エクスポート (0) 印刷
すべて展開

REVOKE (データベースの権限の取り消し) (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「REVOKE (データベースの権限の取り消し)」を参照してください。

データベースに対して許可および拒否された権限を取り消します。

構文表記規則 (Azure SQL データベース)


REVOKE [ GRANT OPTION FOR ] <permission> [ ,...n ]  
    { TO | FROM } <database_principal> [ ,...n ] 
    [ CASCADE ]
    [ AS <database_principal> ]

<permission> ::=  permission | ALL [ PRIVILEGES ]

<database_principal> ::= Database_user 
    | Database_role 
    | Database_user_with_no_login

この構文ダイアグラムでは、Microsoft Microsoft Azure SQL データベースでサポートされている引数およびオプションを示します。

Microsoft Azure SQL データベースでは、この REVOKE ステートメントを使用する場合に次のオプションがサポートされません

  • <database_principal> オプション:

    • Application_role

    • Database_user_mapped_to_Windows_User

    • Database_user_mapped_to_Windows_Group

    • Database_user_mapped_to_certificate

    • Database_user_mapped_to_asymmetric_key

この引数と REVOKE ステートメントの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「REVOKE (データベースの権限の取り消し)」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft