エクスポート (0) 印刷
すべて展開

スキーマ リファレンス

更新日: 2014年8月

サービスには、以下の 2 種類の構成ファイルが必要となります。これらの構成ファイルは、XML ファイルです。

  • サービス モデルについて説明するサービス定義ファイル。このファイルでは、サービスおよびエンドポイントに含まれるロールを定義し、それぞれのロールの構成設定を宣言します。サービス定義ファイルの既定の拡張子は .csdef です。

  • 各ロールにデプロイするインスタンスの数を指定し、サービス定義ファイルで宣言された任意の構成設定の値を指定するサービス構成ファイル。サービス構成ファイルの既定の拡張子は .cscfg です。

仮想ネットワークの使用または診断の構成に対して、必要に応じて以下のファイルも使用できます。

  1. 仮想ネットワーク構成設定を記述するネットワーク構成ファイル。既定の拡張子は .netcfg です。

  2. 診断モニターを初期化するために使用する値を記述する診断構成ファイル。ファイルの名前は diagnostics.wadcfg です。

この参照は、各ファイルのスキーマを記述します。

表示:
© 2014 Microsoft