エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

Visual Studio 2012 の新機能

  • Visual Studio 2012 と Visual Studio 2010 SP1 の両方で Visual Studio 2010 SP1 のプロジェクトおよびファイルを使用する

    詳細については、「Visual Studio 2012 の互換性」を参照してください。

  • ソリューション エクスプローラーのコードを参照する

    プロジェクトの型とメンバーの参照、シンボルの検索、メソッドの呼び出し階層の表示、シンボル参照の検索、および他のタスクの実行を、複数のツール ウィンドウを切り替えることなく実行します。 詳細については、「コードの構造の表示」を参照してください。

  • オンライン サンプルをインストールする

    Visual Studio を使用して、MSDN Code Gallery からサンプルをダウンロードしてインストールします。 新しいテクノロジについて説明し、スタート プロジェクトの活性化とコードのデバッグに役立つサンプルをダウンロードできます。 詳細については、「オンライン サンプルへのアクセス」を参照してください。

  • ソリューションを非同期的に読み込む

    現在、プロジェクトは非同期的に読み込まれ、迅速に作業を開始できるように、ソリューションの主要部分を最初に読み込みます。

  • コード エディターでファイルをプレビューする

    ファイルを開かずに表示することで、エディターでのファイルの煩雑さが軽減されます。 プレビュー ファイルは、ドキュメント タブの右側にある青いタブに表示されます。 ファイルを変更するか、または [開く] をクリックするとファイルが開きます。 詳細については、「ウィンドウの種類」を参照してください。

  • 頻繁に使用するファイルに簡単にアクセスする

    IDE で開いているファイルの数にかかわらずファイルに簡単にアクセスできるように、頻繁に使用するファイルをタブの左側に固定します。

  • 複数のモニターにウィンドウを効率的に配置する

    他のモニターの "ラフティング" として複数のフローティング ツールまたはドキュメント ウィンドウをまとめてドッキングします。 また、ソリューション エクスプローラーの複数のインスタンスを作成し、別のモニターに移動することもできます。 詳細については、「方法 : ウィンドウを整列およびドッキングする」を参照してください。

  • IDE の配色を変更する

    Visual Studio UI の明るい配色または暗い配色のテーマを選択します。 詳細については、「方法: IDE で使用するフォントと色を変更する」を参照してください。

  • IDE 全体を検索する

    単語または語句を指定し、エントリを一覧から選択して、項目またはコマンドに関連付けられたダイアログ ボックスまたはウィンドウを開きます。 詳細については、「[クイック起動]」を参照してください。

  • ツール ウィンドウで検索する

    ツールボックスソリューション エクスプローラーエラー一覧チーム エクスプローラーなどの特定のツール ウィンドウの上部にある検索ボックスにキーワードを指定することによってビューを絞り込みます。 詳細については、「テキストの検索と置換」を参照してください。

  • .NET Framework の正規表現構文を使用して文字列を検索する

    [検索と置換] コントロールと、[フォルダーを指定して検索] および [フォルダーを指定して置換] ダイアログ ボックスで、.NET Framework の正規表現構文を使用します。 詳細については、「Visual Studio での正規表現の使用」を参照してください。

  • 意味のある色づけを指定する

    多くの C++ のトークンに既定で色づけがあり、さらに多くの色づけを指定できるようになりました。 詳細については、「コード エディターとテキスト エディターでのコードの作成」を参照してください。

  • 強化された参照の強調表示を使用する

    1 つのインスタンスをポイントするだけで、シンボルのすべてのインスタンスを強調表示できます。 Ctrl キーと Shift キーを押しながら上方向キーを押すか、または Ctrl キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押すことで、強調表示されたの参照の間を移動できます。 この機能は有効または無効にすることができます。

  • 入力時にメンバー関数を選択する

    [メンバーの一覧] は、コード エディターにテキストを入力すると自動的に表示されます。 関連するメンバーのみが表示されるように結果が絞り込まれます。 詳細については、「IntelliSense の使用方法」を参照してください。

  • C++/CLI IntelliSense を利用する

    C++/CLI は、クイック ヒント、パラメーター ヘルプ、メンバーの一覧、オートコンプリートなどの IntelliSense 機能をサポートしています。

  • コード スニペットを使用して、コーディングの時間を短縮する

    [メンバーの一覧] からコード スニペットを選択して、必要なロジックを記述できます。 スニペットは、switchif-elsefor、およびその他の基本のコード コンストラクターで使用できます。 カスタムのスニペットを作成することもできます。 詳細については、「コード スニペット」を参照してください。

  • ECMAScript 5 と HTML5 DOM の機能を使用する

  • 関数オーバーロードおよび変数用の IntelliSense を提供する

    トリプル スラッシュ (///) コード コメントでサポートされている新しい要素を使用して、IntelliSense 情報を提供します。 新しい要素には <var> と <signature>があります。 詳細については、「XML ドキュメント コメント (JavaScript)」を参照してください。

  • 入力候補一覧に署名を表示する

    関数の署名は入力候補一覧の右側に表示されます。

  • コードを記述するときに、スマート インデント、かっこの一致機能、アウトラインを使用する

  • [定義へ移動] を使用して、ソース コードの関数定義を検索する

    関数を右クリックして [定義へ移動] をクリックし (または関数にカーソルを置いて F12 キーを押し)、関数が定義されているファイル内の場所で JavaScript ソース ファイルを開きます (この機能は、生成されたファイルではサポートされていません)。

  • 標準の JavaScript のコメントから IntelliSense 情報を取得する

    標準のコメント タグ (//) を使用するときは、新しい IntelliSense の機能拡張機構により自動的に IntelliSense が提供されます。

  • 他の組織のライブラリのサポートを強化するために JavaScript IntelliSense を拡張する

    機能拡張 API を使用して、カスタマイズされた IntelliSense を提供します。 詳細については、「JavaScript IntelliSense の拡張」を参照してください。

  • 1 行のコード内にブレークポイントを設定する

    1 行に複数のステートメントが含まれる場合は、単一ステートメントで中断できます。

  • グローバル スコープで使用できるオブジェクトを制御する

    詳細については、「JavaScript IntelliSense」を参照してください。

  • オブジェクトに関する正確な情報を入手できない場合でも、識別子の入力候補を表示する

    詳細については、「識別子の入力候補」を参照してください。

  • 動的に読み込まれたスクリプトのオブジェクトに関する IntelliSense 情報を取得する

    言語サービスは、認識可能なスクリプト ローダーのパターンを自動的にサポートします。

  • 簡単かつ直感的な方法で非同期コードを記述する

    非同期機能を使用すると、継続の定義や複数のメソッドまたはラムダ式へのコードの分割を行わずに、非同期メソッドを呼び出すことができます。詳細については、「Async および Await を使用した非同期プログラミング (C# および Visual Basic)」を参照してください。

  • トレースおよびデバッグに役立つ呼び出し元情報を取得する

    メソッドに対する呼び出し元のソース コードのファイル パス、ソース コードの行番号、およびメンバー名を取得できます。 詳細については、「呼び出し元情報 (C# および Visual Basic)」を参照してください。

  • 複雑なリストのシーケンスの For Each ループの簡略化を維持する

    反復子を使用して、コレクション内の項目を 1 つずつ返すことができます。 詳細については、「反復子 (C# および Visual Basic)」を参照してください。

  • コードがどのようにフローするかについて理解を深める

    呼び出し階層の機能を使用することで、選択したメソッド、プロパティ、またはコンストラクターとの間のすべての呼び出しを表示できます。詳細については、「呼び出し階層」を参照してください。

  • プロジェクトのルート名前空間以外の名前空間を定義する

    Namespace ステートメントで Global キーワードを使用できます。詳細については、「Visual Basic における名前空間」を参照してください。

詳細については、「Visual Studio 2012 における Visual Basic の新機能」を参照してください。

  • 簡単かつ直感的な方法で非同期コードを記述する

    非同期機能を使用すると、継続の定義や複数のメソッドまたはラムダ式へのコードの分割を行わずに、非同期メソッドを呼び出すことができます。詳細については、「Async および Await を使用した非同期プログラミング (C# および Visual Basic)」を参照してください。

  • トレースおよびデバッグに役立つ呼び出し元情報を取得する

    メソッドに対する呼び出し元のソース コードのファイル パス、ソース コードの行番号、およびメンバー名を取得できます。 詳細については、「呼び出し元情報 (C# および Visual Basic)」を参照してください。

詳細については、「Visual Studio 2012 における Visual C# の新機能」を参照してください。

  • C++11 言語の標準に準拠するコードを記述する

    Visual C++ を使用して、範囲ベースの for ループ、標準スレッド、フューチャ、アトミック、そして標準 C++11 言語のその他の強力な新機能を使用するコードを記述できます。

  • C++ を使用して Windows ストア アプリおよびゲームを作成する

    Windows ストア アプリおよびゲームに Visual C++ を XAML 開発モデルと共に使用し、Visual C++ コンポーネント拡張 (C++/CX) とその他の新機能を使用してそれらを作成します。

  • コンパイラの強化された機能を使用して、より迅速かつ効率的にコードを記述する

    コンパイラの機能強化により、コンパイルすることで CPU での実行速度の向上または複数のプロセッサでの実行を実現するコードや、さまざまな構成システムを対象に再利用できるコードを記述できます。

  • 複数のプロセッサを使用できる場合に、アプリを装備してより迅速かつ効率的に実行する

    強化された並列ライブラリと新しいデバッグおよび視覚化機能を使用することで、さまざまなハードウェアでのアプリの実行速度が向上します。

  • より信頼性の高いコードにする

    更新された単体テスト フレームワーク、アーキテクチャの依存関係グラフ、アーキテクチャ エクスプローラー、コード カバレッジ、およびその他のツールを使用して、より信頼性の高いコードにすることができます。

  • 複数の CPU を使用することで、アプリを装備して実行速度を向上させる

    強化された並列パターン ライブラリ (PPL) と新しいデバッグおよび視覚化機能を使用することで、複数のコアがあるハードウェアでのアプリの実行速度が向上します。

  • 電力効率の良い GPU を利用して、パフォーマンスを向上させる

    新しい C++ Accelerated Massive Parallelism (C++ AMP) ライブラリと新しいデバッグおよび視覚化機能を使用して、GPU またはさまざまなベンダー製のその他のアクセラレータでデータ並列アルゴリズムを実行することで、データ並列アルゴリズムの速度が向上します。

詳細については、「Visual Studio 2012 における Visual C++ の新機能」を参照してください。

重要 : 重要

Visual Studio JavaScript エディターやその他の機能に関する情報など、JavaScript での Windows ストア アプリの作成方法について確認するには、「Develop Windows Store apps using Visual Studio 2012」を参照してください。

  • 追加の実行時の制約とエラー チェックをコードに導入する

    詳細については、「厳格モード (JavaScript)」を参照してください。

  • ネットワーク プロトコル、バイナリ ファイル形式、生のグラフィックス バッファーなどのソースからバイナリ データを処理する。

    詳細については、「型指定された配列 (JavaScript)」を参照してください。

  • Windows ランタイムを Windows ストア アプリで使用する。

    詳細については、「JavaScript での Windows ランタイムの使用」を参照してください。

  • メイン ページと同時に実行するバックグラウンド ワーカーを追加する。

    詳細については、「About Web workers」を参照してください。

詳細については、「JavaScript の新機能」を参照してください。

  • データベース、Web サービス、Web データ フィード、データ ブローカーなどの広大なデータおよびサービスに対して直接プログラミングする

    F# の型プロバイダーを使用することで、データを表す型のシステムを作成する代わりに、データおよびプログラムのロジックに集中できます。 詳細については、「型プロバイダー」を参照してください。

  • F# 言語でデータベースを直接照会する

    F# LINQ クエリを使用して、データベース クエリまたはストアド プロシージャを記述せずに、F# 言語で目的のデータを正確に指定します。 詳細については、「クエリ式 (F#)」を参照してください。

  • アジャイル ツールを使用して、バックログ、スプリント、およびタスクを管理する

    それぞれが作業のバックログを管理し、スプリントを計画できる複数のチームを定義します。 作業を優先し、依存関係と関係の概要を説明します。 キャパシティを超えている人をリアルタイムに確認します。 タスクを更新し、スプリント内の進行状況を確認します。 詳細については、「アジャイル計画とイテレーション」を参照してください。

  • 利害関係者にプレリリースのソフトウェアに関するフィードバックを提供させる

    利害関係者は、アクション スクリプト、注釈、およびスクリーンショットと、ビデオまたはオーディオ録音を記録できます。 詳細については、「Team Web Access による要求および利害関係者フィードバックの手順」を参照してください。

  • ストーリーボードを使用して要件を説明し、ストーリーボードを作業項目に関連付ける

    定義済みのストーリーボード図形のコレクションからストーリーボードを作成し、ユーザー インターフェイスをキャプチャして、ネットワークで共有されているストーリーボードまたはファイルを作業項目にリンクします。 詳細については、「PowerPoint のストーリーを使用して、バックログ項目」を参照してください。

  • Microsoft Project および Project Server を使用してエンタープライズ プロジェクトを管理する

    プロジェクトのポートフォリオを管理し、正式なアジャイル ソフトウェア チーム全体での状態とリソースの利用状況を表示します。 詳細については、「Team Foundation Server と Microsoft Project Server の間のデータ フローの有効化」を参照してください。

  • 強化されたインターフェイスを使用してビルドの実行、監視、および管理を行う

    詳細については、「ビルドの実行、監視、管理」を参照してください。

  • Team Foundation サービスから自動ビルドを実行する

    設置型ビルド コントローラーまたはホスト ビルド コントローラーを利用します。

  • 複数のチェックインをサポートするゲート チェックイン ビルド処理を定義する

    複数のチェックインを同時にビルドします。 詳細については、「変更内容を検証するためのゲート チェックイン ビルド プロセスの定義」を参照してください。

  • ビルド処理でネイティブおよびサードパーティ製のフレームワークの単体テストを実行する

    詳細については、「ビルド プロセスでのテストの実行」を参照してください。

  • ビルド処理をより簡単にデバッグする

    ビルド結果ウィンドウでリンクを選択して、診断ログを表示します。 詳細については、「ビルドの問題の診断」を参照してください。

  • Windows ストア アプリの手動テストを実行する

    Microsoft Test Manager を使用して、タブレットなどのリモート デバイスで実行されている Windows ストア アプリにある問題を特定する手動テストを実行できます。 詳細については、「Microsoft テスト ランナーを使用したデバイス上で実行されている Windows ストア アプリのテスト」を参照してください。

  • 探索的テストを実施する

    探索的テストのウィンドウから、テスト スクリプトまたはあらかじめ決められたステップを制限せずにテストを実行できます。 詳細については、「Microsoft Test Manager を使用した探索的テストの実行」を参照してください。

  • 手動テスト ステップに、複数の行およびリッチ テキストを含める

    テスト ステップに複数の行を含めて、テスト ケースの 1 つのテスト ステップ内の関連するアクションを統合できます。 Microsoft Test Manager には現在、テスト ステップのテキストの書式設定に使用できるツール バーがあります。 太字、下線、色による強調表示などのさまざまな書式指定オプションを使用して、主要なポイントを強調できます。 詳細については、「方法: 手動テスト ケースを作成する」を参照してください。

  • Microsoft Test Manager 内のテスト計画の状態を取得する

    このレポートは、Microsoft Test Manager のセンター グループ メニュー バーにある [計画] タブから取得できます。 そこから、テスト計画の状態レポートを含む結果を表示できます。 詳細については、「方法: 手動テスト ケースを作成する」を参照してください。

  • 新しいイテレーションのテスト計画を複製する

    テストを複製することにより、さまざまなリリースをより簡単に同時に操作できます。 たとえば、既に "Contoso V1 – Milestone 1" というテスト計画があり、チームがそのバージョン V2 の作成を決定した場合に、テスト計画を複製して、V2 のソース コード分岐に使用できます。 テスト計画を複製すると、チームと並行して両方のバージョンのアプリケーションを操作できます。 詳細については、「テスト スイートとテスト ケースのコピーおよび複製」を参照してください。

  • JavaScript および CSS ファイルの参照時のページ読み込み時間を短縮する

    バンドルや縮小などによって、別個の JavaScript と CSS ファイルを結合してサイズを縮小することで、読み込み速度を向上できます。

  • .NET Framework の旧バージョンを対象とするプロジェクトを使用する

    .NET Framework の旧バージョンを対象とするプロジェクトを使用できるように、ASP.NET 4.5 は複数バージョン対応を更新します。

  • クロスサイト スクリプト攻撃を回避する

    クロスサイト スクリプトを防ぐエンコーディング API は、ASP.NET ページのコア フレームワークに統合されました。

  • 非同期 Web アプリケーションを簡単に記述する

    新しい .NET 4.5 async (C# リファレンス)await (C# リファレンス) キーワードを Task 型と組み合わせて使用し、非同期 Web プログラミングを簡略化します。 詳細については、「Using Asynchronous Methods in ASP.NET 4.5 and Using Asynchronous Methods in ASP.NET MVC 4 (ASP.NET 4.5 の非同期メソッドと ASP.NET MVC 4 の非同期メソッドの使用)」を参照してください。

詳細については、「What’s New for ASP.NET 4.5 and Web Development in Visual Studio 2012 (ASP.NET 4.5 の新機能と Visual Studio 2012 での Web 開発)」を参照してください。

  • データ バインド コントロールから直接呼び出されるコードを記述する

    ASP.NET Web フォームでは、ASP.NET MVC と同様に、データ アクセスにモデル バインダーを使用できます。 モデル バインダーを使用すると、ASP.NET MVC のアクション メソッドと同様に、データ バインド コントロールでコードを直接呼び出すことができます。

  • Web フォーム データ コントロールに、厳密に型指定された双方向のデータ バインド式を記述する

    Bind または Eval 式を使用する代わりに、厳密に型指定された式を使用することで、データ コントロールの複雑なプロパティにアクセスできます。

  • 控え目な JavaScript によってページを適切に実行する

    クライアント側の検証のコードを単一の外部の JavaScript ファイルに移動することで、ページのサイズが縮小され、読み込み速度が向上します。

詳細については、「What’s New for ASP.NET 4.5 and Web Development in Visual Studio 2012 (ASP.NET 4.5 の新機能と Visual Studio 2012 での Web 開発)」を参照してください。

  • 最新の Web 標準を使用する

    新しい HTML エディターは HTML5 の要素とスニペットをすべてサポートしています。 CSS エディターでは、ベンダー固有の CSS の拡張機能の CSS ハッキングやスニペットなどの CSS3 を完全にサポートしています。

  • さまざまなブラウザーの同じページ、アプリケーション、またはサイトをテストする

    インストールされたブラウザーは、Visual Studio の [デバッグ開始] の横にある一覧に表示されます。

  • レンダリングされたマークアップのソースをすばやく検索する

    新しい Page Inspector 機能は、Visual Studio IDE 内に Web ページ (HTML、Web フォーム、ASP.NET MVC、または Web ページ) を直接レンダリングします。 レンダリングされた要素を選択すると、Page Inspector はマークアップにより生成されたファイルを開いてソースを強調表示します。

  • 強化された IntelliSense を使用することで、スニペットおよびコード要素を検索する

    HTML および CSS エディターの IntelliSense は、テキストを入力すると表示一覧を絞り込みます。 この機能は、入力したテキストに先頭、中間、または末尾が一致する文字列を示します。 また、頭文字についても照合します。 たとえば、"bc" は "background-color" と一致します。

  • マークアップを選択し、ユーザー コントロールに抽出する

    この機能は、複数の場所で再利用するマークアップを作成するのに便利です。 Visual Studio は、タグ プレフィックスを登録し、コントロールをインスタンス化します。 選択したコード自体は、新しいユーザー コントロールのインスタンスに置き換えられます。

  • コードおよびマークアップを簡単に作成および編集する

    開始タグまたは終了タグの名前を変更すると、対応するタグの名前が自動的に変更されます。 空のタグのペア内で Enter キーを押すと、カーソルがインデントされた位置の改行に表示されます。 ソース ビューにはデザイン ビューのようなスマート タスクがあります。

  • CSS を効率的に作成する

    新しい CSS エディターでは、セクションの展開と折りたたみ、階層インデントの使用、ブロックのコメント指定およびコメント解除を自由に行うことができます。 CSS エディターには現在、HTML エディターのような色セレクターがあります。

  • JavaScript のエディターに JavaScript を記述する

    JavaScript のエディター機能の強化については、「JavaScript のコード編集」を参照してください。

  • Web アプリケーション プロジェクトを簡単に配置する

    ホスティング プロバイダーからの発行設定のインポート、発行プロファイルの Web.config ファイルの変換の指定、発行プロファイルへの暗号化された資格情報の格納、発行プロファイルでのビルド構成の指定、および配置の更新のプレビューを行うことができます。

詳細については、「What’s New for ASP.NET 4.5 and Web Development in Visual Studio 2012 (ASP.NET 4.5 の新機能と Visual Studio 2012 での Web 開発)」を参照してください。

  • 頻繁に使用するデータ型の検証を自動化する

    DataAnnotation の新しい属性をプロパティに追加して、電子メール アドレス、電話番号、クレジットカード番号など頻繁に使用するデータ型の検証を自動化できます。

  • インクリメンタル データベースの更新を配置する

    Web プロジェクトでデータベースを配置すると、次回配置するときに、データベース スキーマへの変更が目的のデータベースに自動的に反映されます。

詳細については、「What’s New for ASP.NET 4.5 and Web Development in Visual Studio 2012 (ASP.NET 4.5 の新機能と Visual Studio 2012 での Web 開発)」を参照してください。

  • IIS のサーバーと同じサーバーに対する Web アプリケーションを開発する

    Visual Studio 2012 では、IIS Express が Web 開発の既定サーバーです。 IIS Express は、IIS Web サーバーのロールのすべてのコア機能を含む IIS の独立した軽量のバージョンです。

  • さまざまなクライアントに提供される HTTP サービスを簡単にビルドして使用する

    サービスは、ブラウザー、モバイル アプリケーション、タブレット、およびその他のデバイスによって使用されます。 コンテンツ ネゴシエーションの組み込みサポートにより、クライアントとサーバーでは正しいデータの形式を相互に決定できます。

  • 最新 HTTP プログラミング モデルを使用して、HTTP 要求および応答を直接アクセスして操作する

    サーバーとクライアントの両方でサポートされているクリーンで厳密に型指定された HTTP オブジェクト プログラミング モデルを使用します。 新しい HttpClient API は、どの .NET Framework アプリケーションからでも Web API を呼び出すことができます。

  • HTTP 要求からデータを簡単に抽出する

    モデル バインダーにより、HTTP 要求のさまざまな部分からデータを抽出しやすくなっています。 メッセージ部分は、Web API アクションで使用できる .NET オブジェクトになります。 ASP.NET Web API は、ASP.NET MVC と同じモデル バインドと検証インフラストラクチャをサポートします。

  • ルーティング機能をすべて使用できる

    ASP.NET Web API は、ルート パラメーターや制約などの、ASP.NET MVC および ASP.NET のすべてのルーティングの機能をサポートしています。

詳細については、「Getting Started with ASP.NET Web API (ASP.NET Web API の概要)」と「ASP.NET Web API (Part 1) (ASP.NET Web API (パート 1))」を参照してください。

  • OData データ ソースに接続する

    LightSwitch アプリケーションは、Windows Azure DataMarket のものを含む、どの Open Data Protocol (OData) データ ソースにでも接続できます。 詳細については、「方法: データに接続する」を参照してください。

  • OData のデータ ソースとしてアプリケーション データを公開する

    発行された LightSwitch Web アプリケーションのデータを、認証やフィルター処理などの LightSwitch 機能を利用する他のアプリケーションで使用するために OData のフィードとして公開できます。 詳細については、「データ ソースとしての LightSwitch」を参照してください。

  • セキュリティ グループにロールおよびアクセス許可を割り当てる

    Windows 認証を使用すると、Active Directory のどのセキュリティ グループにも、ロールとアクセス許可を割り当てることができます。 詳細については、「LightSwitch の認証と承認」を参照してください。

  • サーバーから返されるデータを制限する

    データだけでなく、関連付けにもアクセスするすべてのクエリに適用するフィルターを定義できます。 詳細については、「方法: コードを使用してデータをフィルター処理する」を参照してください。

  • 新しいコントロールで画面の外観を改善する

    グループ ボックス コントロールを使用して画面の内容を整理できます。 また、データ バインドなしで画面にテキストとデータを表示できます。 詳細については、「方法: 画面に静的テキストまたはイメージを追加する」を参照してください。

  • 数値と日付の書式設定をカスタマイズする

    数値および日付のデータ型の新しい書式パターン プロパティを使用して、数値と日付の表示形式を制御できます。 詳細については、「方法: 数値と日付を書式設定する」を参照してください。

  • URL およびパーセンテージをデータ型として扱う

    組み込みの書式と入力規則により、カスタム ビジネス型を使用して 10 進数をパーセンテージ、文字列を URL としてそれぞれ扱うことができます。 詳細については、「Adding a Data Field」を参照してください。

詳細については、「Visual Studio 2012 における LightSwitch の新機能」を参照してください。

  • SQL Server オブジェクト エクスプローラーのデータベース オブジェクトを使用する

    Management Studio に似ている新しい SQL Server オブジェクト エクスプローラーを使用して、クエリを作成し、データベース オブジェクトを定義します。 主キーや外部キーなどの列の定義を表示します。 詳細については、「接続されているデータベース開発」を参照してください。

  • 新しいテーブル デザイナーでテーブルを定義する

    テーブル デザイナーを使用して、SQL Server 2012 形式でテーブルを定義します。 グラフィカル インターフェイスでテーブルを定義すると、Transact-SQL コードがスクリプト ペインで更新されます。 詳細については、「方法: テーブル デザイナーを使用してデータベース オブジェクトを作成する」を参照してください。

  • SQL Server Express LocalDB でデータベース アプリケーションを開発およびテストする

    SQL Server Express LocalDB は、SQL Server データベースのプログラミング機能をすべて備えた SQL Server の軽量バージョンです。 SQL Server Express LocalDB は、開発の既定のデータベース エンジンとして SQL Server Express を置き換えます。 Visual Studio 2010 と Visual Studio 2012 の両方を使用する必要がある場合は、ファイルをアップグレードするか、または SQL Server Express の使用を継続することができます。 詳細については、「ローカル データの概要」を参照してください。

  • HLSL シェーダーの追加、編集、およびコンパイルを簡単に行う

    HLSL シェーダーをコーディングする場合に、MSBuild が自動的に Microsoft HLSL コンパイラ (fxc.exe) をサポートしていると、構文の色指定、インデント、およびアウトラインを使用できます。

  • イメージの資産をより効率的に表示して変更する

    イメージ エディターを使用して、ビットマップおよび圧縮イメージ形式 (DDS、TGA、TIFF、PNG、JPG、GIF) の作成、検査、および変更を行うことができ、エディターは透過性とミップマップをサポートしています。 詳細については、「イメージ エディター」を参照してください。

  • 3-D モデルを使用する

    モデル エディターを使用して、標準の 3-D モデル形式 (OBJ、COLLADA、および Autodesk FBX) を検査できます。 また、組み込みの 3-D プリミティブの生成およびマテリアルを使用して、3-D ゲームおよびアプリのプレースホルダー アートを作成することもできるので、アーティスト開発者のワークフローが向上します。 詳細については、「モデル エディター」を参照してください。

  • 高度なピクセル シェーダーを作成する

    効果のライブ プレビューを提供するグラフ ベースのシェーダー作成ツールであるシェーダー デザイナーを使用して、高度なピクセル シェーダーを作成して、DirectX に基づいたアプリで使用できる HLSL コードとしてエクスポートできます。 詳細については、「シェーダー デザイナー」を参照してください。

  • C++ AMP を使用してコードをより速く実行する

    C++ Accelerated Massive Parallelism (C++ AMP) を使用することで、CPU と GPU または他のデータ並列ハードウェアの間でどのようにデータを移動するかを制御できるので、C++ コードの実行速度が上がります。 詳細については、「C++ AMP (C++ Accelerated Massive Parallelism)」を参照してください。

  • 並列アプリをより効果的にデバッグする

    GPU スレッドおよび並列ウォッチ ウィンドウを使用することで、並列アプリをデバッグできるだけでなく、パフォーマンスの向上を評価して微調整することもできます。 詳細については、「Visual Studio 2012 のデバッガーの新機能」を参照してください。

  • 並列アプリが適切に実行するかを調べるために使用するデータをカスタマイズする

    同時実行ビジュアライザーを使用することで、マルチスレッド アプリがどのように動作するかを調べることができます。 このバージョンには、より迅速なアクセスと強化された構成制御があり、ビジュアライザーに独自のカスタム パフォーマンス データを追加できます。 詳細については、「同時実行ビジュアライザー」を参照してください。

  • TPL データ フローを使用して、同時実行対応のアプリをより堅牢にする

    相互に非同期通信を行う必要がある複数の操作がコードに含まれる場合、またはデータが使用可能になったときにデータを処理する場合に、タスク並列ライブラリ (TPL) データフロー ライブラリのコンポーネントを使用します。 詳細については、「データフロー (タスク並列ライブラリ)」を参照してください。

  • デザイナーを使用して一覧およびコンテンツ タイプを作成する

    デザイナーを使用して一覧またはコンテンツ タイプの内容の設定またはレイアウトを行うことで、より簡単に一覧またはコンテンツ タイプを作成できます。 詳細については、「SharePoint のサイト列、コンテンツ タイプ、およびリストの作成」を参照してください。

  • SharePoint サイトのサイト列を作成する

    項目テンプレートを使用することで、"フィールド" とも呼ばれている SharePoint サイトの列を簡単に作成できます。 詳細については、「SharePoint のサイト列、コンテンツ タイプ、およびリストの作成」を参照してください。

  • SharePoint プロジェクトに Silverlight Web パーツを追加する

    プロジェクト テンプレートを使用することで、簡単かつ効率的に Silverlight Web パーツを作成できます。 詳細については、「チュートリアル: SharePoint の OData を表示する Silverlight Web パーツの作成」を参照してください。

  • リモートの SharePoint サイトに SharePoint ソリューションを発行する

    ローカルの SharePoint サイトだけでなく、リモートの SharePoint サイトにも SharePoint ソリューションを発行できます。 詳細については、「SharePoint ソリューションのパッケージの配置、発行、アップグレード」を参照してください。

  • プロファイリング ツールを使用して、SharePoint のパフォーマンスを上げる

    Visual Studio のツールを使用することで、SharePoint プロジェクトの速度低下の原因になっているコードやその他の要素を特定し、他のパフォーマンス プロファイリングを実行できます。 詳細については、「SharePoint アプリケーションのパフォーマンスのプロファイリング」および「プロファイリング ツールを使用したアプリケーション パフォーマンスの分析」を参照してください。

  • サンドボックスの視覚的 Web パーツを作成する

    ファーム プロジェクトだけではなく、サンドボックス SharePoint プロジェクトにも視覚的 Web パーツを含めることができます。

  • サンドボックス ソリューションを簡単に作成する

    Visual Studio のサンドボックス ソリューションで作業している場合、ファームのみの API 呼び出しを使用すると、互換性のある API だけが IntelliSense に表示され、コンパイラ エラーが発生します。

  • JavaScript を簡単にデバッグする

    SharePoint プロジェクトの JavaScript をデバッグでき、SharePoint プロジェクトで JavaScript をコーディングする場合は、IntelliSense が提供されます。 JavaScript の URL が、サンドボックス ソリューションの視覚的 Web パーツについて解決されます。

  • 効率的なプロジェクト テンプレートを使用して SharePoint プロジェクトを簡単に開発する

    効率的に SharePoint を開発するために、以前のバージョンの Visual Studio の SharePoint プロジェクト テンプレートの一部が、プロジェクト項目テンプレートに移動されました。 プロジェクトおよびプロジェクト項目テンプレートの一覧と詳細については、「SharePoint プロジェクトとプロジェクト項目テンプレート」を参照してください。

  • Microsoft Fakes フレームワークを使用してコードをテストする

    SharePoint プロジェクトは Microsoft Fakes をサポートしています。これは、.NET Framework アプリケーションでデリゲート ベースのテスト スタブと shim を作成し、環境から単体テストを分離してコードをテストできる分離フレームワークです。 詳細については、「SharePoint コードの検証およびデバッグ」を参照してください。

詳細については、「Visual Studio 2012 における SharePoint 開発の新機能」を参照してください。

  • Office 用アプリを作成する

    Office ドキュメント、電子メール メッセージ、会議出席依頼、および予定内で Web テクノロジおよびクラウド サービスを利用できます。 詳細については、「Visual Studio を使用した Office 用アプリの作成」を参照してください。

  • Office 2013のソリューションを開発する

    Office 開発者ツールを使用して、Office 2013のアプリケーション用のドキュメント レベルのカスタマイズおよびアプリケーション レベルのアドインを作成できます。 このようなソリューションのプロジェクト テンプレートを入手するには、Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012 をダウンロードしてインストールしてください。

  • .NET Framework 4.5 を対象とする Office ソリューションを開発する

    .NET Framework 4.5 を対象とするには、Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012 をダウンロードしてインストールしてください。

  • 複数の .NET Framework プラットフォームで機能するマネージ アセンブリをビルドする

    Visual Studio 2012 の汎用性のあるクラス ライブラリ プロジェクトを使用することで、複数のプラットフォーム (Windows Phone や Windows ストア アプリ用 .NET など) を対象にすることができます。 詳細については、「.NET Framework を使用したプラットフォーム間の開発」を参照してください。

  • .NET Framework のインストール時のシステム再起動を削減する

    詳細については、「システム再始動を .NET Framework 中に減少 4.5 のインストール」を参照してください。

  • 非同期操作を使用してファイルの入出力パフォーマンスを向上させる

    大きなファイルを扱うときに、C# および Visual Basic の新しい非同期機能を入出力クラスの非同期メソッドと共に使用します。 詳細については、「非同期ファイル I/O」を参照してください。

  • マルチコア プロセッサでの起動時のパフォーマンスを向上させる

    バックグラウンドの Just-In-Time (JIT) コンパイルを有効にします。 詳細については、ProfileOptimization クラスを参照してください。

  • WCF アプリケーションを簡単に開発して保守する

    詳細については、「What's New in Windows Communication Foundation (Windows Communication Foundation の新機能)」を参照してください。

  • WCF アプリケーションのスケーラビリティを向上させる

    複数のクライアントに対するメッセージの非同期ストリーミングを有効にします。 詳細については、「WCF Simplication Features (WCF の単純化機能)」を参照してください。

  • ワークフローを簡単に管理する

    ワークフロー デザイナーにはいくつかの拡張機能が含まれています。 詳細については、「Windows Workflow Foundation の新機能」を参照してください。

  • ステート マシン ワークフローを作成する

    詳細については、「Windows Workflow Foundation の新機能」を参照してください。

  • WPF アプリケーションにリボン ユーザー インターフェイスを追加する

    詳細については、Ribbon コントロールのトピックを参照してください。

  • WPF アプリケーションにグループ化された大量のデータをすばやく表示する

    詳細については、「WPF Version 4.5 の新機能」を参照してください。

  • 新しいプログラミング インターフェイスを使用して、最新の HTTP アプリケーションを効率的に作成する

    詳細については、新しい System.Net.Http 名前空間と System.Net.Http.Headers 名前空間を参照してください。

詳細については、「.NET Framework 4.5 の新機能」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft