セールス: 1-800-867-1380

データ オファーのサブスクライブ

更新日: 2014年2月

 

 

このトピックでは、Marketplace プレミア データまたは信頼できるパブリック データのオファーを検出およびサブスクライブする方法について説明します。

作業を進める前に、以下を用意しておく必要があります。

 

目的のデータセットの検索

利用可能なデータセットを参照し、興味深そうなデータセットを選択します。

データセットの事前確認

サブスクライブする前に、さまざまな観点からデータセットを検討します。

データセットのサブスクライブ

目的のデータセットをサブスクライブします。

その他のリソース

これらのリソースを使用して、データセットのデータを使用します。

Marketplace にサインインしていない場合は、ブラウザーで Marketplace のホーム ページに移動して、上部のリボンの [サインイン] をクリックします。

目的に適合しそうなデータセットを検索するには:

  1. [データ] タブをクリックします。

  2. 興味があるパブリッシャーまたはカテゴリがわかっている場合は、オプションとしてカテゴリまたはパブリッシャーをクリックして利用可能なオファーのサブセットを参照することもできます。

  3. 表示されたデータセットを参照します。説明を参照して目的のデータセットを見つけます。
    パブリッシャーがサンプル データを提供する場合、[サンプル データの表示] がオファーの一覧の右側に表示されます (図 1.1)。これをクリックすると、このオファーで使用可能なデータのサンプルが表示されます。(図 1) [サンプル データの非表示] (図 1.1) をクリックすると、参照したデータが非表示になります。

    図 1: サンプル データの表示

  4. データセットの名前をクリックします。

サブスクライブする前に、データセット プレビュー ページのタブを使用して、を使用して、データセットの全体像を確認します。

 

タブ名 タブの説明

サンプル データの表示
(省略可能)

事前定義されたクエリを使用して、データセットのサンプルをプレビューします。
パブリッシャーが複数のデータセットについてサンプル データを有効にした場合、プレビューするデータセットを選択できます。

  • [参照] ページで、オファー名の右にある [サンプル データの表示] をクリックします。

  • [サンプル データの表示] をクリックしてオファーのサンプルを表示します。
    [サンプル データの非表示] をクリックして、サンプル データを非表示にします。

このタブが表示されるのは、データのパブリッシャーが [サンプル データの表示] 機能を有効にした場合のみです。

対話型
(省略可能)

データが操作可能でパブリッシャーが許可している場合は、このタブが利用可能になり、データセットをリアルタイムに操作できます。

サンプル イメージ
(省略可能)

データセットのデータのグラフィックな表示。

詳細

サービス ルート URL (図 2.1)。
このデータセットが柔軟なクエリと固定クエリのどちらをサポートしているか (図 2.2)。
利用可能なデータ系列の名前 (図 2.3)。
名前およびデータ型ごとに、サンプルの値が示された入力フィールド (図 2.4)。
名前とデータ型ごとの戻り値フィールド (図 2.5)。

データセットで複数のデータ系列を利用できる場合は、各系列が入力および戻り値フィールドと共に別々に一覧表示されます。

図 2 - [詳細] タブ

パブリッシャーの使用条件

このデータセットをサブスクライブする前に同意する必要があるエンド ユーザー ライセンス契約 (EULA)。

有料データセットのパブリッシャーの中には、1 か月の試用サブスクリプションを提供しているところがあります。試用サブスクリプションでは、購入を決める前にデータセットを実際に使ってみることができます。試用サブスクリプションに登録すると、1 か月の無料の試用期間が終了する前にサブスクリプションを取り消さない限り、自動的に有料サブスクリプションに移行します。

  1. ページの右側の列で、このデータセットで提供されているサブスクリプションのバリアントを確認します。

  2. 複数のサブスクリプション バリアントがある場合は、必要なバリアントの [新規登録] (無料のバリアント) または [購入] (有料のバリアント) をクリックします。

    サブスクリプションのコストと課金については、「サブスクリプションのコストと課金の概要」を参照してください。

    パブリッシャーが有料サブスクリプションと無料サブスクリプションの両方を提供している場合、一般的に無料サブスクリプションは商業目的以外での使用に制限されます。[パブリッシャーの使用条件] をよく読んで、選択したサービスの制限事項を確認してください。

    これが有料または試用サブスクリプションである場合、購入手続きを行うための [購入] ページに移動します。ページの必要事項を入力します (初回のみで、以後はクレジットカードを再度選択するだけです)。

    1. この購入手続きを続行する場合は、[次へ] をクリックします。しない場合は [キャンセル] をクリックします。

    2. 要求が処理されるのを待ちます。この処理には数分かかる場合があります。

    3. 使用条件をよく読みます。

    4. 使用条件に同意する場合は、[使用条件の内容を確認した上で同意します] チェック ボックスをオンにします。

    5. 要求が承認されたら、[購入] ボタンをクリックして購入を完了するか、[キャンセル] をクリックして購入を取り消します。

    割引コードがある場合は、[Have a Promotion Code?] リンク (図 3.1) をクリックし、ダイアログ (図 3.2) にプロモーション コードを入力し、[OK] をクリックします (図 3.3)。
    プロモーション コードの詳細については、このトピックの「プロモーション コード」を参照してください。


    図 3 - プロモーション コード


  3. 記録用にサブスクリプションの受領確認のハードコピーが必要な場合は、[ご購入ありがとうございます] ページで [印刷] をクリックします。

このデータセットのサブスクリプション手続きはこれで完了です。[パブリッシャーの使用条件] に従ってアプリケーションを使用することができます。[マイ アカウント] タブをクリックしてから [マイ データ] をクリックすると、サブスクライブされたデータセットとして、このデータセットが表示されます。

パブリッシャーは、オファーに期限付きの割引価格を設定してオファーのプロモーションを行う場合があります。プロモーション割引コードを受け取った場合、その割引コードは次の 3 つの方法で適用できます。

  • 購入ページの [プロモーションによる割引] リンクをクリックして割引コードを入力します。

  • [詳細] ページで、クエリ URL にパラメーターを追加します。
    例: http://datamarket.azure.com/dataset/5ba839f1-12ce-4cce-bf57-a49d98d29a44?x_promocode=<myPromoCode>

  • [チェックアウト] ページで、クエリ URL にパラメーターを追加します。
    例: https://datamarket.azure.com/checkout/6c6f1096-e8a6-4a82-9916-2e91e8db01e6?x_promocode=<myPromoCode>

割引コードを適用すると、お使いのコンピューターに Cookie として保存されます。そのため、割引価格で購入するには、お使いのコンピューターで Cookie を有効にする必要があります。

データセットをサブスクライブすると、他のリソースも利用できるようになります。そのようなリソースの一部は、データセットの [ご購入ありがとうございます] ページの中央ウィンドウと [詳細] ページに示されます。[詳細] ページを表示するには、[マイ アカウント] タブをクリックしてから [マイ データ] をクリックします。データセットを見つけ、データセット名の右にある [使用する] をクリックします。

 

このデータセットの参照

サービス エクスプローラーを使用して、このデータセットのデータを対話的に参照および分析します。

Excel 2010 向け Microsoft PowerPivot

PowerPivot for Excel を使用すると魅力的なセルフサービス BI を作成できます。

Tableau Software

Tableau Software を使用するとデータの卓越した視覚化や Web ダッシュボードの作成を行うことができます。

Visual Studio でこのデータを使用する方法について

Visual Studio と IntelliSense による厳密に型指定されたデータ アクセスを使用すると、開発が容易になります。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft