セールス: 1-800-867-1380

既存のロール上で In-Role Cache をホストする (Azure Cache)

更新日: 2014年9月

noteメモ
アプリケーションに対して適切な Azure Cache サービスを選択するためのガイダンスについては、「どの Azure Cache を利用すればよいですか。」を参照してください。

このトピックでは、アプリケーション内の既存の ロールで インロール キャッシュ をホストする機能について説明します。このコンテキストでは、既存のロールは、他のアプリケーション コードまたはサービスにも使用される Web またはワーカー ロールを指します。この種の キャッシュ トポロジは、キャッシュが他の機能にもサービスを提供するロール上に存在するので、併置型とも呼ばれます。

併置型トポロジを使用するサンプルのダウンロードについては、「Windows Azure Caching のセッション状態と出力キャッシュのサンプル」を参照してください。

各 ロールは 1 つ以上のインスタンスを実行できます。これらのロール インスタンスをホストする各仮想マシンには、特定の量の物理リソース (メモリなど) があります。仮想マシンのサイズの設定により具体的な値が決まります。各仮想マシンのメモリの一定量を キャッシュ に使用するように指定すると、既存ロールでのキャッシュの併置が発生します。

Tipヒント
メモリだけを指定しますが、キャッシュ の機能はプロセッサやネットワーク リソースなどの他の物理リソースも使用します。

次の手順では、Visual Studio の併置型ロールで インロール キャッシュ を有効にする方法を示します。

  1. [ソリューション エクスプローラー] で、[ロール] フォルダーを探します。インロール キャッシュ に使用するロールをダブルクリックします。

  2. プロパティ ウィンドウの [キャッシュ] タブを開きます。

  3. [キャッシュを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  4. [併置型ロール] ラジオ ボタンを選択し、[キャッシュ サイズ (%)] スライダーを構成します。次のスクリーンショットはこのダイアログ設定を示しています。

    併置プロパティの Caching ウィンドウ
  5. 省略記号ボタンをクリックし、キャッシュ クラスターの実行時状態を維持するストレージ アカウントを選択します。

  6. default の設定を構成するか、新しい名前付きキャッシュを作成します。

併置型 インロール キャッシュ アーキテクチャには次のガイドラインが適用されます。

  1. 診断データを使用し、キャッシュ 用として割り当てるメモリの正確な割合を決定します。予想される負荷で動作している仮想マシン インスタンスのメモリと CPU についてのパフォーマンス カウンター データを含めます。実行している個々のロール インスタンスに使用できるメモリの合計は、仮想マシン サイズ (VM サイズ) と、オペレーティング システムおよびそのロールで実行されている他のアプリケーション サービスに使用されるメモリによって決まります。[キャッシュ サイズ (%)] を正しく設定する方法については、「In-Role Cache の容量計画に関する考慮事項 (Azure Cache)」を参照してください。

  2. 併置型トポロジは次の場合には推奨されません。

    • キャッシュ サイズが 1.5 GB より大きい。

    • ロール インスタンスあたり 400 キャッシュ トランザクション/秒を超えるキャッシュ クラスター。

    • キャッシュ 操作でロール インスタンスあたり 1.2 MB/秒を超える帯域幅を使用するキャッシュ クラスター。

    Important重要
    このセクションで説明する数的指標は、キャッシュ デプロイ トポロジの種類を決定するための一般的なガイドラインになります。クラウド サービスをテストし、監視し、要件を満たしていることを確認する作業は開発者が行う必要があります。メモリが足りない場合または一時的なエラーが多く発生する場合は、一般的に 2 つの緩和策があります。キャッシュ をホストするロールの実行中のインスタンスの数を増やすことができます。併置型トポロジを専用トポロジに移行することもできます。トラブルシューティングの詳細については、「In-Role Cache のトラブルシューティングと診断 (Azure Cache)」を参照してください。

  3. ロール上で Shared Caching から キャッシュ に移行する場合は、併置型アーキテクチャによって移行が簡素化される場合があります。このシナリオでは、新しいロールを既存のデプロイに追加する必要はありません。代わりに、サービス内の既存の Web ロールまたはワーカー ロールで キャッシュ を有効にします。ただし、このセクションのガイドラインを基にすると、キャッシュ の新しい専用ロールを追加する方が効果的です。このシナリオの詳細については、「Azure 共有キャッシュから In-Role Cache への移行」を参照してください。

  4. 各クラウド サービスでサポートされるキャッシュ クラスターは 1 つのみです。

関連項目

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft