エクスポート (0) 印刷
すべて展開

CREATE LOGIN (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、「SQL 14 Transact-SQL リファレンス」でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「CREATE LOGIN」を参照してください。

Microsoft Microsoft Azure SQL データベースに新しいデータベース ログインを作成します。ログインを作成するには、master データベースに接続する必要があります。

構文表記規則 (Azure SQL データベース)


CREATE LOGIN login_name { WITH <option_list1> }

<option_list1> ::= 
    PASSWORD = { 'password' }
        

この構文ダイアグラムでは、Microsoft Azure SQL データベースでサポートされている引数およびオプションを示します。

Microsoft Azure SQL データベースでは、CREATE LOGIN ステートメントを使用する場合、次の引数とオプションがサポートされません

  • hashed_password

  • MUST_CHANGE オプション

  • <option_list2> オプション:

    • SID

    • DEFAULT_DATABASE

    • DEFAULT_LANGUAGE

    • CHECK_EXPIRATION

    • CHECK_POLICY

    • CREDENTIAL

これらの引数と CREATE LOGIN ステートメントの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「CREATE LOGIN」を参照してください。

Microsoft Azure SQL データベースへの接続方法 (sqlcmd など) によっては、接続文字列内のログイン名に、<login>@<server> という表記で Azure SQL データベース のサーバー名を追加する必要があります。たとえば、ログインが login1 で、Azure SQL データベース サーバーの完全修飾名が servername.database.windows.net である場合、接続文字列の username パラメーターは login1@servername のようにする必要があります。

username パラメーターの文字数の合計は 128 文字であるため、login_name の最大文字数は、127 文字からサーバー名の文字数を差し引いた値となります。この例では、servername が 10 文字であるため、login_name の最大文字数は 117 文字です。

SQL Server ルールにより、<ログイン名>@<サーバー名> の形式で SQL Server 認証ログインを作成できます。SQL Azure サーバーが myazureserver、ログインが myemail@live.com の場合、myemail@live.com@myazureserver としてログインを指定する必要があります。

Important重要
CREATE LOGIN ステートメントは、SQL バッチ内の唯一のステートメントである必要があります。

新しいログインを作成できるのは、master データベースのサーバーレベル プリンシパル ログイン (プロビジョニング処理で作成されたもの) または loginmanager データベース ロールのメンバーのみです。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft