セールス: 1-800-867-1380

Set Container Metadata

更新日: 2014年1月

Set Container Metadata 操作は、指定されたコンテナーに 1 組以上のユーザー定義の名前と値のペアを設定します。

Set Container Metadata 要求の構成は次のとおりです。HTTPS が推奨されます。myaccount はストレージ アカウントの名前に置き換えます。

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

PUT

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer?restype=container&comp=metadata

HTTP/1.1

エミューレートされたストレージ サービスに対する要求では、エミュレーターのホスト名と BLOB サービス ポートを 127.0.0.1:10000 と指定し、その後にエミューレートされたストレージ アカウント名を指定します。

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

PUT

http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1/mycontainer?restype=container&comp=metadata

HTTP/1.1

詳細については、「開発とテストのための Azure のストレージ エミュレーター使用」を参照してください。

次の追加パラメーターを要求の URI で指定できます。

 

Parameter 説明

timeout

省略可能。timeout パラメーターは、秒単位で表されます。詳細については、「BLOB サービス操作のタイムアウトの設定」を参照してください。

必須要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

Authorization

必須。認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

Date またはx-ms-date

必須。要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

x-ms-version

認証されたすべての要求について必須です。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスのバージョン設定」を参照してください。

x-ms-lease-id: <ID>

バージョン 2012-02-12 以降では省略可能。この要求ヘッダーを指定すると、コンテナーのリースがアクティブであり、この ID に一致する場合にのみ、Set Container Metadata が正常に実行されます。アクティブなリースがない場合や ID が一致しない場合は、412 (Precondition Failed) が返されます。

x-ms-meta-name:value

省略可能。コンテナーにメタデータとして関連付ける名前と値のペアを指定します。

この操作を呼び出すと、その都度、コンテナーに関連付けられている既存のメタデータがすべて置き換えられます。すべてのメタデータをコンテナーから削除するには、この操作をメタデータ ヘッダーなしで呼び出します。

バージョン 2009-09-19 以降では、メタデータの名前は C# 識別子の名前付け規則に従う必要があります。

x-ms-client-request-id

省略可能。Storage Analytics Logging が有効な場合に解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。クライアント側のアクティビティとサーバーが受け取る要求を相互に関連付けるには、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。詳細については、「Storage Analytics Logging について」および「Windows Azure のログ: ログを使用した、ストレージ要求の追跡」を参照してください。

この操作では、条件ヘッダーを使用して、指定した条件を満たした場合にのみコンテナーのメタデータを設定することもできます。詳細については、「BLOB サービス操作の条件ヘッダーの指定」を参照してください。

なし。

Request Syntax:
PUT https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer?restype=container&comp=metadata HTTP/1.1

Request Headers:
x-ms-version: 2011-08-18
x-ms-date: Sun, 25 Sep 2011 22:50:32 GMT
x-ms-meta-Category: Images
Authorization: SharedKey myaccount:Z5043vY9MesKNh0PNtksNc9nbXSSqGHueE00JdjidOQ=

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。

ステータス コードの詳細については、「ステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

ETag

コンテナーの ETag。要求バージョンが 2011-08-18 またはそれ以降である場合、ETag 値は引用符で囲まれます。

Last-Modified

コンテナーが最後に更新された日時を返します。日付形式は RFC 1123 に従います。詳細については、「ヘッダーにおける日付/時刻値の表現」を参照してください。

コンテナーまたはそのプロパティやメタデータを変更する操作 (コンテナーのアクセス許可の設定など) を行うと、最終更新時刻が更新されます。BLOB に対する操作は、コンテナーの最終更新時刻に影響しません。

ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、「API 操作のトラブルシューティング」を参照してください。

x-ms-version

要求の実行に使用する BLOB サービスのバージョンを示します。このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

Access-Control-Allow-Origin

要求に Origin ヘッダーが含まれ、照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。このヘッダーは、一致の場合にオリジン要求ヘッダーの値を返します。

Access-Control-Expose-Headers

要求に Origin ヘッダーが含まれ、照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。要求のクライアントや発行元に公開される応答ヘッダーの一覧を返します。

Access-Control-Allow-Credentials

要求に Origin ヘッダーが含まれ、すべてのオリジンを許可しない照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。このヘッダーは true に設定されます。

なし。

この操作を呼び出すことができるのは所有者のみです。

Set Container Metadata 操作を呼び出すと、コンテナーに関連付けられている既存のメタデータがすべて上書きされます。名前と値の個々のペアを変更することはできません。

コンテナーのメタデータは、コンテナーの作成時に設定することもできます。

Set Container Metadata を呼び出すと、コンテナーの ETag プロパティと Last-Modified-Time プロパティが更新されます。要求に使用されたバージョンが 2011-08-18 である場合、更新された ETag は引用符で囲まれます。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft