エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ルーティングとリモート アクセス サービス用テンプレート

更新日: 2014年4月

次のテンプレートは Windows Server 2012 のルーティングとリモート アクセス サービス用です。使用できるすべてのデバイス テンプレートの一覧については、「Informationen zu VPN-Geräten für virtuelle Netzwerke」を参照してください。ルーティングとリモート アクセスの使用方法の詳細については、「クラウドでのリモート アクセスの展開」と「SSTP リモート アクセス ステップ バイ ステップ ガイド: 展開」を参照してください。

Windows PowerShell スクリプトのテンプレートであり、動的ルーティングのガイドラインとして使用します。目的の環境に合わせて必要に応じてスクリプトを変更します。

# Microsoft Corporation
# Windows Azure Virtual Network

# This configuration template applies to Microsoft RRAS running on Windows Server 2012.
# This configuration template configures an IPSec VPN tunnel used to connect your on-premises VPN device with the Windows Azure Virtual Network gateway.

# !!! In this version, the following support restrictions apply for RRAS:
# !!! 1. Only IKEv2 is currently supported
# !!! 2. Only route-based VPN configuration is supported.

# Install RRAS role
Import-Module ServerManager
Install-WindowsFeature RemoteAccess -IncludeManagementTools
Add-WindowsFeature -name Routing -IncludeManagementTools

# !!! NOTE: You may be required to reboot before continuing on with the script.

# Install S2S VPN
Import-Module RemoteAccess
Install-RemoteAccess -VpnType VpnS2S

# Add S2S VPN interface
Add-VpnS2SInterface -Protocol IKEv2 -AuthenticationMethod PSKOnly -NumberOfTries 3 -ResponderAuthenticationMethod PSKOnly -Name <SP_AzureGatewayIpAddress> -Destination <SP_AzureGatewayIpAddress> -IPv4Subnet @("<SP_AzureNetworkCIDR>:<SP_AzureNetworkMetric>") -SharedSecret <SP_PresharedKey>

# Restart the RRAS service
Restart-Service RemoteAccess

# Dial-in to Azure gateway (optional)
#Connect-VpnS2SInterface -Name <SP_AzureGatewayIpAddress> 

Important重要
静的ルーティングの構成はサポートされていません。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft