エクスポート (0) 印刷
すべて展開

OneDrive でのアプリ開発

目的

OneDrive は、すべてのユーザー情報、ファイル、フォルダーを格納できるクラウドベースのストレージ ソリューションとして使うことができます。 ユーザーがファイルや写真、動画をデバイスから OneDrive にアップロードすれば、PC、Mac、タブレットや携帯電話を使ってどこからでもそれらのファイルにアクセスすることができます。OneDrive で動作するアプリを開発すれば、ユーザーはどこでも簡単にファイルにアクセスしたり管理、共有できるようになります。たとえば、以下のようなことが可能になります。

  • 自動的に写真や動画をアプリから OneDrive にアップロードする。
  • OneDrive のファイルと共有しているファイルをすべて参照する。
  • メールでリンクを送るか、コピーして貼り付けることができるリンクを取得してファイルを共有する。
  • ファイルの移動や削除、名前の変更や、新しいフォルダーの作成。
  • アプリから OneDrive のファイルを開く。
  • ユーザーが最近開いたドキュメントにすばやくアクセスする。

ここでは、OneDrive を Windows、Windows Phone、iOS、または Android アプリに統合する方法について説明します。

 

 

表示:
© 2014 Microsoft