セールス: 1-800-867-1380
展開 最小化

sys.firewall_rules (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「sys.firewall_rules」を参照してください。

Microsoft Microsoft Azure SQL データベースに関連付けられた、サーバーレベルのファイアウォールの設定に関する情報を返します。

sys.firewall_rules ビューには、次の列が含まれています。

 

列名 データ型 説明

id

INTEGER

サーバーレベルのファイアウォール設定の識別子です。

name

NVARCHAR(128)

サーバーレベルのファイアウォール設定を説明し、区別するための名前です。

start_ip_address

VARCHAR(50)

サーバーレベルのファイアウォール設定の範囲の最下位の IP アドレスです。この IP アドレス以上の IP アドレスは、Azure SQL データベース サーバーへの接続を試行できます。設定できる最下位の IP アドレスは 0.0.0.0 です。

end_ip_address

VARCHAR(50)

サーバーレベルのファイアウォール設定の範囲の最上位の IP アドレスです。この IP アドレス以下の IP アドレスは、Azure SQL データベース サーバーへの接続を試行できます。設定できる最上位の IP アドレスは 255.255.255.255 です。

noteメモ
Azure の接続試行は、このフィールドと start_ip_address フィールドが 0.0.0.0 と等しいときに許可されます。

create_date

DATETIME

サーバーレベルのファイアウォール設定が作成された UTC 日時です。

noteメモ
UTC は、協定世界時の略語です。

modify_date

DATETIME

サーバーレベルのファイアウォール設定が最後に変更された UTC 日時です。

このビューに対する読み取り専用アクセスは、master データベースに接続する権限を持つすべてのユーザーが利用できます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft