エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のローカル フォルダーの推奨事項

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このトピックでは、Windows Phone でのローカル フォルダー (以前は "分離ストレージ" と呼ばれていました) の使用に関するベスト プラクティスと一般的な情報について説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

ストア でアプリが更新される際に、ローカル フォルダーへのアクセスや変更が行われることはありません。開発者は、データが適切に移行または変換されて、新しいバージョンのアプリで確実に動作するようにする必要があります。

アプリがアンインストールされると、データ ルートとローカル フォルダーの中にあるすべての内容が削除されます。

Windows Phone アプリには、特定のクォータによる制限はありません。アプリでは、シナリオの要件に基づいて保存スペースを注意深く使用する必要があります。

電話の保存スペース リソースは限られています。アプリやメディアのダウンロードに対応する場合、および電話にデータを同期する場合は、保存スペース容量に希少価値が生じます。Windows Phone の残りの保存スペース容量がわずか 10% になると、ユーザーは状態通知を受け取ります。その場合、ユーザーは、写真、音楽、およびアプリを削除して、必要な保存スペース領域を確保することができます。しかし、これはユーザーにとって望ましい方法ではありません。

Windows Phone のアプリに対して、クォータ サイズの強制的な制限は課されていません。それぞれのアプリでシナリオの要件が異なっているからです。また、アプリごとにディスク サイズを制限すると、ユーザーにとって望ましくない結果になる可能性もあります。したがって、アプリでは、アプリのそれ以降の起動に必要なものだけを格納するように注意する必要があります。

以下に、Windows Phone の保存スペース容量を賢く利用するためのベスト プラクティスを示します。

  • 一時的なデータおよびファイル: アプリがローカル フォルダー内に一時データを作成する場合は、もう使用しなくなったときに一時データがクリアされるようにします。このデータは、より新しい変更後の内容をメディアに格納する形で保持することもできます。 たとえば、Microsoft Internet Explorer では、一時ファイル フォルダーでキャッシュを管理します。このキャッシュをクリアすると、より多くの保存スペース容量を確保できます。アプリでこのモデルに従うには、定期的に消去することができる一時キャッシュ フォルダーを作成することを考慮します。

  • ユーザー生成データ: これには、カメラ アプリの写真や、メモやドキュメントのようにユーザーが作成したファイルなどがあります。

    • アプリでユーザーによるデータの作成を許可している場合は、作成したデータを削除するオプションが必要になります。たとえば、写真のリストを公開する写真アプリの場合、ユーザーが後から必要に応じて写真を削除できるようにします。

    • アプリの保存スぺース使用量を少なくするには、データをクラウドに同期またはアーカイブし、関連性の高いデータのみを保持するようにします。たとえば、Windows Phone の Microsoft Outlook の場合、既定では 3 日分のメールだけが保持され、残りはサーバーに格納されます。ただし、アプリでは、必要に応じてユーザーがこの設定を変更できます。

  • アプリケーション データ: 例として、ショッピング リスト アプリケーションで管理するストアやショップのリスト、または辞書アプリケーションに含まれる単語のリストなどが挙げられます。アプリケーションがクラウドからデータを取得してローカルにキャッシュする場合は、関連性の高さに基づいてデータを再利用するようにします。

異なるスレッド間で、ローカル フォルダーへのアクセスを同期するには、Mutex クラスを使用することをお勧めします。mutex は、1 つのスレッドだけに対して共有リソースへの排他アクセス権を付与します。1 つ目のスレッドがミューテックスを取得すると、ミューテックスを取得しようとしている 2 つ目のスレッドは、最初のスレッドがミューテックスを解放するまで中断されます。たとえば、mutex を使用して、フォアグラウンドで実行されている Windows Phone アプリとバックグラウンド エージェントの間でフォルダーへのアクセスを同期できます。

ユーザーがアプリケーションを終了すると、Windows Phone は自動的に Save を呼び出して IsolatedStorageSettings を保存します。データ バインド オブジェクトが IsolatedStorageSettings 内に配置されている場合は、ユーザーがアプリケーションを終了したときにそれらのオブジェクトが保存されます。

メモメモ:

この情報は、IsolatedStorageFileIsolatedStorageFileStream の各クラスには適用されず、IsolatedStorageSettings クラスにのみ適用されます。

表示:
© 2014 Microsoft