エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Azure Backup での DPM の構成

更新日: 2014年4月

System Center 2012 - Data Protection Manager (DPM) をディスクまたはオンプレミスのセカンダリ サーバーにバックアップする代わりに、Windows Azure Backup を使用して、System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) および System Center 2012 R2 内の DPM で、DPM サーバーおよびサーバーによって保護されているデータをクラウドにバックアックできます。

これには次のような利点があります。

  • コストの削減- Windows Azure Backup サービスは、スケーラビリティ、柔軟性、単純化されたストレージ管理を提供することで、顧客の総保有コスト (TCO) の削減に役立ちます。

  • 安心感- Windows Azure Backup サービスは、信頼性と安全性に優れた、堅牢な短期間のオフサイト バックアップと可用性の高い復元ソリューションが提供されます。

  • 簡単- Windows Azure Backup ワークフローは、既存の DPM バックアップ、復旧、および監視ワークフローにシームレスに統合されます。

Windows Azure Backup は、DPM のディスク ベース保護機能と連携します。オンライン保護を有効にすると、ディスク ベース レプリカがオンラインの場所にバックアップされます。

DPM バックアップを Windows Azure Backup に構成するには、次の手順を実行します。

表示:
© 2014 Microsoft