エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

CloudPageBlob.SetMetadata メソッド

BLOB のメタデータを更新します。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.StorageClient (Microsoft.WindowsAzure.StorageClient 内)
'使用
Dim instance As CloudBlob
Dim options As BlobRequestOptions

instance.SetMetadata(options)
public:
void SetMetadata (
	BlobRequestOptions^ options
)
public void SetMetadata (
	BlobRequestOptions options
)
public function SetMetadata (
	options : BlobRequestOptions
)

パラメーター

options

要求に対する追加オプションを指定するオブジェクト。

BLOB にメタデータを書き込むコード例を次に示します。

static void WriteBlobMetadata(Uri blobEndpoint, string accountName, string accountKey)
{
    //Create service client for credentialed access to the Blob service.
    CloudBlobClient blobClient = new CloudBlobClient(blobEndpoint, new StorageCredentialsAccountAndKey(accountName, accountKey));

    //Return a blob reference.
    CloudBlob blob = new CloudBlob("mycontainer/myblob.txt", blobClient);
    //Write some text to the blob.
    blob.UploadText("this is a text blob");

    //Define some metadata for the blob.
    blob.Metadata["category"] = "images";
    blob.Metadata["owner"] = "azureix";

    //Write the metadata to the service.
    blob.SetMetadata();
}


SetMetadata メソッドは、BLOB の Metadata プロパティで指定されているメタデータ値を、サービスに書き込みます。 Metadata プロパティを設定しても、BLOB 参照のメタデータ値が設定されるだけです。メタデータ値をサービスに書き込むには、BeginSetMetadata または SetMetadata を呼び出す必要があります。


この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows 2000

対象プラットフォーム

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.