エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ALTER DATABASE (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「ALTER DATABASE」を参照してください。

データベースを変更します。データベースを変更するには、master データベースに接続する必要があります。

構文表記規則 (Azure SQL データベース)


ALTER DATABASE database_name 
{
    MODIFY NAME =new_database_name
  | MODIFY ( <edition_options> [, ... n] ) 
  | SET { <set_database_options> } 
}

<edition_options> ::= 
{
    ( MAXSIZE = {1 | 5 | 10 | 20 | 30 … 150} GB ) 
  | ( EDITION = {'web' | 'business'} )
}

<set_database_options> ::= 
    <db_update_option>

<db_update_option> ::=
    { READ_ONLY | READ_WRITE }
[;]

database_name
変更するデータベースの名前。

MODIFY NAME =new_database_name
データベースの名前を、new_database_name で指定した名前に変更します。

MODIFY (MAXSIZE = [1 | 5 | 10 | 20 | 30 … 150] GB)
データベースの最大サイズを指定します。最大サイズは、データベースの EDITION プロパティの有効な値を満たしている必要があります。Web Edition の場合、有効な MAXSIZE 値は 1 GB または 5 GB です。Business Edition の場合、50 GB までは 10 GB 間隔の値、それ以上は 50 GB 間隔の値が有効です。データベースの最大サイズを変更すると、データベース エディションも変更される可能性があります。

MAXSIZE の値が 1 GB または 5 GB に設定されている場合、EDITION が指定されなかったときには、データベース エディションは自動的に Web Edition に設定されます。

MAXSIZE が 10 GB 以上の値に設定されている場合、EDITION が指定されなかったときには、データベース エディションは自動的に Business Edition に設定されます。

MAXSIZE も EDITION も指定されなかった場合、サイズが 1 GB の Web Edition データベースが作成されます。

MODIFY (EDITION = ['web' | 'business'])
データベースのエディションを変更します。今回のリリースでは、Microsoft Microsoft Azure SQL データベース に 2 つのデータベース エディションが用意されています。Web Edition と Business Edition。データベースの MAXSIZE プロパティに設定された値が、該当するエディションでサポートされている有効な範囲を超えていると、エディションの変更は失敗します。

EDITION のみ指定し、MAXSIZE を指定しなかった場合、MAXSIZE は、そのエディションでサポートされる最も制限の厳しいサイズ (Web Edition は 1 GB、Business Edition は 10 GB) に設定されます。

<db_update_option> ::=
データベースで更新を許可するかどうかを制御します。

{ READ_ONLY | READ_WRITE }

READ_ONLY
ユーザーは、データベースのデータを読み取ることができますが、変更はできません。

READ_WRITE
データベースに対して読み取りおよび書き込み操作を行うことができます。

noteメモ
Azure SQL データベース フェデレーション データベースでは、SET { READ_ONLY | READ_WRITE } は無効です。

この構文ダイアグラムでは、Microsoft Azure SQL データベース でサポートされている引数およびオプションのみを説明します。

Microsoft Azure SQL データベース では、次の ALTER DATABASE オプションはサポートされません

  • <file_and_filegroup_options>:

    <add_or_modify_files>

    <filespec>

    <add_or_modify_filegroups>

    <filegroup_updatability_option>

  • 次の <set_database_options> のほとんど:

    <optionspec>

    <auto_option>

    <change_tracking_option>

    <cursor_option>

    <database_mirroring_option>

    <date_correlation_optimization_option>

    <db_encryption_option>

    <db_state_option>

    <db_user_access_option>

    <external_access_option>

    <parameterization_option>

    <recovery_option>

    <service_broker_option>

    <snapshot_option>

    <sql_option>

引数と ALTER DATABASE ステートメントの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「ALTER DATABASE」を参照してください。

データベースの作成後は、ALTER DATABASE ステートメントを使用して、データベースのエディション、名前、および最大サイズを変更できます。

MAXSIZE を使用して、データベースのサイズを制限することができます。データベースのサイズが MAXSIZE に達すると、エラー コード 40544 が発生します。このエラーが発生すると、データの挿入や更新、新しいオブジェクト (テーブル、ストアド プロシージャ、ビュー、関数など) の作成はできなくなります。ただし、データの読み取りと削除、テーブルの切り捨て、テーブルとインデックスの削除、インデックスの再構築については引き続き行うことができます。MAXSIZE を現在のデータベース サイズよりも大きな値に更新するか、データを一部削除して記憶領域を解放してください。新しいデータを挿入できるようになるまでに 15 分程度かかる場合があります。

同期のオフライン操作でデータベースのエディションまたは最大サイズを変更すると、既存の接続は切断されます。

Microsoft Azure SQL データベースには、Web Edition と Business Edition の 2 つのエディションが用意されています。Web エディションは、最大 5 GB のデータを格納するデータベースをサポートします。Business Edition は、最大 50 GB のデータを格納するデータベースをサポートします。

データベースの作成後にそのエディションを変更する必要がある場合は、ALTER DATABASE ステートメントの MODIFY 句を使用して、MAXSIZE とエディションを変更します。エディションと課金の詳細については、「Azure SQL データベースのアカウントと課金」を参照してください。

同様に、データベースの作成後は、ALTER DATABASE ステートメントの MODIFY NAME 句を使用して、データベースの名前を変更できます。名前変更の処理中は、データベースへの接続が解除される場合があります。

Important重要
ALTER DATABASE ステートメントを使用して名前を変更できるのはユーザー データベースだけです。master データベースの名前を変更することはできません。ALTER DATABASE ステートメントは、SQL バッチ内の唯一のステートメントである必要があります。ALTER DATABASE ステートメントを実行するときは、master データベースに接続している必要があります。

データベースを変更できるのは、サーバーレベル プリンシパル ログイン (プロビジョニング処理で作成されたもの) または dbmanager データベース ロールのメンバーのみです。

securityセキュリティ メモ
データベースの所有者は、dbmanager ロールのメンバーでない限り、データベースを変更することはできません。

表示:
© 2014 Microsoft