セールス: 1-800-867-1380
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

sys.allocation_units (Transact-SQL)

データベース内のアロケーション ユニットごとに 1 行のデータを格納します。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2008 から現在のバージョンまで)

列名

データ型

説明

allocation_unit_id

bigint

アロケーション ユニットの ID。 データベース内で一意です。

Type

tinyint

アロケーション ユニットの種類。

0 = 削除済み

1 = 行内データ (LOB データ型を除くすべてのデータ型)

2 = ラージ オブジェクト (LOB) データ (textntextimagexml、大きな値の型、および CLR ユーザー定義型)

3 = 行オーバーフロー データ

type_desc

nvarchar(60)

アロケーション ユニットの種類の説明。

  • DROPPED

  • IN_ROW_DATA

  • LOB_DATA

  • ROW_OVERFLOW_DATA

container_id

bigint

アロケーション ユニットと関連するストレージ コンテナーの ID。

type = 1 または 3 の場合、container_id = sys.partitions.hobt_id になります。

type が 2 の場合、container_id = sys.partitions.partition_id になります。

0 = 遅延削除のマークが付いたアロケーション ユニット

data_space_id

int

アロケーション ユニットが存在するファイル グループの ID。

total_pages

bigint

アロケーション ユニットにより割り当てまたは予約されたページの総数。

used_pages

bigint

実際に使用される総ページ数。

data_pages

bigint

次のデータが含まれている使用済みのページ数。

  • 行内データ

  • LOB データ

  • 行オーバーフロー データ

返される値には、内部インデックス ページとアロケーション管理ページは含まれません。

注意 注意

大きなインデックスを削除または再構成した場合や、大きなテーブルを削除するか切り捨てた場合、データベース エンジンでは実際のページ割り当て解除とそれに関連するロックが、トランザクションがコミットされるまで延期されます。 削除操作が延期された場合、割り当てられた領域は、すぐには解放されません。 このため、ラージ オブジェクトを削除するか切り捨てた直後に sys.allocation_units から返される値は、実際に使用できるディスク領域を反映していないことがあります。

public ロールのメンバーシップが必要です。 詳細については、「メタデータ表示の構成」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft