エクスポート (0) 印刷
すべて展開

CloudPageBlob.Delete メソッド

BLOB を削除します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient (Microsoft.WindowsAzure.StorageClient 内)

'使用
Dim instance As CloudBlob
Dim options As BlobRequestOptions

instance.Delete(options)

'宣言
Public Sub Delete ( _
	options As BlobRequestOptions _
)
public void Delete (
	BlobRequestOptions options
)
public function Delete (
	options : BlobRequestOptions
)

パラメーター

options

要求に対する追加オプションを指定するオブジェクト。

コンテナー内の BLOB を列挙し、各 BLOB とそのスナップショットを削除するコード例を次に示します。

static void DeleteBlobsAndSnapshots(Uri blobEndpoint, string accountName, string accountKey)
{
    CloudBlobClient blobClient = new CloudBlobClient(blobEndpoint, new StorageCredentialsAccountAndKey(accountName, accountKey));

    //Get a reference to the container.
    CloudBlobContainer container = blobClient.GetContainerReference("mycontainer");

    //Indicate that any snapshots should be deleted.
    BlobRequestOptions options = new BlobRequestOptions();
    options.DeleteSnapshotsOption = DeleteSnapshotsOption.IncludeSnapshots;

    //Specify a flat blob listing, so that only CloudBlob objects will be returned.
    //The Delete method exists only on CloudBlob, not on IListBlobItem.
    options.UseFlatBlobListing = true;

    //Enumerate through the blobs in the container, deleting both blobs and their snapshots.
    foreach (CloudBlob blob in container.ListBlobs(options))
    {
        Console.WriteLine(blob.Uri);
        blob.Delete(options);
    }
}

スナップショットが関連付けられている BLOB は、スナップショットも同時に削除しない限り削除できません。 BLOB にスナップショットが関連付けられている場合は、DeleteSnapshotsOption プロパティを使用して、BLOB を削除するときにスナップショットをどのように処理するかを指定します。

BLOB が存在しない場合、Delete メソッドは失敗します。 BLOB が存在する場合にのみその BLOB を削除するには、DeleteIfExists メソッドを使用します。


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft