エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure SQL データベースのツールとユーティリティのサポート

更新日: 2014年4月

Microsoft Azure SQL データベース では、さまざまなツールやユーティリティを使用することができます。次の各セクションでは、このようなツールとユーティリティについて説明します。

Azure SQL データベース、SQL Server Data Tools、および SQL Server Management Studio で発生する一般的な問題の解決方法については、「データベース ライフ サイクル管理」を参照してください。

sqlcmd ユーティリティを使用すると、Transact-SQL ステートメント、システム プロシージャ、およびスクリプト ファイルを、コマンド プロンプト、sqlcmd モードのクエリ エディター、または Windows スクリプト ファイルで入力できます。sqlcmd は、内部設置型の SQL Server インスタンスで実行している SQL Server エージェント ジョブのオペレーティング システム (cmd.exe) ジョブ ステップで実行することもできます。sqlcmd ユーティリティでは、OLE DB を使用して Transact-SQL バッチを実行します。Microsoft Azure SQL データベース での sqlcmd の使用方法については、「sqlcmd を使用して Windows Azure SQL データベースに接続する方法」を参照してください。

メモ   sqlcmd ユーティリティは Azure SQL データベース でサポートされていますが、これに似た名前のユーティリティ osql はサポートされていません。

sqlcmd ユーティリティの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「sqlcmd ユーティリティ」を参照してください。

SQL Server 2008 R2 および SQL Server 2008 R2 Express 以降の SQL Server Management Studio を使用すると、Azure SQL データベース にアクセスして構成および管理を行うことができます。以前のバージョンの SQL Server Management Studio はサポートされていません。

SQL Server Management Studio には、グラフィック ツールと、機能の豊富な多くのスクリプト エディターが用意されており、これらを使用して開発者や管理者が SQL Server にアクセスできます。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「SQL Server Management Studio の使用」を参照してください。

Azure Platform Management Portal を使用すると、Azure SQL データベース サーバーの準備を行い、ログインを作成し、SQL データベース ファイアウォールを構成できます。さらに、サーバー内にユーザー データベースを作成することも、データ層アプリケーションのエクスポート ファイル (BACPAC) のエクスポートおよびインポートを行うこともできます。このポータルには、Azure SQL データベース サーバーの正常性をひとめで確認できるビューも用意されています。Azure Platform Management Portal の詳細については、「新しい管理ポータル」を参照してください。

Web ベースの Azure SQL データベース Management Portal を使用して、Azure SQL データベース およびデータ層アプリケーションを管理することができます。データベースの作成および削除を行うこともできます。データ層アプリケーション パッケージを配置することによってユーザー データベースを作成することも、既存のデータベースから DAC パッケージを抽出することもできます。このポータルでは、テーブル、ビュー、およびストアド プロシージャの設計と編集、Transact-SQL クエリの作成と実行など、基本的なデータベース管理作業がサポートされています。詳細については、「Management Portal for Azure SQL Database」を参照してください。

データ層アプリケーション (DAC) を使用すると、アプリケーションで使用されるデータ層スキーマおよびオブジェクトを収集して、DAC パッケージを作成することができます。個々のパッケージは、スキーマおよびオブジェクトの設計、配置、および管理を行うための 1 単位になります。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「データ層アプリケーションについて」を参照してください。

Azure SQL データベース では、DAC の削除、配置、抽出、登録、およびインプレース アップグレードがサポートされています。Azure SQL データベース では、データベースのスキーマおよびデータを DAC エクスポート ファイル (BACPAC) としてエクスポートする操作もサポートされています。DAC エクスポート ファイルは、別の Azure SQL データベース サーバーにインポートすることも、SQL Server データベース エンジンのインスタンスにインポートすることもできます。

DAC のエクスポートおよびインポートは、Azure Management Portal で行うことができます。SQL データベース Management Portal を使用すると、DAC パッケージの抽出および配置も行うことができます。

(以降) のクライアント ユーティリティを使用すると、Azure SQL データベース の DAC 操作をすべて実行できます。以前のバージョンの SQL Server または Microsoft Visual Studio のクライアント ユーティリティでは、エクスポートとインポートを除いて、Azure SQL データベース のすべての DAC 操作を行うことができます。

スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードを使用すると、ローカル コンピューターから Microsoft Azure SQL データベースにデータベースを転送できます。詳細については、「How to: Migrate a Database by Using the Generate Scripts Wizard」を参照してください。

スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードは、ローカル データベース用の Transact-SQL スクリプトを作成し、それを使用してデータベース オブジェクトを Microsoft Azure SQL データベースにパブリッシュします。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードの使用」を参照してください。

Microsoft Azure SQL データベース用の、新しいエンジンの種類のパラメーターがあります。データベースのスクリプトを作成していて、対象が Microsoft Azure SQL データベースである場合は、エンジンのパラメーターを SQL Database に設定し、スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードが Transact-SQLと互換性のある Microsoft Azure SQL データベース を作成するようにします。

Microsoft Azure SQL データベース SQL Server 2008 (Integration Services) を使用して、データを SSISに転送できます。

SQL Server 2008 R2 以降では、Microsoft SQL Server のインスタンスと Microsoft Azure SQL データベースの間でデータを転送するための一括コピーをサポートしています。

一括コピー ユーティリティ (BCP.exe) を使用して、データを Microsoft Azure SQL データベースに転送することができます。bcp ユーティリティは、ユーザー指定の形式に基づいて、SQL Server インスタンスとデータ ファイルとの間でデータの一括コピーを行います。bcp ユーティリティを使用すると、多数の新規行を SQL Server テーブルにインポートしたり、テーブルのデータをデータ ファイルにエクスポートしたりできます。

SQL Server 2008 R2 以降の bcp ユーティリティでは、queryout 引数がサポートされています。queryout 引数を使用する際には、必ず –d database_name argument 引数も指定してください。この引数を指定しないと、bcp ユーティリティが Azure SQL データベース に接続できません。

詳細については、SQL Server オンライン ブックの「bcp ユーティリティ」を参照してください。

SQL Server 2008 R2 以降では、内部設置型の Azure SQL データベース SQL Server を実行しているときに、Analysis Services をデータ ソースとして使用できます。

SQL Server 2008 R2 以降では、内部設置型の Azure SQL データベース SQL Server を実行しているときに、Reporting Services をデータ ソースとして使用できます。

SQL レポートの Customer Technology Preview も使用できます。Azure SQL レポートは、Microsoft Azure SQL データベース、SQL Server、および SQL Server Reporting Services テクノロジを基盤とした、クラウドベースのレポート サービスです。Azure SQL データベース データ ソースのデータを表示するレポートをパブリッシュ、表示、および管理することができます。

SQL Serverでは、Microsoft Azure SQL データベース 管理オブジェクト (SMO) の一部を使用できます。SMO の一部は、Management Studio が SQL データベース にアクセスできるようにするためだけに使用できます。これらのオブジェクトは、機能が制限されており、アプリケーションで使用するためのものではありません。使用できるのは、Microsoft.SqlServer.Management.Smo および Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser.Intellisense 名前空間の、以下のオブジェクトです。

 

Check

Index

Synonym

Column

IndexedColumn

Table

Database

Login

Trigger

DatabaseDdlTrigger

Schema

User

DatabaseRole

SystemDataType

UserDefinedDataType

DefaultConstraint

Server

UserDefinedFunction

ForeignKey

Statistic

UserDefinedTableType

ForeignKeyColumn

StatisticColumn

View

Parameter

StoredProcedure

サポートされていないオブジェクトを使用した場合は、SMO によって例外がスローされます。詳細については、「SMO 例外 (Azure SQL データベース)」を参照してください。

SQL Server 管理オブジェクト (SMO) の詳細については、SQL Server オンライン ブックの「SQL Server 管理オブジェクト (SMO)」を参照してください。

SQL Server Migration Assistant 2008 for Access Version 4.2 リリース以降の SSMA では、Microsoft Access スキーマとデータの Microsoft Azure SQL データベースへの移行が可能であり、Access 2010 データベースがサポートされるようになりました。

また、Microsoft SQL Server Migration Assistant 2008 for MySQL Version 1.0 では、MySQL スキーマとデータの Microsoft Azure SQL データベースへの移行が可能です。

SQL Server Migration Assistant (SSMA) の詳細については、SQL Server Web サイトの「SQL Server 2008 への移行」を参照してください。

Microsoft Access 2010 は、最新の SQL Server ODBC ドライバーと共に使用された場合、ODBC を通じての Microsoft Azure SQL データベースへの接続をサポートします。詳細については、TechNet Wiki の記事「Access 2010 と SQL Azure」および「Access データのクラウドへの移動」を参照してください。

PowerPivot for Excel は、Excel 2010 で強力なデータ分析を実行することによって、デスクトップにセルフサービス ビジネス インテリジェンス機能を提供するために使用できるアドオンです。PowerPivot for Excel には、データの追加と準備に使用できるウィンドウと、Excel ワークシートのデータの操作に使用できる Excel リボンの PowerPivot タブがあります。

PowerPivot for Excel には、Azure SQL データベース のデータをインポートするために使用できるウィザードも含まれています。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「PowerPivot for Excel」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft