セールス: 1-800-867-1380

Windows Azure Backup の概要

発行: 2012年2月

更新日: 2014年4月

Azure Backup エージェントを使用して Microsoft Azure のバックアップ との間でファイルとフォルダーのバックアップと復元を実行するときの基本的なワークフローは、一般的なバックアップを実行するときのワークフローと同じであり、バックアップするアイテムを特定してそのアイテムをストレージにコピーしておくと必要なときにそれを使用できる、というものです。Microsoft Azure のバックアップ は、ブロードバンド インターネット接続以外にはハードウェアの初期コストが発生しないバックアップ ソリューションによって、ビジネス継続性を実現します。

詳細については、次のリンクを参照してください。

Azure Backup エージェントは Windows Server 2012 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) 向けのアドオンで、ダウンロードしてインストールすることで、使用中のサーバーから Microsoft Azure のバックアップ へのファイルやフォルダーのバックアップをスケジュール設定することができます。Microsoft Azure のバックアップ は、Microsoft が管理する Windows Azure 復旧サービスの一部です。Windows Server 2012 と Microsoft Azure のバックアップ を実行しているサーバーの間でデータを転送するには、Azure Backup エージェントを使用するか、Windows PowerShell 用の Windows Azure Backup コマンドレットを使用します。

Windows Azure のバックアップの概要」では、Windows Azure Backup の初期セットアップの方法を説明する短いビデオを見ることができます。

Tipヒント
Azure Backup エージェントには、Windows Server 2012 Essentials と System Center 2012 SP1 内の Data Protection Manager (DPM) も統合されており、これらのシステムのオンライン バックアップ サービスをサポートしています。DPM サーバーで Windows Azure Backup を使用する場合は、Windows Azure Backup エージェントをインストールする前に System Center 2012 SP1 内の DPM の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールしてください。この更新プログラムの詳細については、「System Center Data Protection Manager SP1 の更新プログラムのロールアップ 2」を参照してください。

Windows Server 2012 Essentials で Microsoft Azure のバックアップ を使用する方法の詳細については、「Windows Server 2012 R2 Essentials と Windows Server 2012 Essentials」を参照してください。

Microsoft Azure のバックアップ と System Center 2012 Service Pack 1 Data Protection Manager (DPM) を組み合わせて使用する方法の詳細については、「System Center 2012 SP1 での Windows Azure Online Backup の使用に関するヘルプ ドキュメント - Data Protection Manager」を参照してください。

固定 NTFS ボリュームに格納されているコンテンツをバックアップするには、Microsoft Azure のバックアップ を使用できます。これは、次の状況では使用できません。

  • ボリュームが BitLocker ドライブ暗号化によってロックされている。ボリュームで BitLocker が有効になっている場合、そのボリュームをバックアップするには事前にロックを解除しておく必要があります。

  • ボリュームが NTFS でフォーマットされていない。

  • ドライブの種類が固定されていない。

  • ボリュームが読み取り専用になっている。

  • ボリュームが現在オンラインでない。

  • ボリュームがネットワーク共有に置かれている。

Microsoft Azure のバックアップ には、次のテクノロジが関連しています。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft