エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Phone SDK の新機能

2012/02/09

このトピックでは、Windows Phone SDK 7.1 の新機能とドキュメントについての情報を記載します。

注注:

Windows Phone SDK は、今までは Windows Phone Developer Tools という名前でした。

最新のリリース ノートと、Windows Phone SDK のダウンロードとインストールの情報については、「Windows Phone SDK のインストール」を参照してください。

次の表に、Windows Phone SDK の新機能とドキュメントを示します。

機能

新規および更新されたドキュメント

Windows Phone SDK 7.1 は大幅に進歩しており、以前は対応していなかったさまざまなクラスのアプリケーションを構築できます。

概念トピックは、作業を完了するために理解する必要がある概念についての基本的な情報を提供します。「方法」トピックで、タスクを完了するための一連の手順、コード例、またはその両方を示します。コード例は、Visual Studio で開いて実行できるダウンロード可能なプロジェクトです。マネージ API のドキュメントでは、指定した名前空間の型やメンバーごとの詳細を説明しています。

マルチターゲティングとアプリケーションの互換性

Windows Phone SDK 7.1 を使用して、Windows Phone OS 7.1 または Windows Phone OS 7.0 のいずれかをターゲットとする Silverlight® および XNA フレームワーク プロジェクトを作成できます。新しいプロジェクトを作成すると、ターゲットとするバージョンを選択するように求められます。また、既存の Windows Phone OS 7.0 プロジェクトを更新して、新しい Windows Phone OS 7.1 機能を活用できます。

Windows Phone OS 7.0 Phone で動作するアプリケーションやゲームはすべて、Windows Phone OS 7.1 Phone でも引き続きシームレスに動作します。

概念説明のドキュメント:

マルチタスキング

Windows Phone OS 7.1 では、アプリケーションがアクティブなフォアグラウンド アプリケーションでない場合でも操作を実行できるいくつかの機能が導入されています。

概念説明のドキュメント:

実行モデルと高速なアプリケーション切り替え

実行モデルは廃止状態の前の休止状態を含むように更新されました。ユーザーが休止状態のアプリケーションに復帰すると、ユーザーに "再開中..." メッセージが表示されることなく、すばやく復元されます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

アラームとリマインダー

Windows Phone SDK 7.1 を使用して、指定した時刻に画面にダイアログ ボックスを表示したりサウンドを鳴らしたりするアラームやリマインダーを作成できます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

バックグラウンド エージェント

アプリケーションがフォアグラウンドで実行されていない場合でも、バックグラウンドでコードを実行できるようになりました。バックグラウンド タスクには主に、定期エージェントとリソースを消費するエージェントの 2 つのタイプがあります。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

バックグラウンド ファイル転送

ユーザーがアプリケーションから離れた後でも、継続してファイルのダウンロードを開始できるようになりました。ファイルのダウンロードは、アプリケーションがフォアグラウンドで実行されていない状態でもバックグラウンドで継続されます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

バックグラウンド オーディオ

オーディオ アプリケーションをバックグラウンドで実行できるようになりました。音楽は、ユーザーが他のアプリケーションを起動しても引き続き再生され、ユーザーはボリュームを制御できます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

メディア

Windows Phone OS 7.1 では、メディアに大幅な改善が加えられています。32 ビット カラーのサポートや拡張子なしのメディアの URI のサポート、Windows Phone Emulator での H.264 のサポートなどが改善内容に含まれています。また、MediaElement ではハードウェア レンダリングを使用して、バッテリ電源の消費を抑えながらビデオ品質を改善しています。さらに、アプリケーションから着信音を保存できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

Silverlight 4

Windows Phone OS 7.1 に Silverlight 4 が追加されました。

概念説明のドキュメント:

センサー

加速度計に加え、アプリケーションでコンパス センサーやジャイロスコープ センサーを使用できるようになり、物理デバイスの位置そのものがユーザーの入力の手段となるアプリケーションやゲームの開発が可能になりました。また、デバイスの姿勢 (ヨー、ピッチ、およびロール)、デバイスの加速度、回転速度を提供する複合モーション API も用意されています。

Windows Phone エミュレーターが、センサー データをシミュレーションできるように拡張されました。センサー データをエミュレーターで直接使用するアプリケーションの初期テストを行うことができるようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

ソケットのサポート

アプリケーションで、TCP や UDP プロトコルを使用してソケット経由で通信できるようになりました。ソケットにより、クラウド サービスとの双方向の通信が可能になり、インスタント メッセージやマルチプレーヤー型ゲームなどのシナリオが利用できるようになります。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

ネットワーク情報

アプリケーションで、ネットワークおよびネットワーク インターフェイスに関する情報にアクセスできるようになりました。ユーザーの電話の携帯電話会社やネットワーク機能を判別し、接続設定や要件の取得および設定ができます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

  1. ネットワークおよびデバイス情報のサンプル

マネージ API のドキュメント:

プッシュ通知

プッシュ通知システムがより堅牢になりました。トースト通知は、アプリケーションやパス パラメーター内の指定の位置にリンクさせることができるようになりました。タイル通知は、両面アプリケーションおよびセカンダリ タイルをサポートするようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

ライブ タイル

スタート画面に固定されたアプリケーション タイルが両面になって定期的に反転させることが可能になり、より魅力的でより多くの情報を提供できるようになりました。アプリケーションで複数のタイルをスタート画面に固定させることができます。たとえば、天気予報アプリケーションで別の都市のタイルを固定する場合などです。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

Silverlight と XNA の統合

Silverlight か XNA フレームワークかを選択するのではなく、両方を 1 つのアプリケーションやゲームで使用できるようになりました。Silverlight アプリケーションのページ ナビゲーション モデルと、XNA フレームワーク アプリケーションの優れたグラフィックスとを統合できます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

アプリケーションのパフォーマンスの分析

Windows Phone OS 7.1 で、アプリケーションやゲームをプロファイルできるようになりました。CPU やメモリの時系列でのシステム リソースの使用量を測定でき、その結果からコードに直接移動できます。

概念説明のドキュメント:

Visual Basic のサポート

Visual Basic は、Silverlight と XNA フレームワーク アプリケーションの両方で使用できるようになりました。Visual Basic は、Windows Phone SDK 7.1 に完全に統合されました。個別のインストールは不要です。

コード サンプル:

広告

Microsoft Advertising SDK for Windows Phone で、アプリケーションやゲームに Microsoft Advertising からの広告を含めることで収益化できるようになりました。Advertising SDK は、Windows Phone SDK 7.1 に完全に統合されました。個別のインストールは不要です。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

WebBrowser コントロール

WebBrowser コントロールで Internet Explorer 9 をサポートするようになり、HTML 5 レンダリングの向上したパフォーマンスを活用できるようになりました。また、WebBrowser コントロールの Cookie コレクションを、WebBrowser 拡張メソッドを使用してプログラムから利用できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

デバイスの状態

Windows Phone SDK 7.1 では、ユーザーの Windows Phone デバイスに DeviceStatus クラスを使用して拡張プログラムからアクセスできるようになりました。デバイスがバッテリーを使用しているか外部電源を使用しているか、キーボードが使用できるか配置されているか、その他デバイスの製造元などを判別できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

ローカル データベース

リレーショナル データをアプリケーションの分離ストレージ コンテナーにあるローカル データベースに保存できるようになりました。アプリケーションで LINQ to SQL を使用してデータベースの操作を実行できるようになりました。新しい API でプログラムのデータベース更新シナリオが可能です。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

分離ストレージ エクスプローラー

Windows Phone SDK 7.1 に、分離ストレージでファイルやディレクトリをリスト、コピー、置換できるコマンド ライン ツールが追加されました。

概念説明のドキュメント:

ランチャーとセレクター

Windows Phone SDK 7.1 にはいくつかの新しいランチャーとセレクターが導入されました。アプリケーションから、アドレスを選択したり、プレーヤーをゲーム セッションに招待したり、着信音を保存したりできるようになりました。また、現在のズーム レベルでマップ上の位置を示したり、Bing マップ上の 2 点間の方向を示したりすることもできます。

概念説明のドキュメント:

マネージ API のドキュメント:

連絡先とカレンダー

Windows Phone SDK 7.1 では、ユーザーの連絡先やカレンダーのデータに読み取り専用でアクセスできるようになりました。ユーザーが連絡先のリストから選択してメールを送ったり、連絡先の誕生日を検索したりといったように、ユーザーのデータを照会および対話することによって、アプリケーションを差別化できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

資格情報保存の暗号化

Windows Phone SDK 7.1 では暗号用 API のセットを使用できるようになりました。ログイン資格情報が必要なアプリケーションでは、これらの API で資格情報を暗号化して保存することができます。ユーザーはアプリケーションを使用するたびにログインする必要がなくなります。

概念説明のドキュメント:

マネージ API のドキュメント:

ユーザー エクスペリエンスのデザイン ガイドライン

Windows Phone ユーザー エクスペリエンス デザインのベスト プラクティスに従う際に利用できる新しいガイドが用意されています。このドキュメントは、Windows Phone を作成した専門家や、初期のアプリケーションの多くの設計者からのアドバイスを集めたものです。40 を超える役に立つトピックが新しく追加されています。

概念説明のドキュメント:

認定の要件

アプリケーション認定の要件が、MSDN ライブラリでオンラインで利用できるようになりました。ドキュメントには、ほとんどの要件に対するテスト手順が追加されています。これにより、認定のため、App ハブにアプリケーションを送信する前に、アプリケーションが要件を満たしているかどうかをテストすることができるようになりました。

Windows Phone OS 7.0 および Windows Phone OS 7.1 要件が更新されました。

概念説明のドキュメント:

Marketplace Test Kit

Windows Phone SDK 7.1 に、Windows Phone Marketplace Test Kit が追加されました。Marketplace Test Kit を使用すると、Visual Studio の認定の要件に対してアプリケーションをテストできます。また、新しい内蔵エミュレーター スクリーンショット ツールを使用してアプリケーションのスクリーンショットを撮り、Marketplace Test Kit を使用して送信することもできます。

概念説明のドキュメント:

カメラ

Windows Phone SDK 7.1 で、未加工のフレームへのリアルタイム アクセスなど、プログラムから Windows Phone デバイスのカメラにアクセスできるようになりました。これにより、スキャンや拡張現実アプリケーションを作成できます。また、フラッシュを使用したり、アプリケーションのフォーカスを調整したりすることもできます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

画像の機能拡張

アプリ コネクトを使用して、Pictures ハブ、画像ビューアー、共有ピッカーから Windows Phone アプリケーションを起動できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

検索の機能拡張

アプリ コネクトは、アプリケーションで Windows Phone 上の検索エクスペリエンスをシームレスに拡張するための新しい方法です。アプリ コネクトを使用すると、[検索] ボタンで Web を検索するユーザーは、Bing の検索結果からアプリケーションを直接起動できます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

アプリケーション バー

Windows Phone OS 7.1 アプリケーション バーをデフォルトと最小化の 2 種類のサイズにすることができるようになりました。新しく最小化されたアプリケーション バーは、スペースが貴重となるパノラマ ページでの使用に最適です。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

マネージ API のドキュメント:

オンスクリーン キーボード

Windows Phone OS 7.1 には新しいオンスクリーン キーボードがあります。数字のみのキーボードと関数用に最適化されたキーボードで、アプリケーションで活用できます。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

システム トレイと進行状況インジケーター

システム トレイは不透明度と色をサポートするようになりました。また、アプリケーションの進行状態の表示に使用できる、進行状況インジケーターも追加されています。

概念説明のドキュメント:

マネージ API のドキュメント:

OData クライアント

Windows Phone SDK 7.1 に、クライアント プロキシ クラスを生成できる [サービス参照の追加] ダイアログ ボックスが追加されました。また、LINQ クエリーを使用して OData リソースにアクセスし、クライアント認証を実行して OData サービスをログイン ID とパスワードで保護することができます。さらに、クライアント状態の保存時のパフォーマンスが改善されています。

概念説明のドキュメント:

マネージ API のドキュメント:

グローバリゼーションとローカリゼーション

Windows Phone OS 7.1 では、新たに 16 のカルチャのサポートが追加されています。読み取り用およびユーザー インターフェイス フォントなどで、東アジア言語をサポートするようになりました。

概念説明のドキュメント:

試用版アプリケーションの作成

ユーザーがアプリケーションの購入前に試用することができるアプリケーションの試用モードを設計し実装することができます。アプリケーションで試用モードを実装するのに役立つトピックとサンプルが新しく追加されています。

概念説明のドキュメント:

コード サンプル:

Windows Phone Marketplace

Windows Phone Marketplace FAQ が、MSDN ライブラリでオンラインで利用できるようになりました。

概念説明のドキュメント:

ページのトップへ

表示:
© 2014 Microsoft