セールス: 1-800-867-1380

Service Bus 仲介型メッセージング

更新日: 2014年10月

このセクションでは、Microsoft Azure の Service Bus でサポートされている仲介型メッセージング パターンに関する情報とガイダンスを示します。

このセクションの内容

Service Bus 仲介型メッセージング チュートリアル
Service Bus 仲介型メッセージング パターンを使用する 2 つのチュートリアルが含まれます。チュートリアルでは、マネージ API (.NET) と REST プログラミング モデルの両方を取り上げます。

Service Bus キューを使用するアプリケーションの作成
Service Bus キューを使用するシンプルなアプリケーションを作成する方法について説明します。

Service Bus のトピックとサブスクリプションを使用するアプリケーションの作成
Service Bus トピックおよびサブスクリプションの使い方の概要。

Azure キューと Service Bus キューの比較
両方のキュー テクノロジの詳細な比較。

メッセージング エンティティのパーティション分割
複数のメッセージ ブローカーおよびメッセージ ストア間でキューまたはトピックを分割するためのオプションについて説明します。

自動転送を使用した Service Bus エンティティのチェーン接続
サブスクリプションまたはキューを別のキューやトピックに結び付けることができる自動転送機能について説明します。

Service Bus で仲介型メッセージングを使用したパフォーマンス向上のヒント集
仲介型メッセージの交換時に Service Bus を使用してパフォーマンスを最適化する方法について説明します。

Service Bus の障害および災害に対する Service Bus アプリケーションの保護のベスト プラクティス
潜在的な Service Bus データセンターの停止に備えて、アプリケーションの保護に使用できる手法について説明します。

非同期メッセージング パターンと高可用性
非同期メッセージング機能の使い方について説明します。

Service Bus AMQP: 開発者ガイド
Service Bus での AMQP (Advanced Message Queuing Protocol) 1.0 のサポートついて説明します。

BrokeredMessage.Defer メソッドの使用方法
メッセージを処理する際の Defer メソッドの使い方について説明します。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft