Windows.ApplicationModel.Resources.Management Namespace

特定のファイルおよびフォルダーの名前付け規則を使用する名前付きリソース候補を生成して、ソース リソース ファイルまたはコンテナーのインデックス作成を有効にします。

重要  Windows ストア アプリケーションでこの名前空間を使用できません。

これらのクラスの使用の概要については、「リソース管理システム」を参照してください。

メンバー

Windows.ApplicationModel.Resources.Management名前空間 には次の種類のメンバーがあります。

クラス

Windows.ApplicationModel.Resources.Management名前空間 にはこれらのクラスがあります。

クラス説明
IndexedResourceCandidate Represents a single possible value for a given resource, and the qualifiers associated with that resource.
IndexedResourceQualifier Represents an object that declares under what context a resource is appropriate.
ResourceIndexer Indexes source resource files or containers, and generates named resource candidates using particular file and folder naming conventions.

 

列挙型

Windows.ApplicationModel.Resources.Management名前空間 には以下の列挙体があります。

列挙型説明
IndexedResourceType Specifies whether an IndexedResourceCandidate is a file or a string.

 

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.ApplicationModel.Resources.Management
Windows::ApplicationModel::Resources::Management [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

リソース管理システム

 

 

表示:
© 2014 Microsoft