言語: HTML | XAML

画像ファイルの処理 (XAML)

Applies to Windows and Windows Phone

Windows.Graphics.Imaging 名前空間によって、画像をデコードしてからピクセルとメタデータを編集できます。 その後、結果をさまざまな形式でエンコードできます。

次のトピックでは、この名前空間の使用方法について説明します。

トピック説明

クイック スタート: イメージング

ここでは、C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリで画像処理 API を使う方法を説明します。

画像をデコードする方法

ファイルから画像を読み込み、そこから BitmapDecoder オブジェクトを作る方法を示します。

画像を編集する方法

既にある画像を BitmapEncoder で編集する方法について説明します。

既定の形式でピクセル データを取得する方法

ここでは、BitmapDecoder オブジェクトを使って画像からピクセル データを取得する方法を示します。

特定の形式でピクセル データを取得する方法

ここでは、BitmapDecoder オブジェクトを使って画像からピクセル データを取得する方法を示します。

画像のプロパティを取得する方法

ImageProperties オブジェクトを使って、画像ファイルからプロパティを取得する方法について説明します。

イメージ メタデータを読み取る方法

BitmapDecoder オブジェクトを使ってイメージ メタデータを読み取る方法を示します。

イメージ メタデータを書き込む方法

ここでは、BitmapEncoder オブジェクトを使ってイメージ メタデータを書き込む方法を示します。

新しい画像をエンコードする方法

BitmapEncoder オブジェクトを作成し、その内容をファイルに保存する方法について説明します。

エンコード オプションの使用方法

BitmapEncoder に対してエンコーディング オプションを設定する方法について説明します。

 

 

 

表示:
© 2014 Microsoft