PrintManager Class

アプリケーションが印刷に参加しようとしていることを Windows に通知します。 PrintManager クラスは、プログラムによって印刷を開始するためにも使用されます。

構文


var printManager = Windows.Graphics.Printing.PrintManager;

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Muse()]
[Version(0x06020000)]

メンバー

PrintManagerクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

PrintManagerクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
PrintTaskRequested Raised when a request to print has occurred. This event may be triggered by user action or via programmatic invocation of printing via the ShowPrintUIAsync method.

 

メソッド

The PrintManager クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
GetForCurrentView Retrieves the PrintManager object associated with the current window.
ShowPrintUIAsync Programattically initiates the user interface for printing content.

 

解説

プリント マネージャーは、Windows ストア アプリの印刷の流れを調整します。 このクラスを使用するには、まず GetForCurrentView メソッドを呼び出す必要があります。 このメソッドは、現在のアクティブ ウィンドウに固有の PrintManager オブジェクトを返します。 次に、PrintTaskRequested イベントに対するイベント リスナーを追加する必要があります。 このイベントは、ユーザーが印刷操作を開始する可能性を示したときに発生します。通常、これは、ユーザーが [デバイス] チャームをタップすると発生しますが、イベントはプログラムによって呼び出すこともできます。

PrintManager クラスには、ShowPrintUIAsync メソッドも含まれています。 このメソッドは、PrintManager を取得するために GetForCurrentView を既に使用し、印刷時のユーザー エクスペリエンスを開始するための PrintTaskRequested イベントのリスナーを登録したアプリケーションで使用される場合があります。 一般に、アプリケーションで [デバイス] チャームを通じてユーザーがコンテンツを印刷するように推奨します。 このため、ShowPrintUIAsync メソッドを使用しないことをお勧めします。 ShowPrintUIAsync は、印刷に関連したプロセスを完了するのに役立つガイダンスを提供することができるシナリオのために主に提供されています。たとえば、チケットの購入プロセスの最後、またはフライトへのチェックインや搭乗券の印刷後のガイダンス。

印刷コントラクトへのアプリケーションの登録に使用する方法を示す JavaScript コード スニペットを次に示します。


    var app = WinJS.Application;

    // This function responds to all application activations.
    app.onactivated = function (eventObject) {
        if (eventObject.detail.kind === Windows.ApplicationModel.Activation.ActivationKind.launch) {
           
            //Register for print contract
            var printManager = Windows.Graphics.Printing.PrintManager.getForCurrentView();
            printManager.onprinttaskrequested = onPrintTaskRequested;
        
            WinJS.UI.processAll();
        }
    };


プリント マネージャーが関係するその他の例について、および Windows ストアのアプリケーションでの印刷シナリオ用のサンプル コードについては、デベロッパー センターの「印刷 (JavaScript と HTML を使った Metro スタイル アプリ)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.Graphics.Printing
Windows::Graphics::Printing [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

プリンター用の Windows ストア内のデバイス アプリケーションの作成
v4 印刷ドライバーの開発
印刷

 

 

表示:
© 2014 Microsoft