エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

CoreApplication Class

アプリが状態の変更の処理、ウィンドウの管理、およびさまざまな UI フレームワークとの統合を実行できるようにします。

構文


public static class CoreApplication

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Muse()]
[Version(0x06020000)]
[WebHostHidden()]

メンバー

CoreApplicationクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

CoreApplicationクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
Exiting Occurs when the app is shutting down.
Resuming Occurs when an app is resuming.
Suspending Occurs when the app is suspending.
UnhandledErrorDetected Occurs when there is an underlying error that is routed to the CoreApplication instance, as part of global error handling logic.

 

メソッド

The CoreApplication クラス には次のメソッドがあります。 また、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
CreateNewView() Creates a new view for the app.
CreateNewView(String, String) Creates a new view for the app.
DecrementApplicationUseCount Decrements the total count of running app instances that use this CoreApplication instance.
Exit Shuts down the app. Do not use this method to shut down an app outside of testing or debugging scenarios.
GetCurrentView Gets the active view for the app.
IncrementApplicationUseCount Increments the total count of running app instances that use this CoreApplication instance.
Run Runs an external view provider factory to obtain a view provider.
RunWithActivationFactories Runs an activatable type factory to obtain an external activatable type.

 

プロパティ

CoreApplicationクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Id

読み取り専用Gets the package-relative app identifier (PRAID) for the process.

MainView

読み取り専用Gets the main CoreApplicationView instance for all running apps that use this CoreApplication instance.

Properties

読み取り専用Gets a property set that the app and UI frameworks can use to store info while the process is running.

Views

読み取り専用Gets all views for the app.

 

解説

アプリケーションを実行するときに、システムによりシングルトンとしてこのオブジェクトが作成されます。これは、アプリケーション シングルスレッド アパートメント (ASTA) として実行されます。ビュー プロバイダーのようなアプリケーションのシングルトンで作成されたスレッド (以下の例を参照) には、マルチスレッド アパートメント (MTAThread) として属性を適用する必要があります。


ref class MyFrameworkViewSource : IFrameworkViewSource
{
public:
    virtual IFrameworkView^ CreateView()
    {
        return ref new MyFrameworkView();
    }
};

// ...

[Platform::MTAThread]
int main(Platform::Array<Platform::String^>^)
{
    auto frameworkViewSource = ref new MyFrameworkViewSource();
    Windows::ApplicationModel::Core::CoreApplication::Run(frameworkViewSource);
    return 0;
}

Windows Phone 8

この API は常に使用できる Properties プロパティを除き、ネイティブ アプリでのみサポートされます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [ネイティブ アプリケーションのみ]

名前空間

Windows.ApplicationModel.Core
Windows::ApplicationModel::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

DirectX のスワップ チェーンの実装のサンプル
CoreApplicationView

 

 

表示:
© 2014 Microsoft