティブにするには、[戻る] ボタンを押すか、ランチャーまたはセレクターから復帰します。

    アプリが再度アクティブになると、デバッガーが再度アクティブになったプロセスにアタッチし、すべてのデバッグ操作が可能になります。

  1. Visual Studio 2012 で、プロジェクトを選択し、[PROJECT] メニューをクリックして [<プロジェクト名 のプロパティ] をクリックします。

  2. Windows Phone プロジェクトの場合、[プロジェクト デザイナー] で、[デバッグ] ページをクリックします。

    または

    XNA Framework Windows Phone ゲーム プロジェクトの場合、[プロジェクト デザイナー] で、[XNA Game Studio] ページをクリックします。

  3. アプリが非アクティブになったときに廃棄する場合は、[デバッグ中の非アクティブ化に基づき廃棄する] チェック ボックスをオンにします。アプリが非アクティブになったときに休止状態にする場合は、このチェック ボックスをオフにします。次に、Windows Phone プロジェクトでのチェック ボックスを図示します。

    AP_Con_DebugStateChanges

表示:
© 2014 Microsoft