エクスポート (0) 印刷
すべて展開

配置構成の変更

更新日: 2014年4月

Change Deployment Configuration 操作は、デプロイ構成に対する変更を開始します。

Change Deployment Configuration は非同期の操作です。管理サービスでこの要求の処理が終了したかどうかを確認するには、Get Operation Status を呼び出します。非同期操作の詳細については、「非同期サービス管理要求の追跡」を参照してください。

Change Deployment Configuration 要求は、次のように指定できます。デプロイの構成を変更するには、デプロイ環境 (ステージングまたは運用) を指定するか、デプロイの一意の名前を指定します。

要求の URI を生成するには、<subscription-id> をサブスクリプション ID で、<cloudservice-name> をクラウド サービスの名前で、<deployment-slot>staging または production で、<deployment-name> をデプロイの一意の名前でそれぞれ置き換えます。

 

メソッド 要求の URI HTTP のバージョン

POST

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<cloudservice-name>/deploymentslots/<deployment-slot>/

HTTP/1.1

POST

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<cloudservice-name>/deployments/<deployment-name>/

HTTP/1.1

 

URI パラメーター 説明

comp=config

必須。デプロイの構成を変更する必要があることを指定します。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

Content-Type

必須。このヘッダーには、application/xml を設定します。

x-ms-version

必須です。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。このヘッダーには、2009-10-01 以降のバージョンを設定する必要があります。バージョン管理ヘッダーの詳細については、「サービス管理のバージョン管理」を参照してください。

要求本文の形式は次のとおりです。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ChangeConfiguration xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsazure">
  <Configuration>base-64-encoded-configuration-file</Configuration>
  <TreatWarningsAsError>warnings-as-errors</TreatWarningsAsError>
  <Mode>type-of-change</Mode>
  <ExtendedProperties>
    <ExtendedProperty>
      <Name>property-name</Name>
      <Value>property-value</Value>
    </ExtendedProperty>
  </ExtendedProperties>
  <ExtensionConfiguration>
    <AllRoles>
      <Extension>
        <Id>identifier-of-extension</Id>
      </Extension>
      ...
    </AllRoles>
    <NamedRoles>
      <Role>
        <RoleName>role_name1</RoleName>
        <Extensions>
          <Extension>
            <Id>identifier-of-extension</Id>
          </Extension>
          ...
        </Extensions>
      </Role>
    </NamedRoles>
  </ExtensionConfiguration>
</ChangeConfiguration>

Important重要
要求本文の要素の順序は重要です。ある要素が必須の場合、その要素は、前に示した順序で XML 内に記述する必要があります。

要求本文の主な要素を次の表に示します。

 

要素名 説明

Configuration

必須。デプロイの Base 64 エンコード サービス構成ファイルを指定します。

TreatWarningsAsError

省略可能。警告をエラーと見なすかどうかを指定します。

次のいずれかの値になります。

  • true

  • false

値を指定しない場合は、既定値 false が使用されます。true に設定されている場合、警告が発生すると更新がブロックされます。

TreatWarningsAsError 要素は、バージョン 2011-04-01 以上を使用している場合のみ使用できます。

Mode

省略可能。次のいずれかの値になります。

  • Auto

  • Manual

  • Simultaneous

値を指定しない場合は、既定値 Auto が使用されます。Manual に設定されている場合、更新を適用するには WalkUpgradeDomain を呼び出す必要があります。Auto に設定した場合、更新はサービスの各更新ドメインに自動的に適用されます。

Mode 要素は、バージョン 2011-08-01 以上を使用している場合のみ使用できます。

Simultaneous 設定は、バージョン 2012-12-01 以上でのみ使用できます。

Name

省略可能。クラウド サービスの拡張プロパティの名前を表します。各拡張プロパティには、定義済みの名前と値の両方が必要です。拡張プロパティの名前と値のペアは最大 25 組使用できます。

Name 要素の最大長は 64 文字です。名前には英数字とアンダースコアのみが有効であり、名前の先頭にはアルファベットを使用する必要があります。他の文字を使用しようとした場合、先頭がアルファベット以外の文字の場合、または同じクラウド サービスが所有する別の拡張プロパティの名前と同一の名前を入力した場合は、ステータス コード 400 (Bad Request) のエラーが発生します。

Name 要素は、バージョン 2012-03-01 以上を使用している場合のみ使用できます。

省略可能。クラウド サービスの拡張プロパティの値を表します。各拡張プロパティには、定義済みの名前と値の両方が必要です。拡張プロパティの名前と値のペアは最大 25 組使用できます。各拡張プロパティ値の最大長は 255 文字です。

拡張プロパティを削除するには、値を NULL に設定します。

Value 要素は、バージョン 2012-03-01 以上を使用している場合のみ使用できます。

ExtensionConfiguration

省略可能。クラウド サービスに追加された拡張機能を表します。Windows Azure では、プロセスはクラウド サービスの拡張機能として実行できます。たとえば、リモート デスクトップ アクセスまたは Windows Azure 診断エージェントは、クラウド サービスの拡張機能として実行できます。構成の変更中に拡張機能をデプロイに追加する前に、拡張機能の追加 を使用して拡張機能をクラウド サービスに追加する必要があります。

ExtensionConfiguration 要素は、バージョン 2013-03-01 以上を使用している場合のみ使用できます。

クラウド サービスに追加された拡張機能を表します。

 

要素名 説明

AllRoles

省略可能。デプロイ内のすべてのロールに適用される拡張機能のリストを指定します。

Extension

必須。クラウド サービスのロールにデプロイされる拡張機能を表します。

NamedRoles

省略可能。デプロイの特定のロールに適用される拡張機能のリストを指定します。

クラウド サービスのロールにデプロイされる拡張機能を表します。

 

要素名 説明

ID

必須。拡張機能の識別子。識別子は、クラウド サービスに拡張機能が追加されると作成されます。クラウド サービスに追加された拡張機能の ID は、拡張機能の一覧表示 を使用して検索できます。

デプロイの特定のロールに適用される拡張機能のリストを指定します。

 

要素名 説明

ロール

必須。拡張機能が追加される特定のロールを表します。

RoleName

必須。ロールの名前を指定します。

Extension

必須。クラウド サービスのロールにデプロイされる拡張機能を表します。

応答には HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

Change Deployment Configuration は非同期操作であるため、操作が正常に終了したか、失敗したか、または処理中かを確認するには、Get Operation Status を呼び出す必要があります。

Change Deployment Configuration は非同期操作であるため、常にステータス コード 202 (Accept) を返します。操作が正常に終了した後のステータス コードを確認するには、Get Operation Status を呼び出します。ステータス コードは、この操作の応答に埋め込まれます。正常に終了した場合、ステータス コードは 200 (OK) となります。ステータス コードの詳細については、「サービス管理のステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には次のヘッダーが含まれます。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。すべての標準ヘッダーは HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

x-ms-request-id

管理サービスに対して行われた要求を一意に識別する値。非同期操作の場合は、このヘッダーの値を指定して Get Operation Status を呼び出して、操作が正常に終了したか、失敗したか、または処理中かを確認できます。詳細については、「非同期サービス管理要求の追跡」を参照してください。

なし。

この操作の認証には、<subscription-id> で指定されたサブスクリプションに関連付けられている管理証明書を使用できます。詳細については、「サービス管理要求の認証」を参照してください。

なし。

表示:
© 2014 Microsoft