エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PointerPoint Class

単一マウス、ペン/スタイラス、またはタッチ接触と関連付けられる入力ポインターに基本的なプロパティを提供します。

ほとんどの場合、選択した Windows 8 の言語フレームワーク (JavaScript を使用する Windows ストア アプリケーション、C++、C#、または Visual Basic を使用する Windows ストア アプリケーション、または C++ の DirectX を使用する Windows ストア アプリケーション) のポインター イベント ハンドラーを経由してポインター情報を取得することをお勧めします。

イベント引数がアプリで必要になるポインターの詳細を公開していない場合は、getCurrentPoint メソッドおよび getIntermediatePoints メソッド、または currentPoint プロパティおよび intermediatePoints プロパティによってイベント引数から拡張ポインター データへのアクセスを取得できます。ポインター データのコンテキストを指定できるため、getCurrentPoint メソッドおよび getIntermediatePoints メソッドを使用することをお勧めします。

静的な PointerPoint メソッドである GetCurrentPoint および GetIntermediatePoints では、常にアプリのコンテキストが使用されます。

構文


var pointerPoint = Windows.UI.Input.PointerPoint;

属性

[MarshalingBehavior(None)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

PointerPointクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The PointerPoint クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
GetCurrentPoint(UInt32) Retrieves position and state information for the specified pointer.
GetCurrentPoint(UInt32, IPointerPointTransform) Retrieves the transformed information for the specified pointer.
GetIntermediatePoints(UInt32) Retrieves position and state information for the specified pointer, from the last pointer event up to and including the current pointer event.
GetIntermediatePoints(UInt32, IPointerPointTransform) Retrieves the transformed position and state information for the specified pointer, from the last pointer event up to and including the current pointer event.

 

プロパティ

PointerPointクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

FrameId

読み取り専用Gets the ID of an input frame.

IsInContact

読み取り専用Gets a value that indicates whether the physical entity (touch, pen/stylus, or mouse button) is pressed down.

PointerDevice

読み取り専用Gets information about the device associated with the input pointer.

PointerId

読み取り専用Gets a unique identifier for the input pointer.

Position

読み取り専用Gets the location of the pointer input in client coordinates.

Properties

読み取り専用Gets extended information about the input pointer.

RawPosition

読み取り専用Gets the raw location of the pointer input in client coordinates.

Timestamp

読み取り専用Gets the time when the input occurred.

 

解説

PointerPoint クラスは IPointerPoint を実装します。

Properties を通じてアクセスできる拡張プロパティについては、「PointerPointProperties」を参照してください。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッド処理とマーシャリング (C++/CX)」および「Using Windows Runtime objects in a multithreaded environment (.NET) (マルチスレッド環境での Windows ランタイム オブジェクトの使用 (.NET))」を参照してください。

次の例では、PointerPoint オブジェクトを使用してさまざまなポインターのプロパティを問い合わせます。


// Get extended pointer data.
function queryPointer(e) {
    // We get the extended pointer info through the getCurrentPoint method
    // of the event argument. (We recommend using getCurrentPoint 
    // to ensure the coordinate space is in relation to the target.)
    // Note: getCurrentPoint and currentPoint are only available in the 
    // local compartment, they are not available in the web compartment.
    var pt = e.getCurrentPoint(e.currentTarget);
    var ptTargetProperties = pt.properties;

    var details = "Pointer Id: " + e.pointerId;
    switch (e.pointerType) {
        case "mouse":
            details += "\nPointer type: mouse";
            details += "\nLeft button: " + ptTargetProperties.isLeftButtonPressed;
            details += "\nRight button: " + ptTargetProperties.isRightButtonPressed;
            details += "\nWheel button: " + ptTargetProperties.isMiddleButtonPressed;
            details += "\nX1 button: " + ptTargetProperties.isXButton1Pressed;
            details += "\nX2 button: " + ptTargetProperties.isXButton2Pressed;
            break;
        case "pen":
            details += "\nPointer type: pen";
            if (pt.isInContact) {
                details += "\nPressure: " + ptTargetProperties.pressure;
                details += "\nrotation: " + ptTargetProperties.rotation;
                details += "\nTilt X: " + ptTargetProperties.tiltX;
                details += "\nTilt Y: " + ptTargetProperties.tiltY;
                details += "\nBarrel button pressed: " + ptTargetProperties.isBarrelButtonPressed;
            }
            break;
        case "touch":
            details += "\nPointer type: touch";
            details += "\nPressure: " + ptTargetProperties.pressure;
            details += "\nrotation: " + ptTargetProperties.rotation;
            details += "\nTilt X: " + ptTargetProperties.tiltX;
            details += "\nTilt Y: " + ptTargetProperties.tiltY;
            break;
        default:
            details += "\nPointer type: " + "n/a";
            break;
    }
    details += "\nPointer location (target): " + e.offsetX + ", " + e.offsetY;
    details += "\nPointer location (screen): " + e.screenX + ", " + e.screenY;

    return details;
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.UI.Input
Windows::UI::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

参照
Windows.UI.Input クラス
Windows.Devices.Input
Windows.UI.Core
Windows.UI.Input
Windows.UI.Input.Inking
Windows.UI.Xaml.Input
TypedEventHandler
概念
ユーザー操作に対する応答
共通ユーザー操作のためのガイドライン
Developing Windows Store apps (JavaScript and HTML) (Windows ストア アプリの開発 (JavaScript および HTML))
JavaScript での Windows ランタイムの使用
タッチ操作の設計
サンプル (DOM)
HTML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
入力: DOM ポインターのイベント処理サンプル
入力: インスタンス化可能なジェスチャのサンプル
サンプル (Windows ストア アプリ API)
入力: デバイス機能のサンプル
入力: インクのサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (JavaScript) のサンプル
入力: 簡略化されたインクのサンプル
入力: Windows 8 ジェスチャのサンプル
入力: XAML ユーザー入力イベントのサンプル
XAML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
サンプル (DirectX)
DirectX のタッチ入力のサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (C++) のサンプル
入力: タッチのヒット テストのサンプル
サンプル (Win32/デスクトップ)
入力ソース特定サンプル
タッチ挿入のサンプル
Win32 タッチのヒットテストのサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft