オンライン ID プロバイダーへの接続 (C#/VB/C++ と XAML を使った Windows ストア アプリ)

目的

アプリで Web 認証ブローカーを使うと、インターネット認証と認証プロトコル (OpenID や OAuth など) を使って、オンライン ID プロバイダーに接続できます。アプリでは Web 認証ブローカーを使って、OAuth プロトコルまたは OpenID プロトコル ベースの Web サービス (多くのソーシャル ネットワークや画像共有 Web サイトなどが該当します) にサインインできます。ただし、特定のサービス プロバイダーで変更が加えられている必要があります。

Windows.Security.Authentication.Web 名前空間では、下位レベルの操作を実行できます。詳しくは、関連トピックをご覧ください。

サンプル ギャラリーの Web 認証ブローカーのサンプルは、オンライン サービス プロバイダーに接続する方法の例を示しています。

対象となる開発者

Web 認証ブローカーは、開発者とオンライン プロバイダー向けの機能です。

関連トピック

Windows ストア アプリの開発
Web 認証ブローカーのサンプル
Web 認証ブローカー (Windows ストア アプリ)
Web 認証ブローカーに関するトラブルシューティング
Windows.Security.Authentication.Web

 

 

表示:
© 2014 Microsoft