エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone API リファレンス

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

ここでは、Windows Phone API の概要について説明します。

Windows Phone SDK を使用すると、さまざまな言語とツールを使用してアプリを構築できます。XAML を使用して、選択したマネージ言語でアプリを構築できます。これにより、既存のアプリの資産を維持することができます。より高い柔軟性とパフォーマンスを実現するため、Windows Phone 8 では XAML アプリや、Direct3D を使用して記述したゲームで C++ を使用できるようになりました。Windows Phone API リファレンス ノードには、Windows Phone 8 で使用可能な API の完全なセットが含まれています。次の図は、Windows Phone API を構成する API のセットです。

Shows Winodws Phone API structure
重要:重要:

Windows Phone は機能駆動型のセキュリティ モデルを備えています。このモデルでユーザーはアプリ内の特定の機能にオプトインする必要があります。Windows Phone API を使用する場合は、アプリで必要な機能を決定し、アプリ マニフェスト ファイルで有効にする必要があります。機能およびハードウェア要件の詳細については、「Windows Phone 用のアプリ マニフェスト ファイル」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

.NET API は、Windows Phone 8 のマネージ API を表します。Windows Phone OS 7.1 向けのアプリ構築経験がある場合は馴染み深いものです。.NET API には、システムおよび Microsoft.Phone 名前空間からのクラスと型が含まれています。Microsoft.Phone.WalletShareMediaTaskWindows Phone 8 のロック画面機能拡張などの Windows Phone 8 用の機能が多数追加されています。

詳細については、「Windows Phone の .NET API」を参照してください。

Windows Phone ランタイム は、オペレーティング システムに組み込まれるネイティブ API のサブセットです。これは C++ で実装され、C#、VB.NET、C++ に投影されて、選択した言語での自然な使用が簡単になります。Windows ランタイム に慣れている開発者であれば、Windows Phone ランタイム は簡単に習得できます。フレームワークは非常に似ています。次の図は、Windows Phone ランタイム と Windows ランタイム との関係を、実装する API サーフェイスの領域の点から示したものです。

Relationship between WinRT and WinPRT

図には次に説明するような 3 つの異なる領域があります。

  1. Windows Phone 8 でサポートされていない Windows ランタイム API のセット。Windows ランタイム の API サーフェイス領域は 11,000 を超えるメンバーを備え、非常に大きいものです。魅力的な電話シナリオを構築できる Windows Phone 8 向けのサブセットが適用されています。上図の領域 1 は、Windows Phone 8 で使用できない API を表しています。

  2. Windows Phone 8 に適用されている Windows ランタイム API のセット。これは、上図では 2 つの領域で表されており、およそ 2,800 のメンバーから構成されています。一部の型では、特定のメンバーが実装されていません。他の型では、電話だけの機能をサポートするためのメンバーがさらに追加されています。どちらの場合も、これらの相違については API リファレンス ドキュメントに記載されています。

  3. 電話用の優れたアプリの構築に必要な主要 API が追加されました。図では領域 3 として表されています。合計で約 600 のメンバーが含まれています。たとえば、音声合成および認識、VOIP、およびその他の機能用のまったく新しい API があります。これらを Windows ランタイム スタイルの API として作成することで、アプリで使用するプログラミング言語の種類に関係なく使用できるようになっています。

上図では、Windows Phone ランタイム API は 2 と 3 の領域で構成されています。詳細については、「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

これらの API に加え、プラットフォームの低レベルの機能にアクセスできる、一部の Win32 API を使用できます。これには、低レベル ネットワーキング向けの Winsock API などがあります。詳細については、「Windows Phone 8 の Win32 API と COM API」を参照してください。

次の表は、Windows Phone でサポートされているプログラミング言語を、Windows 8 と比較したものです。開発環境がネイティブとマネージ コードのどちらでも、選択した言語を使用して Windows Phone 用の優れたアプリを構築できます。JavaScript は Windows Phone 8 ではサポートされていません。

Supported languages on Windows 8 and WP8

表示:
© 2014 Microsoft