エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure SQL データベースのガイドラインと制限事項

更新日: 2014年4月

このセクションでは、Microsoft Azure SQL データベース を使用する際に注意する必要がある重要なガイドラインおよび制限事項について説明します。

Azure SQL データベース、SQL Server Data Tools、および SQL Server Management Studio で発生する一般的な問題の解決方法については、「データベース ライフ サイクル管理」を参照してください。

このセクションの内容

 

トピック 説明

Azure SQL データベースの一般的なガイドラインと制限事項

次のような一般的なガイドラインと制限事項について説明します。

  • ツールとテクノロジのサポート

  • Visual Studio のサポート

  • ドライバー、ライブラリ、およびプロトコルのサポート

  • データ移行のサポート

  • SQL Server エージェント/ジョブ

  • トランザクションのサポート

  • 行のバージョン管理に基づく分離レベル

  • SQL Server 照合順序のサポート

  • クラスター化インデックスの要件

  • データベースの数とサイズの制限

  • 名前付けに関する要件

  • 接続の制限

Azure SQL データベースのセキュリティのガイドラインと制限事項

Microsoft Azure SQL データベースでセキュリティを管理する際に考慮される、セキュリティ関連のガイドラインと制限事項について説明します。次の項目を扱います。

  • ファイアウォール

  • 暗号化と証明書の検証

  • 認証

  • ログインとユーザー

  • ベスト プラクティス

SQL Server の機能の制限 (Azure SQL データベース)

SQL Serverでサポートされない Microsoft Azure SQL データベース 機能の一部を示します。

フェデレーションのガイドラインと制限事項

フェデレーションに固有の制限事項を示します。

Important重要
フェデレーションの現在の実装は、Web およびビジネス サービス層と共に提供が終了します。最大限のスケーラビリティ、柔軟性、およびパフォーマンスを実現するためには、カスタム シャーディングの展開を検討してください。カスタム シャーディングの詳細については、「Azure SQL データベースのスケール アウト」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft