エクスポート (0) 印刷
すべて展開

SQL Server の機能の制限 (Azure SQL データベース)

更新日: 2014年2月

Microsoft Azure SQL データベースは、Transact-SQL のサポートおよび表形式データ ストリーム (TDS) プロトコル (データベース クライアントとの通信に使用される) に関して SQL Server と非常によく似ています。機能サポートについては、Microsoft Azure SQL データベースと SQL Server 製品との間にいくつか違いがあります。このトピックでは、Microsoft Azure SQL データベース でサポートされていない SQL Server の機能の一部を示します。

Microsoft Azure SQL データベースでの Transact-SQL のサポートの詳細については、「SQL Azure データベースの Transact-SQL のサポート」を参照してください。Microsoft Azure SQL データベースと SQL Server の全般的な相違点の詳細については、「SQL Database Overview」を参照してください。

Microsoft Azure SQL データベース では、以下の機能はサポートされません。

  • SQL Server ユーティリティ

  • SQL Server PowerShell プロバイダー。ただし、PowerShell スクリプトは内部設置型コンピューターで実行することができ、サポートされているオブジェクト (システム管理オブジェクト、データ層アプリケーション フレームワークなど) を使用して Microsoft Azure SQL データベースに接続できます。

  • Master Data Services

  • 変更データ キャプチャ

  • データ監査

  • データの圧縮

  • 拡張イベント

  • 共通言語ランタイム (CLR) を介した空間型およびメソッドの拡張

  • 外部キー管理/拡張キー管理

  • FILESTREAM データ

  • 統合されたフルテキスト検索

  • 大規模なユーザー定義集計 (UDA)

  • 大きなユーザー定義型 (UDT)

  • パフォーマンス データ コレクション (データ コレクター)

  • ポリシー ベースの管理

  • リソース ガバナー

  • SQL Server レプリケーション

  • 透過的なデータ暗号化

  • 共通言語ランタイム (CLR) および CLR ユーザー定義型

  • データベース ミラーリング

  • Service Broker

  • テーブル パーティション分割

  • 型指定された XML および XML インデックス作成はサポートされていません。XML データ型は Microsoft Azure SQL データベースでサポートされています。

  • バックアップと復元

  • レプリケーション

  • 拡張ストアド プロシージャ

  • SQL Server エージェント/ジョブ

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft