セールス: 1-800-867-1380

BLOB サービス リソースに対する HTTP 操作

更新日: 2013年11月

BLOB サービスは、REST API を使用して次のリソースの種類を公開します。

  • アカウント。ストレージ アカウントは、ストレージ システム内でグローバルに一意に識別されるエンティティです。アカウントは、BLOB サービスの親名前空間となります。すべてのコンテナーはアカウントに関連付けられます。

  • コンテナー。コンテナーは、アカウント内にあるユーザー定義の BLOB のセットです。コンテナー リソースには関連付けられたコンテンツはなく、プロパティとメタデータだけが含まれます。

  • BLOB。BLOB は、コンテンツのセットを表すエンティティです。BLOB リソースにはコンテンツ、プロパティ、およびメタデータが含まれます。

それぞれのリソースは、リソース URI を使用してアドレス指定できます。URI アドレスの詳細については、「Referring to Containers and Blobs」を参照してください。

各リソースは、HTTP 動詞の GET、PUT、HEAD、および DELETE に基づく操作をサポートします。各操作の動詞、構文、およびサポートされる HTTP のバージョンは、各操作のリファレンス ページに記載されています。操作のリファレンス ページの一覧については、「BLOB サービス REST API」を参照してください。

参照

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft