セールス: 1-800-867-1380

Windows Azure Service Bus のクォータ

更新日: 2014年10月

ここでは、Microsoft Azure の Service Bus メッセージでの基本的なクォータとスロットルのしきい値を列挙します。

アカウントごとに許可されるサービスの名前空間の最大数は 50 です。

Microsoft Azure の Service Busのその他のクォータについては、Windows Azure Platform の FAQ を参照してください。

次の表に、Service Busに固有のクォータ情報を示します。

Tipヒント
Windows Azure ライブラリのこのトピックを表示するときに問題が発生する場合は、MSDN ライブラリを参照してください。

 

クォータの名前 検索範囲 超えたときの動作 Value

キュー/トピック サイズ

エンティティ

キュー/トピック作成時に定義されます。

着信メッセージは拒否され、呼び出しコードは例外を受信します。

1、2、3、4、または 5 GB。

キュー/トピック/サブスクリプション エンティティの同時接続数

エンティティ

静的

追加接続の後続の要求は拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。REST 操作は同時 TCP 接続にカウントされません。

100

キュー/トピック/サブスクリプション エンティティの同時受信要求数

エンティティ

静的

後続の受信要求は拒否され、呼び出しコードは例外を受信します。このクォータは、あるトピックに対するすべてのサブスクリプションにおける同時受信操作の合計数に適用されます。

5,000

リレー上の同時リスナー数

エンティティ

静的

追加接続の後続の要求は拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

25

同時リレー リスナーの数

システム全体

静的

追加接続の後続の要求は拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

2,000

サービスの名前空間内のすべてのリレー エンドポイントに対する同時リレー接続数

システム全体

静的

5,000

サービスの名前空間ごとのリレー エンドポイント数

システム全体

静的

10,000

サービスの名前空間あたりのトピック/キューの数

システム全体

静的

サービスの名前空間上での新しいトピックまたはキューの作成を求める、それ以降の要求は拒否されます。その結果、管理ポータルを通じて構成するとエラー メッセージが生成されます。管理 API から呼び出された場合、呼び出しコードは例外を受信します。

10,000

サービスの名前空間 のトピックとキューの合計は 10,000 以下にする必要があります。

キュー/トピック/サブスクリプション エンティティのメッセージ サイズ

システム全体

静的

これらのクォータを超える着信メッセージは拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

最大メッセージ サイズ:256 KB、最大ヘッダー サイズ:64 KB、プロパティ バッグのヘッダー プロパティの最大数:MaxValue、プロパティ バッグのプロパティの最大サイズ:明示的な制限なし。最大ヘッダー サイズによって制限されます。

NetOnewayRelayBinding および NetEventRelayBinding リレーのメッセージ サイズ

システム全体

静的

これらのクォータを超える着信メッセージは拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

64KB

HttpRelayTransportBindingElement および NetTcpRelayBinding リレーのメッセージ サイズ

システム全体

静的

無制限

キュー/トピック/サブスクリプション エンティティのメッセージ プロパティ サイズ

システム全体

静的

SerializationException の例外が生成されます。

各プロパティの最大メッセージ プロパティ サイズは 32 K です。すべてのプロパティの累計サイズが 64 K を超えることはできません。これは、BrokeredMessage のヘッダー全体に適用されます。これには、ユーザー プロパティと、システム プロパティ (SequenceNumberLabelMessageId など) の両方があります。

トピックあたりのサブスクリプション数

システム全体

静的

トピックで追加のサブスクリプションを作成することを求める、それ以降の要求は拒否されます。その結果、管理ポータルを通じて構成されするとエラー メッセージが表示されます。管理 API から呼び出された場合、呼び出しコードは例外を受信します。

2,000

トピックあたりの SQL フィルターの数

システム全体

静的

追加フィルター作成の後続の要求は拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

2,000

トピックあたりの関連付けフィルターの数

システム全体

静的

追加フィルター作成の後続の要求は拒否され、例外は呼び出しコードで受信されます。

100,000

SQL フィルター/アクションのサイズ

システム全体

静的

追加のフィルターの作成を求めるそれ以降の要求は拒否され、呼び出しコードは例外を受信します。

フィルター条件文字列の最大長:1024 (1K)。

規則の操作文字列の最大長:1024 (1K)。

規則の操作あたりの式の最大数: 32。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft