エクスポート (0) 印刷
すべて展開
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

LocalResourceGetRootPath

更新日: 2010年6月

ローカル ストレージ リソースのルート ファイル パスを返します。


STDAPI LocalResourceGetRootPath(__in LPLOCALRESOURCE plrc,__out_ecount(cchDest) LPTSTR pszDest,__in size_t cchDest,__out_opt size_t *pcchRequiredDestSize);

パラメーター

plrc
必須です。 RoleEnvironmentGetLocalResource 関数の呼び出しから返されたローカル ストア リソースへのポインター。

pszDest
必須です。 ローカル ストア リソースのファイル パスを書き込むバッファー。

cchDest
必須です。 pszDest バッファーの最大サイズ。

pcchRequiredDestSize
省略可能です。 現在のバッファーが小さすぎる場合は、pszDest バッファーの必要サイズが含まれます。

SUCCEEDED マクロを使用して、LocalResourceGetRootPath 関数の呼び出しが正常に終了したか失敗したかを確認します。

cchDest の値が小さすぎるため呼び出しが失敗した場合、LocalResourceGetRootPath 関数は定数 ROLEMANAGER_E_INSUFFICIENT_BUFFER を返します。

詳細については、「リターン コード」を参照してください。

なし。

 

ヘッダー ファイル

ServiceRuntime.h

インポート ライブラリ

<Windows Azure SDK インストール ディレクトリ>\lib\x64\mswasr.lib

<Windows Azure SDK インストール ディレクトリ>\lib\x86\mswasr.lib

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.