エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StorageFolder.CreateFolderQueryWithOptions | createFolderQueryWithOptions Method

現在のフォルダー内のファイルをサブフォルダーにグループ化することでファイルのフィルター処理および列挙を行うためのクエリ結果オブジェクトを作成します。ファイルはクエリ結果に含まれ、指定された QueryOptions に基づいてサブフォルダーにグループ化されます。

構文


var storageFolderQueryResult = storageFolder.createFolderQueryWithOptions(queryOptions);

パラメーター

queryOptions

型: QueryOptions

クエリ結果オブジェクトのファイルを取り込む、またはグループ化するために適用される条件。

戻り値

型: StorageFolderQueryResult

現在のフォルダー内のファイルのサブフォルダーによるフィルター処理および列挙に使用できるクエリ結果のオブジェクト。

注釈

AreQueryOptionsSupported を使用して、指定する QueryOptions が現在のフォルダーで使用できることを確認することをお勧めします。IsCommonFileQuerySupported または IsCommonFolderQuerySupported をそれぞれ呼び出して、特定の CommonFileQuery または CommonFolderQuery の値を使用できるかどうかを確認することもできます。

Windows Server 2012 の場合 ::  インデクサー コンポーネントは既定ではインストールされないため、一部の QueryOptions 値、CommonFileQuery 値、CommonFolderQuery 値を使用するには、インデクサー コンポーネントをインストールする必要があります。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8 [未実装、「注釈」を参照]

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StorageFolder

 

 

表示:
© 2014 Microsoft