エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

Service Bus のサンプル

更新日: 2014年4月

Windows Azure Service Bus サンプルでは、Service Bus および Service Bus for Windows Server の機能の使用方法を示しています。サンプルをダウンロードするには、Azure SDK サンプルのページにアクセスします。このトピックでは、利用可能なサンプルを分類し、その説明と共にサンプルへのリンクを示しています。

note
既定では、Windows Azure Service Bus のサンプルは、SDK と共にインストールされません。サンプルを入手するには、Azure SDK サンプルのページにアクセスします。

Service Bus 仲介型メッセージング

次のサンプルは、Service Bus を使用するアプリケーションの記述方法を示しています。

仲介型メッセージングのサンプルでは、ご使用の Service Bus サービスの名前空間 にアクセスするための接続文字列が必要です。

Azure Service Bus の接続文字列を取得するには

  1. Azure 管理ポータルにログオンします。

  2. 左側のウィンドウで、[Service Bus] をクリックします。

  3. 一覧でご使用の サービスの名前空間 の名前クリックします。

  4. [接続情報] をクリックします。[接続情報にアクセス] ダイアログ ボックスで、接続文字列をクリップボードにコピーします。

  5. 接続文字列をサンプルの App.config ファイルに貼り付けます。

Service Bus For Windows Server の接続文字列を取得するには

  1. 次の PowerShell コマンドレットを実行します。

    get-sbClientConfiguration
    
  2. 接続文字列をサンプルの App.config ファイルに貼り付けます。

はじめに●はじめに○

これらのサンプルでは、基本的なメッセージングおよびリレー機能を説明します。

 

サンプル名 説明 最小 SDK バージョン 利用方法

イントロダクション:キューのメッセージング

Windows Azure Service Bus を使用してキューからメッセージを送受信する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

イントロダクション:トピックのメッセージング

Windows Azure Service Bus を使用して、複数のサブスクリプションを持つトピックからメッセージを送受信する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

機能の詳細

次のサンプルは、Service Bus のさまざまな機能を示しています。

 

サンプル名 説明 最小 SDK バージョン 利用方法

HTTP トークン プロバイダー

Service Bus を使用して HTTP/REST クライアントをさまざまな方法で認証する方法を示します。

2.1

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Service Bus HTTP クライアント

HTTP/REST 経由で Service Bus とメッセージの送受信を行う方法を示します。

2.3

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Service Bus の自動転送

キュー、サブスクリプション、配信不能キューから、他のキューやトピックに自動的にメッセージを転送する方法を示します。また、転送キュー経由でキューやトピックにメッセージを送信する方法についても説明します。

2.3

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:WCF チャンネル セッションのサンプル

Windows Communication Foundation (WCF) チャネルを使用して Windows Azure Service Bus を使用する方法を示します。このサンプルでは、WCF チャネルを使用して、Service Bus キューを介してメッセージを送受信します。このサンプルは、Service Bus でのセッションおよび非セッションの通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:トランザクション

大量のメッセージング操作が自動的にコミットされるように、トランザクション スコープ内で Windows Azure Service Bus メッセージング機能を使用する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:REST を使用した管理操作

REST を使用して Service Bus で管理操作を実行する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

リソース プロバイダー REST API

新しい Service Bus RDFE REST API を使用して名前空間とメッセージング エンティティを管理する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:WCF サービス セッションのサンプル

WCF サービス モデルを使用して Windows Azure Service Bus を使用する方法を示します。このサンプルでは、WCF サービス モデルを使用して、Service Bus キューを介してセッション ベースの通信を実行します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:要求応答

Windows Azure Service Bus および要求/応答機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、Service Bus キューを介した単純なクライアントとサーバーの通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:配信不能キュー

Windows Azure Service Bus およびメッセージングの "配信不能キュー" 機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、Service Bus キューを介した単純な送信側と受信側の通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:Deferred Messages を参照してください。

Windows Azure Service Bus のメッセージ遅延機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、Service Bus キューを介した単純な送信側と受信側の通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:セッション メッセージ

Windows Azure Service Bus およびメッセージング セッション機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、Service Bus キューを介した単純な送信側と受信側の通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:要求応答トピック

Windows Azure Service Bus のトピックとサブスクリプションを使用して、要求/応答のパターンを実装する方法を示します。このサンプルでは、Service Bus トピックを介した単純なクライアントとサーバーの通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:要求応答キュー

Windows Azure Service Bus および要求/応答機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、2 つの Service Bus キューを介した単純なクライアントとサーバーの通信を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:重複の検出

キューと共に Windows Azure Service Bus の重複メッセージ検出機能を使用する方法を示します。このサンプルでは 2 つのキューを作成し、1 つは重複検出を有効にし、もう 1 つでは重複検出を使用しません。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:同期メッセージング

Windows Azure Service Bus を使用してキューから非同期的にメッセージを送受信する方法を示します。このキューは、送信側と任意の数の受信側 (ここでは 1 つ) の間で分離された、非同期通信を提供します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:高度なフィルター

Windows Azure Service Bus を使用して高度なフィルターをパブリッシュ/サブスクライブする方法を示します。このサンプルでは、複数のフィルター定義を使用してトピックと 3 つのサブスクリプションを作成し、メッセージをトピックに送信し、サブスクリプションからすべてのメッセージを受信します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Brokered Messaging:メッセージ プリフェッチ

Windows Azure Service Bus のメッセージ プリフェッチ機能を使用する方法を示します。このサンプルでは、受信時にメッセージ プリフェッチ機能を使用する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

Service Bus リレー

Service Bus リレーを示すサンプル。

はじめに●はじめに○

 

サンプル名 説明 最小 SDK バージョン 利用方法

リレー型メッセージング: Azure

Windows Azure で Windows Azure Service Bus クライアントおよびサービスを実行する方法を示します。このサンプルでは、プログラムによって Service Bus を構成します。設定ファイルには、環境情報とセキュリティ情報のみが格納されます。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージング認証:共有シークレット

発行者名と発行者のシークレットを使用して Service Bus で認証する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージング認証:WebNoAuth

クライアント ユーザー認証を必要としない HTTP サービスの公開方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:WebHttp

Web プログラミング モデルを使用して、WebHttpRelayBinding バインディングでバイナリ データを返す方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:NetTcp リレー

NetTcpRelayBinding バインディングの使用方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

機能の詳細

Service Bus リレーを示すサンプル。

 

サンプル名 説明 最小 SDK バージョン 利用方法

リレー型メッセージング認証:Simple WebToken

単純な Web トークンを使用して、Service Bus で認証する方法を示します。このサンプルは、Echo サンプルに似ていますが、いくつかの点が異なります。具体的には、このサンプルでは、ServiceHost (サービス) および ChannelFactory (クライアント) アプリケーションでビヘイビアーを追加します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージング:負荷分散

Windows Azure Service Bus を使用して複数の受信側にメッセージをルーティングする方法を示します。NetTcpRelayBinding バインディングを介してクライアントと通信する簡単なサービスの複数のインスタンスを示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:Net イベント

Windows Azure Service Bus で NetEventRelayBinding バインディングを使用する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:WS2007Http セッション

信頼できるセッションを有効にして WS2007HttpRelayBinding バインディングを使用する方法を示します。また、プログラムによってではなく、構成ファイルで Service Bus 資格情報を指定する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:WS2007Http MsgSecCertificate

WS2007HttpRelayBinding バインディングとメッセージ セキュリティを使用して、エンドツーエンドでメッセージを保護しながら、クライアントに Service Bus での認証を要求する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージング:メタデータ交換

リレー バインディングを使用するメタデータ エンドポイントを公開する方法を示します。MetadataExchange は、次のリレー バインドでサポートされます。NetTcpRelayBindingNetOnewayRelayBindingBasicHttpRelayBinding、および WS2007HttpRelayBinding

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:NetTcp Direct

最初にリレーされる接続を確立し、可能であれば、クライアントとサービス間の直接接続に自動的に切り替える、ハイブリッド接続モードをサポートするように、NetTcpRelayBinding バインディングを構成する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:NetTcp MsgSec ユーザー名

メッセージ セキュリティと共に NetTcpRelayBinding バインディングを使用する方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:Net Oneway

NetOnewayRelayBinding バインディングを使用したサービス エンドポイントの公開方法と使用方法を示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

リレー型メッセージングのバインド:WS2007Http Simple

WS2007HttpRelayBinding バインディングの使用方法を示します。セキュリティ オプションを使用せず、クライアントに認証を要求しない簡単なサービスを示します。

1.8

Windows Azure Service Bus

Service Bus リファレンス ツール

次のサンプルは、サービスのさまざまな機能を示しています。

 

サンプル名 説明 最小 SDK バージョン 利用方法

Service Bus エクスプローラー

Service Bus エクスプローラーによって、ユーザーは Service Bus サービスの名前空間 に接続し、簡単にメッセージング エンティティを管理できます。このツールには、インポート/エクスポート機能や、メッセージング エンティティとリレー サービスをテストする機能など、高度な機能が用意されています。

1.8

Windows Azure Service Bus; Service Bus for Windows Server

認証:SBAzTool

このサンプルでは、Service Bus で使用するためのサービス ID を Windows Azure Active Directory アクセス制御 (アクセス制御サービスまたは ACS) で作成および管理する方法を示します。

N/A

Windows Azure Service Bus

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.