セールス: 1-800-867-1380
展開 最小化

How to: Create an Access Control Namespace

更新日: 2014年6月

Important重要
As of May 19, 2014, new ACS namespaces cannot use Google as an identity provider. ACS namespaces that used Google and were registered before this date are unaffected. For more information, see リリース ノート.

The following topic explains how to create a new アクセス制御名前空間. You can create one or more アクセス制御名前空間s in your subscription.

  1. Microsoft Azure 管理ポータル (https://manage.WindowsAzure.com) に移動してサインインし、[Active Directory] をクリックします。(トラブルシューティングのヒント:"Active Directory" 項目が見つからないか、使用できません)

  2. アクセス制御名前空間を作成するには、[新規] をクリックして [App サービス] をクリックし、[アクセス制御] をクリックしてから [簡易作成] をクリックします。または、[アクセス制御名前空間][新規] を順にクリックします。

  3. Enter a name. Each アクセス制御名前空間 name must be globally unique so that it can be identified by the service. You do not have to use the same name for both client and service applications.

  4. Select a region and click Create.

  5. The system now creates and activates your アクセス制御名前空間.

    You might have to wait several minutes as the system provisions resources for your account.

アクセス制御名前空間を管理するには、名前空間をクリックしてしてから [管理] をクリックします。または、[アクセス制御名前空間] をクリックして名前空間を選択し、[管理] をクリックします。

After the namespace is created, you cannot change the namespace name or the region where the namespace is hosted. However, you can delete the namespace and recreate it, and you can change your subscription. To change a subscription, in the , click Active Directory, click a namespace that is associated with the subscription that you want to change, and then click Change Subscription. The Change Subscription feature is enabled only when you have more than one subscription and you are an administrator or co-administrator of the subscription.

Microsoft Azure 管理ポータルでの ACS 管理タスクの詳細については、[Active Directory] をクリックし、[ヘルプ (?)] をクリックして参照してください。または、[Active Directory][アクセス制御名前空間][ヘルプ] を順にクリックします。

関連項目

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft