セールス: 1-800-867-1380
展開 最小化

sys.dm_tran_database_transactions (Azure SQL データベース)

このトピックの情報は現在使用できません。最新バージョンは、SQL 14 Transact-SQL Reference. でご覧いただけます。

Important重要
このトピックは保守されていません。現在のバージョンについては、「sys.dm_tran_database_transactions (Transact-SQL)」を参照してください。

データベース レベルのトランザクションに関する情報を返します。次の表に、Microsoft Microsoft Azure SQL データベースでサポートされる列を示します。

 

列名 データ型 説明

transaction_id

bigint

データベース レベルではなくインスタンス レベルのトランザクションの ID。これはインスタンス内のすべてのデータベースでのみ一意ですが、すべてのサーバー インスタンスにおいては一意ではありません。

database_id

int

トランザクションが関連付けられているデータベースの ID。

database_transaction_begin_time

datetime

データベースがトランザクションに参加した時刻。具体的には、トランザクションのデータベース内にある先頭のログ レコードの時刻になります。

database_transaction_type

int

1 = 読み取り/書き込みトランザクション

2 = 読み取り専用トランザクション

3 = システム トランザクション

database_transaction_state

int

1 = トランザクションは初期化されていません。

3 = トランザクションは初期化されていますが、ログ レコードが生成されていません。

4 = トランザクションではログ レコードが生成されています。

5 = トランザクションは準備済みです。

10 = トランザクションはコミットされました。

11 = トランザクションはロールバックされました。

12 = トランザクションはコミット中です。この状態では、ログ レコードは生成されていますが、具体化または保存は行われていません。

database_transaction_status

int

単に情報を示すためだけに特定されます。サポートされていません。将来の互換性は保証されません。

database_transaction_status2

int

単に情報を示すためだけに特定されます。サポートされていません。将来の互換性は保証されません。

サーバーに対する VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。

Microsoft Azure SQL データベースでは、sys.dm_trans_database_transactions システム ビューで次の列がサポートされません

  • database_transaction_begin_lsn

  • database_transaction_commit_lsn

  • database_transaction_last_lsn

  • database_transaction_last_rollback_lsn

  • database_transaction_log_bytes_reserved

  • database_transaction_log_bytes_reserved_system

  • database_transaction_log_bytes_used

  • database_transaction_log_bytes_used_system

  • database_transaction_log_record_count

  • database_transaction_most_recent_savepoint_lsn

  • database_transaction_next_undo_lsn

  • database_transaction_replicate_record_count

sys.dm_tran_database_transactions システム ビューの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「sys.dm_tran_database_transactions (Transact-SQL)」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft