エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 用のアプリ マニフェスト ファイル

2014/06/18

各 Windows Phone アプリには、アプリ ID、アプリで使用する機能など、アプリに関する詳細情報が入ったマニフェスト ファイルがあります。このトピックでは、アプリ マニフェスト ファイルの要素、タグ、および属性について説明します。マニフェスト ファイルの名前は WMAppManifest.xml です。このファイルは、Visual Studio の [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウ、プロジェクトの [プロパティ] フォルダー、または Windows エクスプローラーで見つけることができます。

メモメモ:

以下のセクションで示すように、Windows Phone アプリと XNA Framework アプリのマニフェスト ファイルでは、属性値が異なるものがありますが同じものです。マニフェスト ファイルを変更する場合は、要素が正しい順序で配置されていることを確認してください。そうでないと、アプリのコンパイルに失敗する場合があります。

マニフェスト ファイルの主な用途は次のとおりです。

  • アプリを Windows Phone ストア に申請すると、認定プロセスでマニフェスト ファイルの情報が使用され、ストア でアプリが正しくフィルター処理され、デバイスでアプリが展開、実行されます。

  • マニフェスト ファイルの情報はアプリ データベースにメタデータとして保存されます。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

 

アプリ マニフェスト ファイルは Visual Studio で生成されます。通常はファイルを手動で編集しないでください。ほとんどの場合、マニフェスト ファイルを変更するには、マニフェスト エディター ツールを使用する必要があります。マニフェスト エディターの詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

マニフェスト エディターを使用してマニフェストを変更する必要があるシナリオとしては、アプリで使用される機能を確認する場合などがあります。マニフェスト ファイルで正しい機能の値をマークする必要があります。詳細については、「Windows Phone OS 8 のアプリ機能を判断する方法」を参照してください。

Extensions セクションなどいくつかの要素ではマニフェスト ファイルを直接編集する必要があります。これを実行する方法の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

アプリをストア に申請した後、マニフェスト ファイルの値の一部は自動的に更新されます。たとえば、Author、Publisher、ProductID の各属性です。

注意注意:

アプリのマニフェスト ファイルが変更されるたびにアプリが不安定または使用不能になる可能性があります。

次に、Windows Phone 8 アプリの既定のマニフェスト ファイルの例を示します。

強調表示されている項目は、Windows Phone 8 の新規または更新された要素と属性です。アプリをアップグレードするときに、アプリ マニフェスト ファイルに加えられる変更の詳細については、「アプリ プロジェクトを Windows Phone 8 にアップグレードする方法」を参照してください。

注意注意:

次の XML サンプルでは、読みやすくするために改行を追加しています。アプリ マニフェスト ファイルを手動で変更する場合、改行や空白を追加しないでください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<Deployment
   xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2012/deployment"
   AppPlatformVersion="8.0">
  <DefaultLanguage
     xmlns=""
     code="en-US"/>
  <App
     xmlns=""
     ProductID="{31a2f61a-4083-4250-9c0a-2d68740285b3}"
     Title="NewPhoneAppWP8"
     RuntimeType="Silverlight"
     Version="1.0.0.0"
     Genre="apps.normal"
     Author="NewPhoneAppWP8 author"
     Description="Sample description"
     Publisher="NewPhoneAppWP8"
     PublisherID="{73c86a8f-20c1-4e53-a01e-bfc5aee75273}">
    <IconPath
       IsRelative="true"
       IsResource="false">
         Assets\ApplicationIcon.png
    </IconPath>
    <Capabilities>
      <Capability Name="ID_CAP_NETWORKING"/>
      <Capability Name="ID_CAP_MEDIALIB_AUDIO"/>
      <Capability Name="ID_CAP_MEDIALIB_PLAYBACK"/>
      <Capability Name="ID_CAP_SENSORS"/>
      <Capability Name="ID_CAP_WEBBROWSERCOMPONENT"/>
    </Capabilities>
    <Tasks>
      <DefaultTask
         Name ="_default"
         NavigationPage="MainPage.xaml"/>
    </Tasks>
    <Tokens>
      <PrimaryToken
           TokenID="NewPhoneAppWP8Token"
           TaskName="_default">
        <TemplateFlip>
          <SmallImageURI
             IsRelative="true"
             IsResource="false">
               Assets\Tiles\FlipCycleTileSmall.png
          </SmallImageURI>
          <Count>0</Count>
          <BackgroundImageURI
             IsRelative="true"
             IsResource="false">
               Assets\Tiles\FlipCycleTileMedium.png
          </BackgroundImageURI>
          <Title>NewPhoneAppWP8</Title>
          <BackContent></BackContent>
          <BackBackgroundImageURI></BackBackgroundImageURI>
          <BackTitle></BackTitle>
          <DeviceLockImageURI></DeviceLockImageURI>
          <HasLarge></HasLarge>
        </TemplateFlip>
      </PrimaryToken>
    </Tokens>
    <ScreenResolutions>
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_WVGA"/>
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_WXGA"/>
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_HD720P"/>
    </ScreenResolutions>
  </App>
</Deployment>
メモメモ:

前の例で Capabilities リストはアプリのマニフェスト ファイルのリストと一致しないことがあります。詳細については、このトピックの後半の「Capabilities 要素」を参照してください。

Deployment 要素はルート要素です。Windows Phone アプリを展開するときにマニフェスト ファイル内でアプリとローカリゼーションに関する情報を提供します。

属性

説明

xmlns

String

XML 名前空間。既定値は、Windows Phone 8 の場合は http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2012/deployment、Windows Phone OS 7.1 の場合は http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2009/deployment です。

AppPlatformVersion

String

Windows Phone SDK またはプラットフォームのランタイム バイナリのバージョン。既定値は、Windows Phone 8 の場合は 8.0、Windows Phone OS 7.1 の場合は 7.1 です。

DefaultLanguage 要素と Languages 要素は、アプリでサポートされる言語を識別します。これらの要素に指定する言語は、Windows Phone ストア でアプリと共に一覧表示されます。

DefaultLanguage 要素は必須です。ストア でサポートされない言語を指定すると、アプリは申請時に拒否されます。

アプリ マニフェスト ファイル内の DefaultLanguage 要素は、プロジェクト デザイナーの [アプリケーション] ページにある [アセンブリ情報] ダイアログ ボックスで指定した [ニュートラル言語] 設定に対応しています。[ニュートラル言語] を設定または変更すると、[アセンブリ情報] ダイアログ ボックスを閉じたときに、DefaultLanguage の値が更新されます。ただし、この同期は一方向のみのものであり、後から DefaultLanguage の値を手動で変更しても同期は行われません。

アプリの [ニュートラル言語] がストア でサポートされない場合は、DefaultLanguage の値として、アプリがサポートする別の言語を指定します。

Languages 要素は省略可能です。マニフェスト デザイナーの [パッケージング] ページで、この要素には [サポート言語] というラベルが付けられています。ストア で現在サポートされていない言語を指定すると、その言語は、アプリの申請時に無視されます。

アプリ マニフェスト ファイル内の Languages 要素は、プロジェクト デザイナーの [アプリケーション] ページにある [サポートされているカルチャ] の一覧に対応しています。

  • プロジェクト プロパティの [サポートされているカルチャ] 一覧に項目を追加すると、プロジェクト プロパティを保存したときにアプリ マニフェスト ファイルの Languages 一覧が更新されます。ただし、この同期は一方向のみのものであり、後でアプリ マニフェスト ファイルの Languages 一覧を直接変更しても同期は行われません。アプリを公開する前に両方の一覧に同じ項目が含まれることを確認します。

  • プロジェクト プロパティの [サポートされているカルチャ] 一覧から項目を削除しても、その項目はアプリ マニフェスト ファイルの Languages 一覧からは削除されません。アプリ マニフェスト ファイルの Languages 一覧から同じ項目を手動で削除します。

詳細については、「Windows Phone 8 のグローバリゼーションとローカリゼーション」を参照してください。

DefaultLanguage と Languages の両要素には、次の属性があります。

属性

説明

xmlns

String

XML 名前空間。既定値は、Windows Phone 8 の場合は http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2012/deployment、Windows Phone OS 7.1 の場合は http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2009/deployment です。

code

String

指定した言語のコード。たとえば、英語の場合は en、スロバキア語の場合は sk-SK です。

AppExtra 要素は、Windows Phone 7.8 を対象とするアプリの Deployment 要素の省略可能な子です。AppExtra 要素の構文は次のとおりです。

<AppExtra xmlns="" AppPlatformVersion="8.0">
    <Extra Name="Tiles"/>
</AppExtra>

次の表に App 要素の属性を示します。

属性

説明

xmlns

String

空白。

AppPlatformVersion

String

常に 8.0 を返します。

Extra 要素

Extra 要素は、AppExtra 要素の子です。Extra 要素には Name という属性が 1 つあります。name は、アプリで有効にする追加の機能を指定します。Name の唯一の値は Tiles です。詳細については、「Windows Phone OS 7.1 アプリへの Windows Phone 8 および 7.8 のタイル機能の追加」を参照してください。

App 要素は Deployment 要素の子です。製品 ID、バージョン、アプリの種類などの情報を提供します。次の表に App 要素の属性を示します。

属性

説明

Author

String

アプリの作成者の名前。

BitsPerPixel

Integer

16 または 32 ビット/ピクセル。

説明

String

アプリの説明。

Genre

String

既定値はプロジェクトの種類によって Apps.Normal または Apps.Games です。

Apps.Normal を使用するアプリは電話のアプリ リストに表示されます。Apps.Games を使用するアプリは電話の Games ハブに表示されます。

HasSettings

Boolean

アプリで設定をサポートするかどうかを示します。

HubType

Integer

アプリを Music + Videos ハブの Extras セクションに表示できるようにします。アプリ申請前のテストに使用されます。マニフェスト ファイルに手動で入力する必要があります。値 1 はこの機能を有効にします。

IsBeta

Boolean

アプリがベータ アプリであるかどうかを示します。この値はアプリ ライセンスに影響します。

ProductID

GUID

既定値はプロジェクトの GUID です (128 ビット)。アプリ申請プロセスで、マニフェスト ファイルに新しい製品 ID が挿入されます。

Publisher

String

アプリの発行者。既定値はプロジェクトの名前です。この属性は、プッシュ対応アプリなど、特定の種類のアプリに必要です。

RuntimeType

String

既定値は、プロジェクトの種類に応じて、Windows Phone 8 アプリの場合は Silverlight または Modern Native、Windows Phone OS 7.1 アプリの場合は Silverlight または XNA です。

SingleInstanceHost

Boolean

アプリに単一インスタンス ホストがあるかどうかを示します。

Title (タイトル)

String

アプリ リストまたは Games ハブに表示されるアプリのタイトル。既定値はプロジェクトの名前です。

バージョン

バージョン文字列

既定値は 1.0.0.0 です。

xmlns

String

この値は空白のままにできます。

IconPath 要素は App 要素の子です。アプリ リストに表示されるアプリ アイコンの場所を示します。Windows Phone 8 Update 3 のあるデバイスでは、アプリ アイコンはタスク切り替えにも表示されます。属性は内部のみで使用されます。

アプリの既定のイメージは ApplicationIcon.png です。XNA Framework ゲームの既定のイメージは PhoneGameThumb.png です。

Capabilities 要素は App 要素の子です。Windows Phone では機能駆動型のセキュリティ モデルが提供されているため、ユーザーはアプリで特定の機能を有効にする必要があります。たとえば、ネットワークベースのサービスを使用する場合、そのサービスの使用がアプリで開示されていないと、ユーザーの意図しないローミング料金が発生したり、プッシュ通知でも同様のローミング料金が発生したりすることがあります。この機能モデルの主な目標は次のとおりです。

  • 適切な情報開示の確認 - アプリ機能にセキュリティ上のリスクがある場合は、ユーザーに通知する必要があります。ユーザーがその機能のアクティブ化を許可するには、オプトインする必要があります。

  • 攻撃を減らす - 機能を使用して、アプリを実行するセキュリティ チェンバーを作成します。セキュリティ チェンバーはインストール時に 1 回作成され、それ以降そのアプリに対して使用されます。

アプリの開発中は正しい機能を指定しなくても Windows Phone Emulator でアプリを正常に展開および実行できますが、アプリを電話に展開するときは正しい機能を指定する必要があります。必要なときに機能を使用しない場合、アプリが UnauthorizedAccessException 例外をスローします。アプリ内でその機能を使用しようとしたときに Access denied メッセージが表示され、例外が処理されない場合は予期せず終了します。Windows Phone ストア テスト キット を使用してアプリで使用する機能を決定し、マニフェスト エディターを使用してアプリで使用する機能をマークすることができます。詳細については、「Windows Phone OS 8 のアプリ機能を判断する方法」および「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

Capability 要素

Capability 要素は Capabilities 要素の子です。Capability 要素には name という属性が 1 つあります。name は、アプリで有効にする機能を指定します。name プロパティに対して指定可能な機能の値の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

Tasks 要素は App 要素の子です。この要素は内部でだけ使用します。

DefaultTask 要素

DefaultTask 要素は開発中に Visual Studio によって定義されます。

属性

説明

名前

String

タスクの名前。既定値は _default です。

NavigationPage

String

タスクの開始時にナビゲートされるアプリ内のページです。

ImagePath

.exe サフィックスで終わる文字列

アプリの実行可能ファイルの名前。

省略できます。

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

ImageParams

String

イメージのパラメーター。

省略できます。

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

BackgroundExecution

String

有効値は位置追跡のみです。

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

ExtendedTasks 要素

ExtendedTasks 要素は Tasks 要素の子であり、BackgroundServiceAgent 要素を含んでいます。この要素ではアプリにより複数のタスクの使用を定義します。拡張されたタスクは開発者が指定します。現在、ExtendedTasks 要素はバックグラウンド タスクの定義にのみ使用できます。

属性

説明

名前

String

タスクの名前。

NavigationPage

String

タスクの開始時にナビゲートされるアプリ内のページです。

BackgroundServiceAgent 要素

BackgroundServiceAgent 要素は ExtendedTasks 要素の子です。BackgroundServiceAgent 要素には、アプリで使用されるバックグラウンド サービス エージェントの詳細が含まれます。

属性

説明

名前

String

アセンブリの名前。

Source

String

アセンブリ ソース名。

Specifier

String

AudioPlayerAgent、AudioStreamingAgent、または ScheduledTaskAgent。

String

アセンブリのエントリ ポイントの完全クラス名。

Tokens 要素は App 要素の子です。各アプリには、ユーザーがスタート画面に固定できるタイルがあります。以下のセクションでは、名前を示し、マニフェスト ファイル内のタイルの要素と属性について説明します。詳細については、「Windows Phone 8 のタイル」を参照してください。

PrimaryToken 要素

PrimaryToken 要素は Tokens 要素の子です。アプリに関連付けられたタイルについて記述します。

属性

説明

TokenID

String

タイルの名前。既定値はプロジェクト名です。

注意注意:
プライマリ トークンの TokenID を変更する場合、セカンダリ タイルの TokenID と一致させないでください。一致した場合、ユーザーはアプリの更新をインストールできないことがあります。

TaskName

String

ユーザーがタイルをタップしたときに呼び出されるタスクの名前。既定値は _default です。

TemplateType5 要素

対象: Windows Phone OS 7.1

 

TemplateType5 要素は PrimaryToken 要素の子です。Windows Phone OS 7.1 用のアプリ タイルを制御する既定のテンプレートです。次の表で、TemplateType5 要素の子要素について説明します。

要素

説明

BackgroundImageURI

String

タイルのバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前。

Count

Integer

タイルには 0 ~ 99 の値を表示するカウンターを含めることができます。値が 0 の場合、カウンターはタイルに表示されません。

Title (タイトル)

String

タイルに表示されるタイトル。既定値はプロジェクトの名前です。

TemplateFlip 要素

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

TemplateFlip 要素は PrimaryToken 要素の子ですWindows Phone 8 用のアプリ タイルを制御する既定のテンプレートです。TemplateFlip 要素の子要素を次の表に示します。Flip Tile の詳細については、「Windows Phone 8 用のフリップ タイル テンプレート」を参照してください。

要素

説明

SmallImageURI

String

タイルのバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

Count

Integer

タイルに表示される 0 ~ 99 の値。値が 0 の場合、カウンターはタイルに表示されません。

BackgroundImageURI

String

タイルのバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

Title (タイトル)

String

タイルに表示されるタイトル。既定値はプロジェクトの名前です。

BackContent

String

タイル裏面のタイトルの上に表示するテキスト。

BackBackgroundImageURI

String

タイルの裏面のバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

BackTitle

String

タイルの裏面に表示されるタイトル。

LargeBackgroundImageURI

String

大きなタイルのバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

LargeBackContent

String

大きなタイルの裏面のタイトルの上に表示するテキスト。

LargeBackBackgroundImageURI

String

大きなタイルの裏面のバックグラウンド イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

DeviceLockImageURI

String

アプリのロック イメージが入ったローカル リソースまたはリモート リソースの名前とパス。

HasLarge

True または False です。

アプリが大きなタイルをサポートするかどうかを示す値。値がない場合は、大きなタイルがサポートされないことを示します。

Extensions 要素は App 要素の子であり、Tokens 要素の直後にあります。この要素はアプリでサポートしている拡張機能の指定に使用されます。詳細については、「Windows Phone 8 の検索の機能拡張」を参照してください。このセクションの編集の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。

重要:重要:

Extensions 要素内の要素の順序は重要です。最初にすべての Extension 要素、次にすべての FileTypeAssociation 要素、その次にすべての Protocol 要素を列挙します。

Extension 要素

すべての Extension 要素は、Extensions 要素以下に最初に列挙する必要があります。各 Extension 要素には、App Connect 拡張を記述します。

属性

説明

ConsumerID

GUID

指定された ProductID を持つコンシューマーによる拡張機能へのアクセスを制限します。すべての検索拡張機能には同じ値 5B04B775-356B-4AA0-AAF8-6491FFEA5661 が必要です。

ExtensionName

String

拡張機能サポートの種類の識別子。

ExtraFile

String

Extras.xml ファイルの場所を指定します。ファイルは Extensions フォルダーに置く必要があり、ファイル名は Extras.xml にする必要があります。

TaskID

String

呼び出しを指定された TaskID にルーティングします。この属性が指定されていない場合、呼び出しは既定のタスクにルーティングされます。

FileTypeAssociation 要素

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

FileTypeAssociation 要素は Extensions 要素の子であり、常に Extension 要素の後にする必要があります。FileTypeAssociation 要素には、アプリと特定ファイルの種類とのファイルの関連付けを記述します。このエントリにより、特定のファイルの種類にアプリを関連付け、アプリを起動してそのファイルの種類を表示するオプションをユーザーに提示することができます。最大 20 個のファイルの関連付けを登録できます。詳細については、「Windows Phone 8 のファイルおよび URI の関連付けを使用してアプリを自動起動する」を参照してください。

属性

説明

名前

String

ファイルの関連付けの表示名。

NavUriFragment

String

常に fileToken=%s に設定

TaskID

String

常に _default に設定

Protocol 要素

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

Protocol 要素は Extensions 要素の子であり、Protocol 要素は常に FileTypeAssociation 要素の後にする必要があります。Protocol 要素には、アプリが登録される URI スキーム名を記述し、別のアプリが特殊な URI を起動するときに起動できるようにします。詳細については、「Windows Phone 8 のファイルおよび URI の関連付けを使用してアプリを自動起動する」を参照してください。

属性

説明

名前

String

カスタム URI スキームのプレフィックス。数字、小文字、ピリオド ('.')、またはハイフン ('-') が含まれる、長さが 2 ~ 39 文字の文字列です。コロン (':') と、URI のプレフィックスの後に続くものを含めないでください。

NavUriFragment

String

常に encodedLaunchUri=%s に設定

TaskID

String

常に _default に設定

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

ScreenResolutions 要素は App 要素の子です。この要素はアプリでサポートしている解像度の指定に使用されます。詳細については、「Windows Phone 8 の複数解像度アプリ」を参照してください。

ScreenResolution 要素

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

ScreenResolution 要素は、ScreenResolutions 要素の子であり、アプリでサポートされる解像度を指定します。

属性

説明

名前

String

Windows Phone 8 アプリでサポートされる画面解像度。ID_RESOLUTION_WVGA、ID_RESOLUTION_WXGA、ID_RESOLUTION_HD720P などが含まれます。

Requirements 要素は App 要素の子であり、Windows Phone 8 の場合は ScreenResolutions 要素の直後、Windows Phone OS 7.1 の場合は Capabilities 要素の直後にする必要があります。Windows Phone SDK 7.1.1 更新プログラム 以降、アプリで特定のハードウェアが必要かどうかを示すには、この要素を使用します。たとえば、アプリが 低メモリ デバイス で実行されない場合は、このセクションで指定する必要があります。この要素の主要な目的は、ユーザーが自分の電話で稼働しないアプリを購入またはインストールしないようにすることです。すべての Windows Phone 上で実行可能で、他の特別なハードウェア要件がないアプリの場合、Requirements 要素はマニフェスト ファイル内に必須ではありません。

Requirement 要素

Requirement 要素は Requirements 要素の子です。Requirement 要素には、文字列値を指定できる name という属性が 1 つあります。マニフェスト エディターを使用してアプリのハードウェア要件をマークすることができます。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ マニフェスト ファイルを変更する方法」を参照してください。Requirement name 値に対して指定可能な値の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

 

FunctionalRequirements 要素は App 要素の省略可能な子であり、マニフェスト ファイルで Requirements セクションのすぐ後に置く必要があります。FunctionalRequirements 要素は、アプリで特定のハードウェア機能 (メモリ制限の増大など) が必要かどうかを指定する場合に使用します。たとえば、アプリが 低メモリ デバイス で実行されない場合は、このセクションで指定する必要があります。

FunctionalRequirement 要素

FunctionalRequirement 要素は FunctionalRequirements 要素の子です。FunctionalRequirement 要素には、文字列値を指定できる name という属性が 1 つあります。FunctionalRequirement name 値に対して指定可能な値の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft