エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のアプリを配置し、実行する方法

2014/06/18

ここでは、Windows Phone エミュレーターまたは開発コンピューターに接続された Windows Phone デバイスにアプリを配置し、実行する方法について説明します。

Windows Phone アプリの開発中に、Windows Phone エミュレーターを使用して、アプリの配置とテストをすばやく行うことができます。ただし、Windows Phone ストア でアプリを公開する前に、実際の Windows Phone デバイスでアプリをテストすることをお勧めします。これにより、ユーザーの立場からアプリを体験できます。

実際の条件下でアプリの動作をテストする方法については、「Windows Phone のシミュレーション ダッシュボード」を参照してください。デバッグの全般的な情報については、「Windows Phone 8 のアプリのデバッグ」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Windows Phone エミュレーターで Windows Phone アプリを初めて実行するとき、次のイベントが発生します。

  1. エミュレーターが起動します。

  2. エミュレーターで Windows Phone オペレーティング システムが読み込まれます。

  3. エミュレーターに Windows Phone のスタート画面が表示されます。

  4. アプリがエミュレーターに配置されます。

  5. アプリがエミュレーターで実行されます。

選択した Windows Phone エミュレーターが既に実行されている場合、実行中のエミュレーターにアプリが配置され、起動されます。同時に実行できる各エミュレーターのインスタンスは 1 つだけです。

ヒントヒント:

エミュレーターでアプリをテストしているとき、アプリをすばやく再実行できるように、デバッグ セッションの間、エミュレーターを開いたままにします。

アプリを Windows Phone デバイスに配置する前に、次の必要条件を満たす必要があります。

  • あなたは登録開発者である必要があります。開発者として登録する方法については、「登録情報」を参照してください。

  • 電話が登録されている必要があります。詳細については、「端末を開発用に登録する方法」を参照してください。

  • 電話は USB ケーブルでホスト コンピューターに接続され、電源が入っており、画面のロックが解除されている必要があります。

  • Windows Phone 8 デバイスでアプリをテストするには:

    • Windows Phone IP over USB Transport サービスが実行されている必要があります。このサービスは、Windows Phone SDK 8.0 をインストールすると、インストールされて開始されます。

    • コンピューターで、接続されたデバイスが認識されている必要があります。Windows Phone 8 の電話は、エクスプローラーにドライブとして一覧表示されます。

  • Windows Phone OS 7.1 デバイスでアプリをテストするには:

    • Zune ソフトウェアがホスト コンピューターにインストールされている必要があります。Zune ソフトウェアをダウンロードしてインストールするには、「Zune ソフトウェアのダウンロード」ページにアクセスしてください。

    • Zune ソフトウェアが実行されている必要があります。電話をホスト コンピューターに接続すると、Zune が自動的に開始されます。Zune が起動しない場合は、手動で Zune を起動します。

    • Zune ソフトウェアで、接続されたデバイスが認識されている必要があります。

アプリ配置のトラブルシューティングについては、このトピックのセクション「アプリの電話への配置のトラブルシューティング」を参照してください。

最大 10 個のアプリを登録されたデバイスに配置できます。この制約は、ストア からインストールするアプリには適用されません。

Windows Phone OS 7.1 用のアプリが既にある場合、Windows Phone 8 デバイスで互換性をテストすることをお勧めします。可能性のある問題の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ プラットフォームの互換性」を参照してください。

Visual Studio にアプリを配置し、実行するには

  1. 接続されているデバイスにアプリを配置する場合は、前に示した前提条件が満たされていることを確認してください。

  2. Visual Studio で Windows Phone プロジェクトを開きます。

  3. [標準] ツール バー上で、ターゲットを選択します。

    • エミュレーターにアプリを配置するには、いずれかのエミュレーター オプションを選択します。

    • 接続されたデバイスにアプリを配置するには、[デバイス] オプションを選択します。

    Target on Standard Toolbar selecting emulator
  4. アプリをデバッグしながら配置して実行するには、[デバッグ] メニューで [デバッグ開始] をクリックするか、F5 キーを押します。

    アプリをデバッグせずに配置して実行するには、[デバッグ] メニューで [デバッグなしで開始] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。

    アプリが配置され、起動します。

    アプリを実行せずに配置するには、[ビルド] メニューの [ソリューションの配置] をクリックします。

実行中のアプリを停止するには

  • 実行中のアプリを停止するには、以下のいずれかの操作を実行します。

    • Visual Studio で、[デバッグ] メニューの [デバッグの停止] をクリックするか、Shift キーを押しながら F5 キーを押します。

    • エミュレーターまたは電話で、[戻る] ボタンを押してアプリを終了します。表示しているページがアプリの開始ページでない場合は、[戻る] ボタンを何度か押す必要があります。

    アプリが終了し、[スタート画面] が開きます。これで現在のデバッグ セッションが終了します。

デバッグなしでアプリを再起動するには

  1. エミュレーターまたは電話のスタート画面で、左方向にスワイプしてアプリ一覧を表示します。

  2. アプリ リストで、アプリのアイコンをタップします。デバッグなしの状態でアプリが再起動します。

実行中のアプリを非アクティブ化するには

  1. アプリを実行する前に、Visual Studio のソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[プロパティ] を選択してプロジェクト デザイナーを開きます。

  2. プロジェクト デザイナーで、[デバッグ] ページの [デバッグ時に非アクティブ化されたら廃棄状態にする] チェック ボックスをオフにすると、アプリは非アクティブになるときに休止状態になります。非アクティブになるときにアプリを廃棄状態にする場合は、チェック ボックスをオンにします。

  3. [デバッグ] メニューの [デバッグ開始] をクリックするか、F5 キーを押して、アプリケーションを実行します。

  4. エミュレーターまたは電話で、[開始] ボタンを押します。スタート画面が表示され、アプリが非アクティブになります。アプリが休止状態になるか廃棄状態になるかは、[デバッグ時に非アクティブ化されたら廃棄状態にする] チェック ボックスの設定によって決まります。

休止状態または廃棄状態のアプリを再度アクティブにするには

  • エミュレーターまたは電話で、[戻る] ボタンを押してアプリに戻ります。他のページに移動した場合や別のアプリを開いた場合は、[戻る] ボタンを何度か押さないとアプリを再アクティブ化できないことがあります。

    デバッグ セッションが再開します。デバッガーがアプリからデタッチされている場合は、F5 キーを押してデバッグ セッションを再開する必要があります。デバッグと再アクティブ化の詳細については、「Windows Phone のアプリ状態変化のテスト方法」を参照してください。

Windows Phone Application Deployment ツール (XapDeploy.exe) を使用してアプリを配置することもできます。このツールは、Windows Phone SDK のインストール時にインストールされるスタンドアロン アプリです。

  • フォルダー C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XAP Deployment にインストールされたバージョンの Application Deployment ツールを使用すると、Windows Phone OS 8.0 または Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリを配置できます。

  • フォルダー C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v7.1\Tools\XAP Deployment にインストールされたバージョンの Application Deployment ツールのみを使用すると、Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリを配置できます。

Application Deployment ツールでアプリケーションを配置するには

  1. アプリを作成します。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリをビルドする方法」を参照してください。

  2. 接続されているデバイスにアプリを配置する場合は、前に示した前提条件が満たされていることを確認してください。

  3. Windows スタート画面から Application Deployment ツールを起動します。Application Deployment ツールを見つけるには、[すべてのアプリ] ビューを開いて [Windows Phone SDK 8.0] グループ内で探すか、またはスタート画面から「Application Deployment」を入力して検索します。

    ツールは次の場所から実行することもできます。

    C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XAP Deployment\XapDeploy.exe

    次のように、Application Deployment ツールが起動します。

    Options in the Application Deployment tool
  4. [ターゲット] ドロップダウン ボックスで [デバイス] またはいずれかのエミュレーター オプションを選択します。

  5. [参照] をクリックし、配置する XAP ファイルを探します。

  6. [配置] をクリックします。

    正常に配置されると、[状態] フィールドに [XAP 配置完了] と表示されます。

コマンド ライン バージョンの Windows Phone Application Deployment ツールである XapDeploy.exe を使用してアプリを配置することもできます。このツールを呼び出すことでスクリプトまたはカスタム アプリからアプリを配置できます。

XapDeployCmd.exe はフォルダー C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XAP Deployment にインストールされます。

XapDeployCmd.exe には新しいアプリを実行せずに配置するオプションはありません。

重要:重要:

Windows Phone プロジェクトのコマンド ライン配置には Visual Studio 2012 Update 2 が必要です。XapDeployCmd.exe は、Windows Phone SDK 8.0 によりインストールされる Visual Studio 2012 のバージョンには含まれていません。

コマンド プロンプトでアプリを配置するには

  1. アプリを作成します。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリをビルドする方法」を参照してください。

  2. 接続されているデバイスにアプリを配置する場合は、前に示した前提条件が満たされていることを確認してください。

  3. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。PATH 環境変数に XapDeployCmd.exe へのパスが含まれていない場合、フォルダー C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XAP Deployment に移動します。

  4. 次のオプションのいずれかを指定して XapDeployCmd.exe を実行します。

    • エミュレーターにアプリを配置するには、xd オプションを使用します。

    • 接続されたデバイスにアプリを配置するには、de オプションを使用します。

コマンド ライン配置の構文およびオプション

XapDeployCmd.exe には次の構文があります。

XapDeployCmd.exe <cmd[:param]> <Product ID/Xap FileName> <targetdevice[:param]>

次の表で、XapDeployCmd.exe のコマンド ライン オプションについて説明します。

オプション

説明

<cmd[:param]>

実行するコマンドを指定します。このオプションの値は次のいずれかです。

オプション説明
/installlaunchデバイスにアプリをインストールし、実行します。このオプションには、Xap FileName 引数が必要です。
/updateデバイスに既にインストールされているアプリを更新します。このオプションには、Xap FileName 引数が必要です。
/launchデバイスに既にインストールされているアプリを起動します。このオプションには、Product ID 引数が必要です。
/uninstallデバイスからアプリをアンインストールします。このオプションには、Product ID 引数が必要です。
/EnumerateDevicesデバイスごとに有効なデバイス ターゲットと数値インデックスを表示します。

<Product ID>

アプリの GUID を指定します。この値は、プロジェクトのアプリ マニフェスト ファイルである、WMAppManifest.xml にあります。

<Xap FileName>

インストールまたは更新する XAP の完全なパスを指定します。

</targetdevice[:param]>

対象のデバイスを指定します。このオプションの値は次のいずれかです。

説明
xd既定のエミュレーター。
de開発コンピューターに接続されている Windows Phone デバイス。
nデバイスのリストのインデックス n にあるデバイス。デバイスのリストを取得するには、XapDeployCmd.exe /EnumerateDevices を実行します。

コマンド ライン配置の例

コマンド ライン配置の例を次に示します。次の例では、Product ID が f8ce6878-0aeb-497f-bcf4-65be961d4bba であり、Xap FileName が D:\PhoneApp1.xap であることを前提としています。

XapDeployCmd.exe /installlaunch D:\PhoneApp1.xap /targetdevice:xd

既定のエミュレーターに PhoneApp1 をインストールし、起動します。

XapDeployCmd.exe /launch f8ce6878-0aeb-497f-bcf4-65be961d4bba /targetdevice:de

接続されているデバイスで指定した Product ID のアプリを起動します。

XapDeployCmd.exe /update D:\PhoneApp1.xap /targetdevice:2

デバイス インデックス 2 で指定されたデバイスに既にインストールされている PhoneApp1 を更新します。有効なデバイスのリストを取得するには、/EnumerateDevices オプションを使用します。

XapDeployCmd.exe /uninstall f8ce6878-0aeb-497f-bcf4-65be961d4bba /targetdevice:xd

既定のエミュレーターから指定の Product ID のアプリをアンインストールします。

XapDeployCmd.exe /EnumerateDevices

デバイスごとに有効なデバイス ターゲットと数値インデックスの一覧を列挙します。

Windows Phone 8 電話へのアプリの配置は、ローカル サービス Windows Phone IP over USB Transport (IpOverUsbSvc) に依存します。さらに、開発用コンピューターへの USB デバイスとしての電話の正しいインストールにも依存します。

IpOverUsbSvc サービスをチェックして接続のトラブルシューティングを行うには

  1. 電話を USB ケーブルで開発用コンピューターに接続し、電話の電源を入れ、電話の画面のロックを解除します。

  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、IpOverUsbEnum コマンド ライン ツールを実行します。このツールは、次のフォルダーにあります。

    C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft Shared\Phone Tools\CoreCon\11.0\Bin

  3. ツールの出力を調べます。

    • 電話とそこで実行するサービスに関する数行の情報が表示されている場合、配置の問題は IpOverUsb サービスの問題ではない可能性があります。

    • メッセージ「RPC Server Unavailable. Is the proxy running?」が表示されている場合、これは IpOverUsb サービスが実行していないことを示しています。[サービス] スナップインを開き、Windows Phone IP over USB Transport (IpOverUsbSvc) サービスを開始します。

    • メッセージ「No connected partners found」が表示されている場合は、次の点をチェックしてください。

      • 電話が USB ケーブルで開発用コンピューターに接続されていますか?

      • 電話の電源は入っていますか?

      • 電話の画面のロックが解除されていますか?

      • エクスプローラーで、[コンピューター] の下にドライブとして電話が表示されていますか?

ドライバーを更新して接続のトラブルシューティングを行うには

  1. 電話を USB ケーブルで開発用コンピューターに接続し、電話の画面のロックを解除します。

  2. [デバイス マネージャー] を開きます。[ポータブル デバイス] で、電話のエントリを見つけます。

  3. 電話のエントリを右クリックし、[ドライバー ソフトウェアの更新] を選択します。ドライバーの更新の手順に従います。

ネットワーク機能

アプリを Visual Studio からエミュレーターまたは電話に配置すると、ネットワーク機能が自動的に含まれます。ただし、アプリにネットワーク機能が必要な場合は、アプリを ストア に申請するときに、アプリのマニフェスト ファイルでネットワーク機能を明示的に指定する必要があります。ネットワーク機能を指定しない場合、ユーザーの電話にアプリをインストールしたときにエラーが発生する可能性があります。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

アプリケーションのインストール ディレクトリに書き込む

アプリを Visual Studio からエミュレーターまたは電話に配置すると、アプリはそのインストール ディレクトリに書き込みが可能になります。ただし、ストア を通じて配置および公開されたアプリは、そのインストール ディレクトリに書き込めません。ストア からインストールされたアプリが、そのインストール ディレクトリに書き込みを行おうとすると、例外が発生します。アプリの開発およびテスト時に、アプリのインストール フォルダーに書き込むコードをアプリに含めた場合は、アプリを ストア に公開する前にこの機能を必ず削除してください。

Windows Phone OS 7.1 メディア API をテストする

接続されたデバイスで Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリをテストする場合、通常は Zune ソフトウェアが実行されています。しかし、Zune ソフトウェアはローカルのメディア データベースをロックするため、その実行中はメディア API と対話するアプリをテストできません。メディア API を使用した Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリをテストするには、Windows Phone Connect Tool を使用して Zune ソフトウェアを実行せずにデバイスに対するシリアルまたは USB 接続を確立できます。詳細については、「Windows Phone の写真選択またはカメラ起動とやり取りするアプリのテスト方法」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft