エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の WebBrowser コントロール

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

Windows Phone には、デスクトップ ブラウザーがベースである WebBrowser コントロールが用意されています。Windows Phone OS 7.1 用の WebBrowser コントロールは Internet Explorer 9 がベースであり、Windows Phone 8 用の WebBrowser コントロールは Internet Explorer 10 がベースです。このため、Windows Phone 8 で動作する電話と比較すると、Windows Phone 7.5 で動作する WebBrowser コントロールを使用するアプリの外観にはわずかな相違点が存在します。

WebBrowser コントロールはアプリに埋め込むことができ、さまざまな目的に使用できます。以下にその一部を示しますが、以下に限定されるものではありません。

既定では、WebBrowser コントロールではスクリプトが無効になっています。コントロールでスクリプトを使用する必要がある場合は、IsScriptEnabled プロパティを true に設定します。これにより、InvokeScript メソッドを使用してスクリプトを呼び出すことができます。ScriptNotify イベントが発生するのは、WebBrowser コントロールの JavaScript がマネージ コードに文字列を渡す場合です。

注意注意:

XAML で WebBrowser コントロールを作成する場合は、Windows Phone Capability Detection Tool でアプリの適切な機能を正しく検出および付与できるように、そのコントロールの P:System.Windows.FrameworkElement.Name プロパティの値を指定する必要があります。Windows Phone Capability Detection Tool の詳細については、「Windows Phone OS 8 のアプリ機能を判断する方法」を参照してください。

また、WebBrowserExtensions クラスの GetCookies(WebBrowser) メソッドを使用して Web サイトから Cookie のコレクションを取得し、その後の Web 要求で使用することもできます。Cookie の操作の詳細については、「Windows Phone 8 の Cookie を取得および設定する方法」を参照してください。

WebBrowser コントロールを使用するサンプル アプリを見るには、「Windows Phone 用の初めてのアプリを作成する方法」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft